陸路と海路の世界一周 世界遺産巡り

世界遺産を巡りつつ世界一周するブログ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ←世界一周ブログランキングに登録してみたので気が向いたらクリックして下さい
にほんブログ村
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
敦煌に来た目的の莫高窟が初日で終わってしまい、今日はどうしようかと考える。

莫高窟のガイドにオススメの場所を聞いていたので検索する。

最初に興味を持ったのが、シルクロードの関所である玉門関で、現存する万里の長城最西端も近くにある。

だが、敦煌市街からは100km離れているようで、行くにはタクシーを使うしか無いらしい。

これを往復するのは経済的にも時間的にも辛いと思い諦めた。


次に興味を持ったのは鳴沙山と月牙泉で、市街から6km程度で路線バスも出ているらしい。

鳴沙山は昨日川の向こうに見えた砂漠の山だ。

シルクロードを実感できる場所として有名らしい。

楽に行けそうなのでここに行くことにする。


ネットの情報で乗るべきバスの系統番号が3番であることは分かったが乗り場が分からない。

バス乗り場を探しつつ朝食でも食べるかと思いホテルを出る。

ホテルを出て2分で3番のバスが目の前を通り、すぐ近くのバス停で停まった。

思わず飛び乗ってしまう。
201606182356059e4.jpeg



朝食も食べてないし、水も買ってないので軽率な行動に少し後悔した。

15分ほどかけて2元(30円)で鳴沙山月牙泉の入口に到着。
201606182356055a8.jpeg



近くの売店で500mlの水を買ったら5元もした。

街中なら2元なのに。

水の値段が倍以上したので、食堂の値段も高いと思い朝食を食べるのを諦める。


鳴沙山月牙泉の入場料は120元(2,000円)もした。

莫高窟といい、なぜ敦煌の観光地の入場料はこんなに高いのか。

しかも東南アジアでよくある外国人料金というわけでなく、中国人でも同じ値段だ。

物価的に考えて、中国人からしたら120元は日本人の3,000円以上のインパクトがあるんじゃないだろうか。


門の向こうのは砂漠が広がっている。
20160618235606014.jpeg
20160618235607577.jpeg



鳴沙山はこの砂漠の山のことで、月牙泉は砂漠のオアシスだ。
20160618235718287.jpeg



遠くにラクダ隊が見える。
2016061823572059c.jpeg


どうやら砂漠の中でラクダに乗れるらしい。

値段は100元とあまりの高さに迷ったが、好奇心に負けて乗ることにした。
20160618235723e46.jpeg
20160618235721e53.jpeg



これが自分の愛駱駝179号だ。
20160618235723d70.jpeg



鼻息は荒いが優しくて良い奴だった。


同じパーティの中国人の女の子が英語ペラペラで通訳して助けてくれた。
20160618235748ce9.jpeg



駱駝に乗って砂漠の山を登る。
20160618235748c6b.jpeg
20160618235745a86.jpeg
201606182357499bd.jpeg
20160618235757b7f.jpeg



30分ほどで中継地に着いたので一旦駱駝から降りる。
20160618235829b09.jpeg



砂漠の山に登れるようなので、登ってみる。
20160618235829aa0.jpeg
20160618235822c23.jpeg



梯子の外を登ろうとしても砂に足を取られて登れないらしい。

坂が急なことに加え、砂で喉と目が痛くなるので非常に辛い。


山の上に到着。
201606182358167e7.jpeg



遠くに敦煌の街が見える。

下りはソリに乗る。
201606182358301c1.jpeg



30分ほどかけて砂漠を渡り月牙泉への道に行く。

ありがとう179号。
20160618235942a90.jpeg



月牙泉を目指す。
2016061823585711b.jpeg



途中で鳴沙山に登れる梯子を発見。
2016061823590742e.jpeg



当然登る。
20160618235931b22.jpeg



さっきの倍以上の距離があり非常に辛い。

梯子の一番上に着いた。


見渡す限り砂漠だ。
201606190001250ae.jpeg



梯子を渡って、月牙泉の方向に行く。
2016061900103336a.jpeg
20160619000034e36.jpeg



月牙泉を見る。
201606190010364da.jpeg



非常に美しい。

シルクロードが交易の中心だった時代、砂漠を何日も渡ってきた旅人がこれを目にしたらどれだけ感動することか。


月牙泉に到着。
2016061900103699a.jpeg
20160619001036885.jpeg
2016061900103849b.jpeg
20160619001058902.jpeg
2016061900112085d.jpeg



月牙泉は3,000年以上水が枯れていないらしい。

しかし、近年水深が低くなってきたので水を足したという興醒めな情報もあった。


月牙泉の周りを歩いてみる。
2016061900110963b.jpeg
20160619001120147.jpeg
201606190010599cf.jpeg
2016061900120309f.jpeg



既に13時のため、砂が火傷しそうなほど暑い。

この旅行では常にサンダルを履いているので、暑い砂が直接足に当たっていたが、砂蒸し風呂みたいなものだと思うと健康に良さそうだ。


月牙泉でビールでもと思い、適当にビールっぽい缶を取ったら甘い紅茶だった。
20160619001203138.jpeg



しかしキンキンに冷えているので非常に美味しい。


満足したのでバスに乗って街に戻る。

暑さでフラフラだったので一本だけビールを買ってホテルに戻る。

高級青島ビールの奥古特があったので買ったが330mlで7元もした。

普通の青島ビールは500mlで3元なので、奥古特は非常に高いが味は美味しい。
20160619001204028.jpeg



既に14時半だが朝食も昼食も食べる機会がなかった。

このビールが昼食ということにしておこう。

身体中が砂まみれだったので洗濯したりシャワーを浴びり昼寝したりしてたら19時になった。


今日は何も食べていないのでさすがに空腹になってきた。

夜市に行ってみることにする。

いくつか食堂を見るがパッとしないので、結局昨日と同じビアガーデン的な店に行った。
20160619001207b44.jpeg



やっぱりビールは外で飲みたい。

駱駝に乗った縁もあるし駱駝肉を食べたいと思ったが、この店では駱駝肉料理は100元以上するものしかなかった。

それは食べきれるわけがないので止めておく。

敦煌は四川料理が美味しいと聞いたので麻婆豆腐を頼む。

あとは羊の串焼きとか中国のナンとか。
20160619001210725.jpeg



中国のナンは想定の6倍の量が出てきたので食べきれなかった。

麻婆豆腐はかなり辛いが山椒の味が非常に美味しい。

串焼きはビールに合う。

会計を10元弱上乗せされた気がしたけどまあいいや。

この日初めての食事なのに、死にほど満腹だ。

日本人は少食なので一人旅だと色々食べられないのが不利だ。


明日からずっとイスラム圏に入るので、ビールも飲み納めかもと思い代表的っぽい青島ビールと黄河ビールを買っておいた。
20160619001236e86.jpeg



飲み比べてみると青島ビールはそんなに美味しくないな。


調べると明日以降訪れる場所でも普通にビールは売っているらしい。

明日は新疆ウイグル自治区のウルムチに向かう。



スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://karaagesix.blog.fc2.com/tb.php/48-894dbbda

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。