陸路と海路の世界一周 世界遺産巡り

世界遺産を巡りつつ世界一周するブログ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ←世界一周ブログランキングに登録してみたので気が向いたらクリックして下さい
にほんブログ村
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日は一旦トビリシを離れてアルメニアに向かう。

アルメニアは隣国と仲が悪く、アゼルバイジャンやトルコとの国境は通ることが出来ない。

そのため、イランかジョージアしか出入りすることはできない。

イランはビザを取るのが面倒だったのとイスラム教が厳格なことから行きたく無かったため、ジョージアからの往復しか選択肢が無かった。

アルメニアは何があるのか知らなかったが、その国名がDQやFFに出てきそうなくらい格好良いことから一度訪れてみたい国だった。


ホステルジョージアの目の前から150番のバスに乗り、オルタチャラバスターミナルへ行く。
201607161200008c8.jpeg



トビリシ駅前からでもアルメニアのエレバン行きのバスはあるが、出発が遅いらしい。


オルタチャラバスターミナルからエレバン行きのマルシュルートカは30ラリ(1300円)だ。
2016071612000292b.jpeg



今回はエレバンまで行かず、国境を越えてすぐにあるアラヴェルディという田舎町で降りるのだが値段は変わらない。

マルシュルートカに乗るとすぐに一杯になり、9時前に出発。

1時間程で国境に到着。
20160716120003195.jpeg



荷物検査は無かった。
2016071612000243e.jpeg



この川が国境だ。
20160716120004311.jpeg



アルメニア側の国境でアライバルビザを取る。

ビザ代は8USドル(800円)、3000アルメニアドラム(700円)、20ジョージアラリ(880円)のいずれかで払うことができる。

少し高めだがたくさん持っていたジョージアラリで支払う。

支払ってすぐにアルメニアビザを入手。
20160716121244bd0.jpeg



入国時の荷物検査はここも無かった。
20160716120024757.jpeg



マルシュルートカは自分を待っていてくれた。


国境を出て30分ほどでアラヴェルディに到着。

予め運転手にアラヴェルディで降りたい旨を伝えていたら町中に寄って下ろしてくれた。

アラヴェルディにはATMや両替所があるので容易にアルメニアドラムを入手できる。

アラヴェルディは谷に作られた田舎町で周りを山に囲まれている。
2016071612002637f.jpeg
20160716120027d86.jpeg



この近辺に世界遺産となっている修道院があるので立ち寄った。

タクシーと交渉して世界遺産の修道院に連れて行ってもらう。
2016071612002784e.jpeg



この近辺には世界遺産2箇所を含む、5箇所の修道院が見所らしくタクシー運転手に薦められた。

一箇所3,000ドラム(700円)と、結構攻めてくる。

自分は世界遺産であるハフパト修道院とサナイン修道院に加え、運転手がやたら薦めてきたアクタラ修道院に行くことにした。

修道院の後はエレバン行きのマルシュルートカに乗れるヴァナゾルまで連れて行ってもらうことにし、合計で12,000ドラム(2,800円)で交渉成立した。


ハフパト修道院に到着。
201607161201026b3.jpeg



ユネスコマーク発見。
20160716120104798.jpeg



ただの古い修道院遺跡という印象だ。
20160716120104cd4.jpeg
2016071612010660e.jpeg
201607161201057be.jpeg
2016071612013186b.jpeg
20160716120132567.jpeg
201607161201335c0.jpeg
20160716120133757.jpeg



山の上にあるので眺めが良い。
201607161200286d4.jpeg
2016071612013024d.jpeg



次にアクタラ修道院。

ここは世界遺産では無い。
20160716120209787.jpeg
2016071612021129f.jpeg



教会内部全体にフレスコ画が描かれていて素晴らしい。
20160716120212089.jpeg
201607161202130fe.jpeg
20160716120214b5d.jpeg
20160716120254880.jpeg



最後にサナイン修道院。
2016071612025638a.jpeg
2016071612025779e.jpeg
201607161203495f4.jpeg
20160716120348d50.jpeg
2016071612035104d.jpeg



ユネスコマーク発見。
2016071612025756d.jpeg



ここもただの古い修道院遺跡といった印象だ。

遠くに火山から蒸気が出ているのが見える。
201607161203520c6.jpeg



結局行った3つの修道院のうち、世界遺産でないアクタラ修道院が一番良かった。

世界遺産22 号、ハフパトとサナヒンの修道院群終わり。


ヴァナゾルへ向かう。

眺めは素晴らしい。
20160716120439f29.jpeg
20160716120351e6b.jpeg
20160716120255902.jpeg



かなりの悪路でトンネルなんかは自然の洞窟のようだ。
20160716120440715.jpeg



ヴァナゾルのバスターミナルに到着。
201607161204419ae.jpeg



エレバン行きのマルシュルートカ1,200ドラム(300円)に乗る。


2時間半でエレバンに到着。
20160716120441865.jpeg



ホテルを目指して歩く。
20160716120442d76.jpeg



ホテルに到着。

ドミトリーだがホステルジョージアとは比べものにならないくらい綺麗だ。

エレバンを歩く。
20160716120458649.jpeg
20160716120459dd7.jpeg



マテナラダンに到着。
20160716120501eb3.jpeg



古文書がたくさん納められている図書館らしいが、時間が遅く中には入れなかった。

夕食を食べにTom Collins Barへ。
20160716120500515.jpeg
201607161205014e5.jpeg



ホステルジョージアの情報ノートに、週二回アルメニア名物のザリガニが食べ放題になると書いてあったので来てみた。

ザリガニ食べ放題は、水木曜日で今日は水曜日なので丁度良い。


中はおしゃれなバーだ。
201607161205364a8.jpeg
20160716120537a15.jpeg



ザリガニ食べ放題は20時からとのことなので、ビールを飲みながら30分ほど待つことにした。
20160716120538096.jpeg
20160716120539055.jpeg



ザリガニ食べ放題開始!
20160716120539530.jpeg



皿には推定50匹のザリガニ。

店員に食べ方を聞いたら親切にも実践してくれた。

このザリガニにがびっくりするほど美味しい!

多くの日本人が大好きな味で、旨味が強く日本の料理を思い出す。

味噌も身もエビのような味だがかなり濃厚だ。

朝食も昼食も食べてないだけあって、ザリガニはみるみる減っていく。

これは白ワインにも合うんじゃ無いだろうかと思い注文したら、店員から合わないから止めてくれと言って断られた。

多分ジョージアと同じく甘いワインなんだろう。

フランスやスペインの辛口ワインなら絶対に合うはずだ。

1時間程で完食。

追加はいるかと聞かれたが流石にザリガニだけ50匹食べるともういいやという気分になる。


それにしてもザリガニは美味しかった。

この旅を始めてから一番美味しい料理だった。

ここまでの旅行中に食べたもので美味しかったものベスト3は、1位ザリガニ食べ放題、2位カザフスタンのチーズ入りの寿司、3位中国の蘭州拉麺と見事に日本的な料理ばかりだ。


夜のエレバンを歩いてホテルに帰る。
2016071612060366b.jpeg
20160716120604bfd.jpeg
20160716120605b87.jpeg



樽のような形のペットボトルビールを飲んで今日は終わり。
20160716120605600.jpeg



明日はエレバン近郊の世界遺産を周る。
スポンサーサイト

待ちに待ったグルメレポート。
ザリガニは、日本酒も合いそうだね。
これからいろいろ珍しい料理に出会える予感がします。

2016.07.16 13:36 URL | 尚&吟 #SFo5/nok [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://karaagesix.blog.fc2.com/tb.php/72-b3a03385

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。