陸路と海路の世界一周 世界遺産巡り

世界遺産を巡りつつ世界一周するブログ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ←世界一周ブログランキングに登録してみたので気が向いたらクリックして下さい
にほんブログ村
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日はウラジオストクから中国のハルビン行きのバスに乗る。

バスはウラジオストク9km離れたフタラヤ・レーチカ駅近くのバスターミナルから出る。

バスは6時20出分発だが、電車やバスの始発では間に合わない。
よって、タクシーでバスターミナルに向かうしかない。

だが、もし6時以前はタクシー営業をしてはならないとかいう法律があってタクシーが捕まらなかったらどうしようと心配になる。

中国のホテルと鉄道は全て予約してあるので、万が一にもこのバスに乗らないわけにはいかない。

よって、歩いてバスターミナルまで行ったとしてもギリギリ間に合うと思われる時間にホテルを出ることにする。

4時30分のウラジオストクはまだ暗い。
201606091933496e0.jpeg



日中タクシーがたくさん集まっていたウラジオストク駅に向かう。

向かおうと歩いた瞬間、タクシーが捕まった。

ホテルを出て30秒ほどだ。

あの心配は何だったのか。


バスターミナルに着いた。

早朝にも関わらず昨日のタクシーより安かったのと、一瞬で捕まって嬉しかったので、チップとして50ルーブル余分に払う。


時間はまだ5時前だ。

ターミナルは閉まっている。
20160609193350f26.jpeg



6時になるとターミナルはオープンした。
20160609193350b47.jpeg



バスが到着した。
20160609193354ded.jpeg



ここからハルビン行きのバスに乗るのは自分を含めて4人だ。

バスは定刻通りに出発。

街を抜けるとあとは何もない道を走る。
2016060919335330c.jpeg



7時40分、ウスリースクのバスターミナルに到着。
20160609193418aa7.jpeg



ウスリースクは聞いたことがある気がするので大きな街なんだろう。

休憩時間でもあるのでトイレに行く。

ここで乗客が少し増える。


ずっと草原の中を走る。
20160609193419c45.jpeg



10時20分、国境近くの街ポグラニチニーのバスターミナルに到着。
201606091934201bf.jpeg



国境が近いため中国語の表記もある。


またずっと草原を走る。
201606091934206b3.jpeg



11時30分ロシア側の国境に到着。
20160609193423d83.jpeg



一度バスを降りて出国審査をする。
201606091935006cc.jpeg



審査官のお姉さんが美人だった。

ロシア人は美人が多い。

出国審査を終え、バスに乗る。


12時丁度に国境を越える。
20160609194152f10.jpeg



写真にある草原に伸びる白い線が境界線だと思われる。


バスが停まり、次は中国側の入国審査。
20160609193501fc0.jpeg



少し厳重で、外国人である自分ともう一人の男はパスポートと携帯電話を提出し待機させられた。

その男と話したところ、彼はスイス人で、彼も世界一周旅行をしているらしい。

これから中国を抜けてラオス、タイ、カンボジアに行って、その後は南米に向かうと言う。


1時間弱で入国審査は完了。

またバスに乗る。

ロシア側は草原しか無かったのに中国側は街だ。
20160609193502590.jpeg
20160609193502b5d.jpeg



ここで携帯を見ると時差が補正されていた。

やはりGPSの位置情報で時間を補正しているようだ。


中国時間の11時に大きな駅に到着。
2016060919350522a.jpeg



長めの休憩時間となる。

恐らく昼休憩だったのだろうが、よく分からなかったので昨日のパンの残りを食べていた。


1時間後出発する。

あとはひたすら高速道路だ。
201606091935245d9.jpeg
20160609193526066.jpeg



2回の休憩の後、17時にハルビンに入る。
20160609193526dba.jpeg



ハルビンに入ると大渋滞で全然進まなくなる。


17時40分に謎の高架下で乗客全員降ろされる。
201606091935295f6.jpeg



ここがゴールらしい。

出発から13時間20分かかった。

調べるとホテルまで2km程度なのと、中国元を持っていないため、ホテルまで歩いて行くことにする。

道がガタガタなのでキャリーバッグを運ぶのに苦労する。

途中でATMを見つけ中国元を下ろす。

大通りに出るとハルビンがかなりの都会であることが分かる。
2016060919352967f.jpeg
20160609193546146.jpeg



ホテルに到着。

この旅で初めてのまともなホテルだ。
201606091935486cf.jpeg
20160609193550932.jpeg



食事に出かけようとするが、人気店は全て遠い。

適当に近場で食べることにする。

ところが、適当に入ったチェーン店で入店拒否される。

英語が通じなかったのでボディランゲージで飯食わせろと伝えたが、店員の若い女にダメだと言われた。

店長でもないバイトのような店員にそんな権限があるとは思えないが。

今まで海外の色々なところで食事をしたが、入店拒否は初めてだ。


結局ホテルのレストランで食事をする。

ここでも英語が通じないのでビールの注文に苦労していると、レストランの客である大学生くらいの女性が英語で通訳して助けてくれた。

中国では毎回ビールを注文しようとして苦労するので、ビールの中国語くらいそろそろ覚えなければならない。


ハルビンビールが出てきた。
20160609193549a13.jpeg



ハルビン以外で飲むのは難しそうなので、ちょっと嬉しい。


麺と牛串と羊串を注文。
20160609193556e3b.jpeg



牛串はハルビンの様々なところで売ってるので名物なのかもしれない。


食後にスーパーに行き、ハルビンビール2本と高い青島ビールを1本買った。
20160609193608553.jpeg



数時間滞在して分かったが、ハルビンの英語通じ無さはウラジオストク以上だ。

観光するような場所でも無いので当然かもしれないが。


ハルビン観光はしないため、明日は電車で瀋陽に向かう。


スポンサーサイト

竜平の行動パターンが分かってきました。
慎重なので安心できますね。

ビールはビーチュー、麺はミィエン。
焼きそばツァオ・ミィエン、焼き飯はツァオ・ファン。
ラーメンは、タン(湯)・ミィエン。

中国は美味しいものがいっぱいあるので、楽しんでください。

2016.06.10 06:16 URL | 尚&吟子 #SFo5/nok [ 編集 ]

とりあえずビーチューだけは覚えました。
ビールの酎だと覚えれば簡単ですね。

2016.06.10 07:20 URL | りょうへい #- [ 編集 ]

北京でインターンしたとき知り合った日本人男性が
・謝謝
・ぴー酒(ビール)
・晩上有空マ?(今晩ひま?)
だけで、とりあえず乗り切れるって言っていたよ(笑)

ハルビンは日本が占領していたから、その関係で日本人は嫌われて入店拒否されたのかな?同じく中国東北部から来た友人が、彼女は全然偏見ないんだけど、彼女の家族からは絶対に日本人と結婚するな、って言われたとか。

羊串と聞くと新疆を思い浮かべるけど、大連でもよく見かけたから、中国東北部はよくお肉を食べるのかもね。

2016.08.05 08:47 URL | 夜猫子 #- [ 編集 ]

おお!
自分も中国はシェイシェイとビーチューのみで乗り切りました!
やっぱり考えることは皆同じなんですね。

入店拒否は、日本人というより中国語分からない人不安〜って感じでバイトのような女店員が勝手にダメと言ったような感じでした。
ファミレスみたいなところなので、レベルが低いんでしょうね。

2016.08.05 12:53 URL | りょうへい #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://karaagesix.blog.fc2.com/tb.php/38-6df15183

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。