陸路と海路の世界一周 世界遺産巡り

世界遺産を巡りつつ世界一周するブログ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ←世界一周ブログランキングに登録してみたので気が向いたらクリックして下さい
にほんブログ村
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日はシムケント近郊の街トルキスタンにある世界遺産ホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟に行く。

近郊と言ってもトルキスタンまで150kmも離れている。


トルキスタンには昨日到着したサマルバスターミナルからミニバスが出る。

朝7時にホテルを出ると、日中とは違って肌寒い。

この寒さが気持ち良いので5km離れたサマルバスターミナルまで歩いて行く。
201606290921448bb.jpeg



巨大なチューリップを発見。
20160629091423526.jpeg



バスターミナルまでは登り坂だ。
20160629091505219.jpeg



バスターミナルに到着。

ミニバスがたくさん停まっているが、標識等は一切無いのでトルキスタン?と聞いて周る。

トルキスタン行きのミニバスを発見。
20160629091522f8a.jpeg



値段は800テンゲ(250円)だ。

交渉したが全く下がらず、他のカザフスタン人の乗客も同じ値段を払っていたので固定価格だと思われる。


ミニバスは乗客が一杯になると出発するシステムだ。

運の悪いことに自分が最初の客だった。

8時に自分は乗ったのだが、8時15分には乗客が一杯になり出発することができた。

こんなに早く埋まるなら運の善し悪しも無いか。


道中は本当に何も無い。
20160629091507a60.jpeg



牛の大群の放し飼いがあった程度か。
201606290921426e8.jpeg



2時間でバスターミナルに到着。
201606290921464a8.jpeg



世界遺産前で直接降ろしてもらうこともできたが、帰りのバスターミナルを確認するためにもバスターミナルまで行ってもらった。

バスターミナルは、世界遺産から北西に1km強離れたバスターミナル集合地だ。

世界遺産に向かってトルキスタンの街を歩くが普通の街だった。
2016062909214795b.jpeg



遠目に何やらかっこいいものが見えてくる。
20160629092147a32.jpeg
20160629092259e0d.jpeg
20160629092259f56.jpeg



ホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟に到着。
20160629092315848.jpeg
2016062909231046a.jpeg



ユネスコマークも発見。
2016062909231581b.jpeg



未完成らしくて後ろから見るとこんな感じ。
20160629092355190.jpeg



しかし、これはこれで美しい。


中に入る。
201606290923588a0.jpeg
201606290923591d6.jpeg



ゲームのダンジョンのようだ。
20160629092400852.jpeg



聖櫃を発見。
2016062909240101a.jpeg



ここで祈りを捧げている人がいた。
201606290924268ca.jpeg



周りには小さいモスクがたくさんある。
20160629092432a47.jpeg
20160629092437f6d.jpeg



こんな小さなところにもユネスコマーク。
20160629092432824.jpeg



ホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟に至るこの道を見ると、シルクロードの旅人になったような気分でワクワクする。
201606290933389e7.jpeg
20160629092515b43.jpeg
201606290925184b8.jpeg



遠目に見ると、またその美しさが際立つ。
201606290924394b5.jpeg
201606290925195db.jpeg



世界遺産14号ホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟終わり。

中よりも、外からいろんな角度や距離でこの建物を眺めるのが楽しかった。

個人的評価は5段階中の4だ。←訂正します。


シムケントに帰るためにバスターミナルに行く。

到着したのとは向かい側のバスターミナルで、シムケント!との呼び声が掛かるのでそこから帰ることにする。
20160629092523c73.jpeg



空腹なので、そのバスターミナルで昼食にする。
2016062909252484c.jpeg



プロフを頼もうとするが通じないので、ラグマンを注文。
20160629092618d8e.jpeg



キルギスのとは違って具にジャガイモが入ってるのはセンスが良い。

値段は400テンゲ(120円)と安かった。

ミニバスに乗る。

これも乗ってから15分後には出発した。

値段は600テンゲ(180円)と行きよりも安い。

2時間かかる距離なのに車は11人乗りのため6600テンゲ(2000円)しか収入が無いが本当に良いのか。

恐らく完全固定料金なことから公共交通機関の扱いなんだろう。


2時間かけてバスターミナルに到着。
20160629092617752.jpeg



行きと異なるホテルから10km離れたバスターミナルだった。

猛暑なのでタクシーを利用。

言い値2,000テンゲ(600円)と舐めたことを言っていたが、一瞬で1,000テンゲに下がった。

割高な気もするが細かいお金が無かったのでそれで承諾する。

トルキスタンからバスターミナルまで2時間600テンゲだったのに、バスターミナルからホテル近辺まで15分1,000テンゲだ。


ホテルから少し離れたスーパー近くで降ろしてもらい、とりあえずビール3本買っておく。
20160629092617f65.jpeg



ホテルでちょっと休んでからまた街に出る。
2016062909264474b.jpeg



ネットで調べたところ、このオルダバス広場というのが有名なようなので来てみた。
20160629092630659.jpeg



猛暑でしんどいので、昨日行ったレストランKaravanに避難。

昨日の食事が美味しかったので、今日もここで夕食とする。

カザフスタンの蒸し餃子、マントゥイを注文。
20160629092807b82.jpeg



これは美味い!

ビールが一瞬で無くなる。

昨日食べて気に入ったサシュリークも注文。
20160629092804667.jpeg



当然ビールを追加する。

健康的にも経済的にも外で飲むビールは出来るだけ一杯までと決めていたが、こんなに美味しい居酒屋メニューがあったら一杯で終わる訳がない。

それでも2杯で止めた自分を褒めたい。


帰り道、暑さの和らいだ街中が気持ち良い。
20160629092809f51.jpeg



ここで少し気になったことがある。

今回の会計が1,800テンゲ(550円)と想定よりかなり安いのだ。

払うまではビール2杯飲んだし3,000テンゲ超えちゃうかなと考えていた。

昨日は同じ店で2,400テンゲ(800円)だった。

メニューが読めず、口頭で頼んでため個々の値段は分からない。

ホテルに戻って、テラスでビールを飲みながら考えをまとめる。
2016062909280927a.jpeg



昨日は、ビール1杯、シャシュリーク3本、ベシュパルマク1皿で2,400テンゲ。

今日は、ビール2杯、シャシュリーク3本、マントゥイ1皿で1,800テンゲ。

ここからベシュパルマクが相当高かったことが想定される。

それぞれの値段を変数として連立方程式を立てる。

ビールをPテンゲ、シャシュリーク(串焼き)をSテンゲ、ベシュパルマク(幅広麺)をBテンゲ、マントゥイ(蒸し餃子)をMテンゲとすると、以下の方程式が成立する。

昨日:P+3S+B=2400
今日:2P+3S+M=1800

二つの式に対して変数は4つあり、数学的には解けないため、変数を予測していく。

ビールの値段Pに着目する。

スーパーで買うと150テンゲ程度である。

ビシュケクの食堂では、レストランのビールの値段はスーパーの2倍程度であったことから、P=300として大きくは外れないと思われる。

これを代入して計算すると、B-M=900となる。

ベシュパルマクはマントゥイよりも900テンゲ(270円)も高いということだ。

なお、ビールの値段をさらに高くするとベシュパルマクとマントゥイの差額が開くため、P=300は妥当な線であろう。


次にシャシュリークの値段を200テンゲ(60円)と仮決めする。

すると、ベシュパルマク1,500テンゲ、マントゥイ600テンゲとなる。

シャシュリークが100テンゲだとすると、ベシュパルマク1,800テンゲ、マントゥイ900テンゲとバランスがおかしくなるので、シャシュリークの値段S=200は妥当だろう。

同様にシャシュリーク300テンゲだとすると、もっとバランスがおかしくなる。


以上から、それぞれの値段が予測できた。

ビール:300テンゲ(90円)、シャシュリーク(串焼き):200テンゲ(60円)、ベシュパルマク(幅広麺):1500テンゲ(450円)、マントゥイ(蒸し餃子):600テンゲ(180円)


ベシュパルマクはやっぱり高い!

昨日、満腹で苦しくなったのも理解できる。

一人で食べるのを想定した料理では無いのだ。

誰かシムケントに立ち寄った際には、Karavanに行って実際の値段を確かめて欲しい。


明日はウズベキスタンのタシケントに向かう。
スポンサーサイト

平日だからかもしれないけど、簡単に凄いところへ行けてうらやましいですね。
料理が均一的ですが、もっと冒険してみて欲しいな!
ビールは何種類飲んだのかな?

2016.06.29 19:29 URL | 尚&吟 #SFo5/nok [ 編集 ]

いや、メニュー全く読めないから冒険も何もネットで調べて出てきた何種類かの料理しか頼めないんですが。
中央アジアにいるうちはずっと似たようなメニューです。
ビールは50種類は超えてると思いますが、よく分からないので重複も多いと思われます。

2016.06.29 19:52 URL | りょうへい #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://karaagesix.blog.fc2.com/tb.php/58-4d068cba

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。