陸路と海路の世界一周 世界遺産巡り

世界遺産を巡りつつ世界一周するブログ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ←世界一周ブログランキングに登録してみたので気が向いたらクリックして下さい
にほんブログ村
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
日本を出てから24時間以上かかって、ようやく最初の観光地のムンバイに着いた

20160313073803920.jpeg




コルカタからザビエルの眠るゴアに向かう直行便が無かったため、ムンバイを経由し、せっかっくなので観光しようというのがムンバイを訪れた理由だろう

世界史でボンベイ、マドラス、カルカッタと習った気がするが、その五感の良さに音だけ覚えていて内容は全く覚えていない

そのボンベイがムンバイで、カルカッタがコルカタのはずだが、マドラスはどこなのか知らない


インドの通貨ルピーを持ってないので両替しようと思ったが国内線ターミナルなので両替屋が無い

また、コルカタの空港では早朝だったこともあり両替屋が開いていなかった

日本で当時の上司に300ルピーほどもらっていたので、そのお金でタクシーに乗り街中まで行くことにする

街中まで行けば両替屋くらいあるだろうと思っていた

チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅に着いた

20160313073804de3.jpeg




世界遺産なだけあってかなり立派で、現在も運用されている駅だ

当時はザビエルにしか興味が無かったので、外観の写真を撮っただけだったが、今思うと中に入っておけばよかった


日本を出てから中国東方航空の美味しくない機内食しか食べてないので、両替屋を探しつつレストランに向かう

地球の歩き方によるとそんなに遠くない場所に評判の良いレストランがあるらしい

しかし、行けども行けども両替屋は見つからず、結局銀行で両替した

為替レートよりも10%程度悪かった

銀行での両替なんて最悪に近い方だがほとんどルピーを持っておらず、背に腹はかえられなかった


ルピーも手に入ったことだしレストランに向かう

途中、何人かの怪しいおっさんから「コニチハー」と片言の日本語でやたら声をかけられる

どうやら地球の歩き方を片手に歩いていたかららしい

地球の歩き方がカモの証であるということをこの時初めて知った


レストランに着いたのでやっとまともなご飯が食べられる

201603130738050b7.jpeg




ナンとチャパティとマトンのカレーを注文したんだったと思う

手で食べる料理なのにお手拭きは出てこない

持っていたウェットティッシュで手を拭う

この時、ウェットティッシュの素晴らしさを初めて実感したが、これ以降もいろんな場面でウェットティッシュの恩恵を受けることになる

カレーは非常に辛かったが、かなり美味しかった

20160313073809708.jpeg




満腹になったので観光を再開する

レストラン近くに名所のタージマハルホテルとインド門があって、規模の大きさに圧倒される

20160313073808efe.jpeg
20160313073840da7.jpeg




タージマハルホテルは1泊3万円するらしい

その近くの港から船で有名な島に行けるようなので行くことにする

201603130738420d0.jpeg




その島はエレファンタ島といい、これも世界遺産だ

船に乗るとタージマハルホテルとインド門が一望できる

20160313073845b45.jpeg




ムンバイはかなり暑いので、船上の風がかなり心地よい

エレファンタ島に向かう途中、軍事用の島があった

撮影禁止とアナウンスされた気がしたが、当時は今よりもっと英語が分からないので知らないフリして撮ってしまう

201603130738460a6.jpeg




1時間弱でエレファンタ島に到着

20160313073859c0d.jpeg





スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://karaagesix.blog.fc2.com/tb.php/7-bbb549a9

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。