陸路と海路の世界一周 世界遺産巡り

世界遺産を巡りつつ世界一周するブログ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ←世界一周ブログランキングに登録してみたので気が向いたらクリックして下さい
にほんブログ村
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日はルーマニアの首都ブカレストに向かうが、夜行列車で出発は16:45だ。

そのため、空いた時間でキシナウ郊外にあるモルドバ唯一と言われる観光名所を見たい。

しかし、昨日のレストランが高額だったため、のこり174レウ(900円)しかない。

お金を下ろせば済む話だが、この残り174レウで列車に乗るまでの一日を過ごしてみたいという気分になってきた。


キシナウ郊外の観光名所とは、ミレスチ・ミーチ村にある、ミレスチ・ミーチ社のワインセラーだ。

このワインセラーは全長200kmもあり、ギネスにも最大のワインセラーとして登録されているらしい。

200メートルではなく、200キロメートルと想像できないスケールだ。


ホテルのレセプションでミレスチ・ミーチ村行きのバスはどこから乗れば良いか聞くと、勝手にタクシーを手配し始めた。

いくらかと聞くと150レウ。

174レウ縛りが一瞬で終わるじゃ無いか。

金が無いからバスで行くんだというと、嫌々ネットで調べてGara de SUDというバスターミナルから出るということを教えてくれた。

バスターミナルまでは5kmある。

そのバスターミナルまでのタクシーを手配すると言われた。

だからその金が無いんだって言うのに。

その申し出には歩いて行くよと言って断った。


5kmの道なりを15kgの荷物を引きずって歩く。

500mで心が折れる。

バス停があったので、ここからGara de SUDに行けるかと、待っていたお姉さんに聞いてみた。

お姉さんというより、姉御という感じか。

そうすると、自分もそこに行くから付いて来いと言われる。

これは運が良い。

トローリーバスに乗ってGara de SUDへ。

値段は2レウだったので残り172レウ。

Gara de SUDに到着。
201607240210283a6.jpeg



姉御はミレスチ・ミーチ行きのバスを探してやると言って、色んな人に聞いてくれた。

その結果は、Gara de SUDからはミレスチ・ミーチ行きのバスには乗れない。

2つ前のバス停から乗ることができるという話だった。


姉御と別れると、タクシーに声を掛けられる。

言い値は200レウ。

ホテルの手配より高いじゃ無いか。

そんなに持ってないから50レウにしろと言うと引き下がった。

2つ前のバス停に向かう。

1kmしか離れていないので楽勝だとか思って歩いていると、ミレスチ・ミーチ行きのバスが自分の前を通り過ぎる。


慌てて手を振ったが間に合わず停まってくれなかった。

しかし、このラインを目的のバスが通ることが分かり希望が持ててくる。


二つ前のバス停とやらに到着し、30分程待ってミレスチ・ミーチ行きのバスに乗る。

なお、キシナウ内のバスは大抵系統番号が付いているが、ミレスチ・ミーチ行きのバスには番号が無い。

バスに乗ってすぐにGara de SUD前を通過。

結局Gara de SUD前の国道で待ていれば良かったということが判明した。


ミレスチ・ミーチ社の看板前で下車。
201607240233134c1.jpeg



ミレスチ・ミーチ村行きのバスに乗る外国人は必ずここが目当てのため、他の乗客や運転手ががここで降りろよと教えてくれた。

青ピンがGara de SUD、黄ピンがバスを降りる場所、赤ピンがミレスチ・ミーチ社の場所だ。
201607240237398ad.png



バス代は8レウなので、残金164レウ。


看板からミレスチ・ミーチ社までは1kmくらいの道を歩く。
2016072402102997a.jpeg



道中に洞窟がたくさんあるが、全部ワインセラーなんだろうか。
201607240210300f3.jpeg



洞窟に近寄ると10℃程度の冷たい空気が流れてくるのを感じる。
20160724021108639.jpeg



ミレスチ・ミーチ社に到着。
20160724021110aaa.jpeg



ワインの噴水が出迎えてくれる。
20160724021111b19.jpeg
20160724021111663.jpeg



ワインセラーの見学をしたいと言うが断られる。

まあ知ってたけど。

前日予約と車による来場が必要らしいが、前日は旅行会社がもう開いておらず予約ができなかったのだ。


ワイン売り場に行く。

様々な賞を受賞しているらしい。
20160724021146fe5.jpeg



ギネスが一番の目玉だ。
20160724021148153.jpeg



ワイン売り場も良い感じ。
201607240211482fe.jpeg
20160724021240d11.jpeg
201607240211493e3.jpeg



一本200円程度から2,500円程度までと高く無い。

一本くらい買ってみたかったが、夜行列車でワイン一本空けるのもなと思って我慢した。

日本に帰ったら是非買ってみたい。


ワインセラーの一部も見えるが、ただの洞窟だ。
20160724021151720.jpeg



少しだけビンテージワインも売っていて、10万円以上の値段が付いているものもある。
20160724021232fb4.jpeg



これを買って日本で売ったら儲かるんだろうな。


ミレスチ・ミーチ社を後にする。

ここはなかなか見応えがあった。

帰りも8レウで残り156レウ

途中でバスは変な方向に行き始めたので慌てて降りる。

キシナウ駅までは5km程度なので歩いて向かってみる。

途中で心が折れたらバスに乗ろう。

途中でカラフルな教会を発見。
201607240212396d9.jpeg



結婚式の撮影をしていたので近寄るのは止めておく。

他にも銅像が一杯。
20160724021253589.jpeg



途中で、レストランカフェバーを発見。

写真を撮り忘れたが、そうやって書いてあった。

そこでケバブとビールを注文。
20160724021251765.jpeg



合計55レウだったので、残り101レウ。

駅までは残り2kmだ。

途中のスーパーで夜行列車用にビールとハムと水を買う。

合計84レウで、残りは17レウ。

そしてキシナウ駅に到着。
201607240213277b9.jpeg



結構楽しんだ感じがあるが174レウで全然楽勝だった。

お金の残り少ないギリギリ感を楽しもうと思っていたが、最後に食料で無理矢理残金を使ったような形だ。

それでも一日で157レウ(850円)しか使っていない。


ブカレスト行きの列車が来たので乗車する。
20160724021329a5c.jpeg
2016072402133155a.jpeg



乗客が少ないようで、部屋には自分しかいない。
201607240213292da.jpeg
201607240213319ee.jpeg



気楽なような残念なような。


買っておいたビールでも飲むとする。
2016072402142813f.jpeg



モルドバの田舎のひまわり畑が見える。
201607240214451f1.jpeg



モルドバ側の国境駅に到着。

車輪がたくさん置いてあるので、ルーマニア側と幅が違って付け替えるのだろう。
20160724021437cad.jpeg



この川が国境だ。
20160724021439ba1.jpeg



ルーマニア側の国境駅に到着。
201607240214396d2.jpeg



パスポートを見られただけでスタンプが押されなかった。

不安になり他の乗客に聞くがその人達も押されていない。

後で調べたところ、どうやらEU加盟国の人は押されないことがあり、日本人もEU加盟国に準ずる扱いで押されないことがあるらしい。

ルーマニアはシェンゲン加盟国でないし、ましてや日本はシェンゲン協定と無関係なため、本来はスタンプを押す必要がある。

ルーマニア出国時にトラブルになる可能性はあるが、モルドバの電車での出国のスタンプがあるので説明はできそうだ。


翌朝6時頃にブカレスト駅に到着。
20160724021503b2c.jpeg
201607240215032ae.jpeg



とりあえずホテルを目指す。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://karaagesix.blog.fc2.com/tb.php/81-a9f58ea9

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。