陸路と海路の世界一周 世界遺産巡り

世界遺産を巡りつつ世界一周するブログ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ←世界一周ブログランキングに登録してみたので気が向いたらクリックして下さい
にほんブログ村
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
敦煌駅に着いた。
2016061809280424b.jpeg



街までは10km程度離れている。

タクシーの客引きが激しい。

辺りを見回すとバスがあったので近づいてみる。

出発しかけていたが、こちらに気づくと待ってくれたので乗れた。
20160618092805c2c.jpeg



バス代は3元(50円)だった。


敦煌の市街地に到着。
201606180928061b1.jpeg



景観を守るためか、屋根が伝統的な中国風になっている建物が多い。
20160618092806084.jpeg



夜市を発見。
20160618092807488.jpeg



まだ午前7時前なので開いていない。

また後で訪れようと思う。


交差点の中央に巨大な像があった。
2016061809283067f.jpeg



後で聞いたが、敦煌近郊の世界遺産である莫高窟の壁画を立体化したものらしい。


川の向こうには砂漠が見える。
201606180928318b6.jpeg



橋には龍の彫刻があり、水を出している。
20160618092833921.jpeg



見た目は面白いが、通行人に水しぶきがかかる。


95日後に敦煌でシルクロード博覧会が行われるらしい。
2016061809285408e.jpeg



敦煌に来るために乗った敦煌号は、この博覧会のために先月デビューしたばかりらしい。

普通の寝台列車だったが何か得したような気がする。


朝ごはんを食べに蘭州ラーメンの店に行く。
2016061809283286b.jpeg
20160618092834dbc.jpeg



6元(100円)の牛肉面を注文。
20160618092851e4b.jpeg



スープも麺も美味しい。

本場蘭州で食べたのより美味しかった。

敦煌駅からまだ10元も使ってないという節約ぶりが素晴らしいと感じる。


ホテルに到着。
20160618092852494.jpeg
20160618092853be3.jpeg



洗濯をして少し休憩する。

ネットで観光情報を収集する。

敦煌を訪れた一番の目的は世界遺産の莫高窟を見るためだ。

ネット上では制限人数があるため予約が必要とか書いてある。

当初は明日行くつもりだったが、明日は土曜日なので必ず混む。

それなら金曜であるうちに行った方が良いと思い、今から行くことにする。


莫高窟に行くためのバス乗り場と、莫高窟のチケット予約センターの場所が大体分かったので、とりあえず行ってみる。

莫高窟行きのバスは発見したが、予約センターなるものはどこにあるか分からない。

現地まで行けば何とかなるだろうと思い、とりあえずバスに乗る。


ネット上で莫高窟の行き方を調べていたが、2016年現在と数年前とではかなり状況が違うようだ。

行くのに多少苦労したので、2016年現在の莫高窟の行き方を少し詳しく書く。


まずは、敦煌賓館裏にバス停があるのでそこに行く。
20160618092855a99.jpeg



古い情報では敦煌飯店近くにバス停があると書かれていたが、そちらでは見つからなかった。

どちらも英語にするとDunhuang Hotelなので注意が必要だ。


バスで敦煌駅に近くの莫高窟数字展示中心に行く。
20160618092927d42.jpeg



片道3元だ。

莫高窟までは14kmも離れているが、莫高窟に直接は行けなくなっているので、まず数字展示中心で降りなければならない。

莫高窟に直接行くものだと思って困っていたら英語のできる女の子が助けてくれた。


数字展示中心の前でチケットを購入できる。
20160618092927be6.jpeg



莫高窟はガイド必須なので、入場料200元+ガイド料20元の計220元(3,500円)がチケット料だ。

ここまで12元しか使ってなかったが、一気に使ったお金が増えた。

他の世界遺産は50元前後だったので、それ比べると群を抜いて高いが、敦煌に来たような観光客は必ずここに行くので強気の値段設定になるのだろう。

この値段でも平日にも関わらず中国人観光客が押し寄せていた。


数字展示中心で、莫高窟に関する映画を2本見る。

日本語に翻訳する機械を貸してくれるので、莫高窟の歴史が分かって見応えがある。

なお、チケットで映画に入る時間を指定されるが、座席に空きがあれば前の時間でも入れてくれる。


映画を見た後はシャトルバスで莫高窟に向かう。
201606180929280b0.jpeg



15分くらい砂漠の中を走っていく。
20160618092929c42.jpeg
20160618092929856.jpeg



莫高窟に到着。
20160618092958762.jpeg
20160618092959987.jpeg
201606180930019e5.jpeg



ユネスコマーク発見。
201606180930004e8.jpeg



入り口はいくつかあるが、外国人は一番有名なこの洞窟近くの入口から入る。
20160618093001559.jpeg



最初は中国人と一緒に並んでいたが、係員に日本人であることを伝えると別枠にしてくれて日本語のできるガイドを呼んでくれた。

日本人は自分一人しかいなかったので、ガイドとマンツーマンだ。

午前中には日本人のツアー客が団体で来ていたと言うので、昼過ぎに訪れて良かった。

内部にカメラは持ち込めないと聞いていたが、携帯はOKらしい。

しかし洞窟内部の写真を撮るのは禁止されている。

そのためほとんど外側の写真ばかり撮っていた。
201606180930203e3.jpeg



この外の壁画や屋根は1,000年以上昔のものが残っているらしい。
20160618093021ad8.jpeg
20160618093023c24.jpeg



洞窟にはそれぞれ鍵がかかっていて、ガイドに付いて洞窟を周る。

入口からでも仏像が見える洞窟があったため、外から1枚だけ撮らせてもらった。
20160618093023c38.jpeg



1時間半ほどで代表的な洞窟をいくつか周った。

これでガイド料20元は申し訳なくなるくらいお得だ。

莫高窟から出る。
201606180930245f3.jpeg



莫高窟周辺は砂漠だ。
201606180930505b9.jpeg
201606180930516be.jpeg



あとは、来た時と同じルートで帰れば良い。

世界遺産第12号、莫高窟終わり。

個人的評価は5段階中4だ。


バス停近くに沙州市場とやらがあるので行ってみる。
20160618093053402.jpeg
20160618093053bd6.jpeg



レストラン街に出た。
201606180930548c7.jpeg



どうやら敦煌夜市と繋がっていたらしい。
201606180931167cd.jpeg



暑さに疲れたのでビールを買ってホテルに戻る。

この日は気温が35℃もあったらしい。

10日前にはウラジオストクでウルトラライトダウンジャケットを着ていたというのに。


少々休んでもう一度夜市に行く。

19時半でもまだ明るい。
2016061809311969b.jpeg



夜市からモスクが見えた。
20160618093116ad0.jpeg



行ってみると工事中で近寄りがたい雰囲気だった。
20160618093117c6a.jpeg



夜市に戻るとビアガーデン的な場所があったので、ここで夕食とする。
20160618093118035.jpeg



驢肉黄面と羊の串焼きだ。
20160618093138f5e.jpeg



驢肉とはロバの肉らしい。

特に臭みも無い普通の肉といった印象だった。

炎天下の中、外で飲むビールは最高だった。


帰り道に放水車が走って霧を振りまいているのを見た。
201606180931395da.jpeg



あまりにも暑すぎるからか。


ホテルに帰るだけでも汗をかいたので、またビールを買った。
20160618093139db8.jpeg



真ん中の空ビンは食事前の休憩中に飲んだビールだ。


21時になっても外は明るかった。
20160618093141572.jpeg



22時半には真っ暗だが、ライトアップされていて綺麗だった。
20160618093140539.jpeg



敦煌にはもう一日滞在する。

目的の莫高窟が終わってしまったので、明日どこに行くのかはまた明日決めよう。



スポンサーサイト

突然のご連絡失礼致します。
きみきと申します。
fc2のアンテナサイトを運営しているのですが、
貴サイト様を拝見させていただきまして、
是非相互リンクさせていただきたくご連絡差し上げました!
URL: http://goo.gl/3mg6jv
お手数をお掛け致しますが、ご検討のほどよろしくお願い致します。

2016.06.18 10:43 URL | きみき #- [ 編集 ]

リンクさせて頂きました。
よろしくお願いします。

2016.06.18 16:11 URL | りょうへい #- [ 編集 ]

初めまして。
歴史好きで、敦煌には、いつか行きたいと思っていました。

生で見られてうらやましいです。笑。

仏像の色彩が鮮やかですね。
造られた当時の情景が浮かんできました。
ありがとうございました。


2016.06.18 18:05 URL | ここんとうざい #- [ 編集 ]

莫高窟の仏像の中には清代に修復されたものもあるようですが、写真の仏像や壁画は1,500年前に造られたときのままとガイドが言っていたと思います。
これ以外にも色んな時代の様々な壁画や仏像が見られるので、是非行かれてみると良いと思います。

2016.06.18 18:58 URL | りょうへい #- [ 編集 ]

砂漠の写真がえらいダイナミック
そして、ロバ黄色麺うまそう!
35度ならビール最高だろーね。まじで。

2016.06.19 00:21 URL | たか #- [ 編集 ]

ロバ肉黄麺は普通でした。
35度の屋外でのビールは最高です。
あまりにも美味しかったので翌日も同じ店に行っちゃいました。

2016.06.19 05:27 URL | りょうへい #- [ 編集 ]

「上有龙肉,下有驴肉(天には竜の肉がある、地上にはロバの肉がある)」という言葉があったので、ロバの肉ってどんなにおいしいものなんだろう、と思っていましたが、普通なんですね。ちょっとがっかり。

2016.09.11 09:44 URL | 夜猫子 #- [ 編集 ]

そんな諺があるほどロバ肉って有名なんですね。
まあ、竜の肉もそんなに美味しくなさそうなので、美味しい肉の例えではないのかも。
だって、竜って所詮ハ虫類ですよ!

2016.09.11 13:39 URL | りょうへい #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://karaagesix.blog.fc2.com/tb.php/47-fa074231

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。