陸路と海路の世界一周 世界遺産巡り

世界遺産を巡りつつ世界一周するブログ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ←世界一周ブログランキングに登録してみたので気が向いたらクリックして下さい
にほんブログ村
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
2ヶ国目であるロシアに入国。

ウラジオストクの街に降りた。

坂の上の雲で日本軍人たちが浦塩と呼んでいた街だ。
201606071940276f6.jpeg



非常に寒い!

気温は10度前後か。

船の上は洋上で風が強いために寒いんだと思っていたが、街中でも寒い。

札幌と同じくらいの緯度なのに、11月後半の様な寒さだ。

耐えかねてULDJと人々が呼ぶウルトラライトダウンジャケットを着ることにした。

まさか、こんな旅の序盤でULDJを着ることになるとは思わなかった。


ふと見ると鉄道駅があった。

これがシベリア鉄道の東の果てウラジオストク駅だ。
2016060719402966f.jpeg
20160607194030c51.jpeg



ウラジオストク駅の前の広場には銅像がある。
20160607194031339.jpeg



多分レーニンと書いてある。

マルクス・レーニン主義のあのレーニンのはずだ。

まあ、マルクス・レーニン主義が何なのかよく知らないけど。


とりあえずホテルに向かって歩いていく。

街中の建物はヨーロッパ的な感じだ。
20160607194033f3b.jpeg



日本から一番近いヨーロッパとどこかに書いてあっただけのことはある。


ホテルの位置情報が示す場所に着いたが、ホテルらしき建物が無い。

困っているとロシア人のお姉さんが声をかけて助けてくれる。

住所を見せると、ここだと言われる。
20160607194102a30.jpeg



どこにもホテルの表記がない。

この建物の横の扉に入る人に聞いてみても違うと言われる。

この建物に鉄格子で閉じられ入口があり、そこから出てきた親子に聞くと、鉄格子の方向を指される。

鉄格子を開けるには暗証番号が必要で入れずにいると、その親子が開けてくれた。

とりあえず入ってみることにする。

鉄格子の中にホテルの名前があった。
201606071941024dc.jpeg



こんなの分かる訳がない。


鉄格子の奥にもいくつか家があり、その中の一つの家の住人に聞いてようやくホテルにたどり着くことができた。
20160607194102c39.jpeg
20160607194107665.jpeg



鉄格子の暗証番号の情報が事前に送られてきてたりはせず、鉄格子前にインターフォンも無い。

ロシア人であればホテルに電話したら良いだろうが、外国人はお手上げだろう。

たまたま、鉄格子から親子が出てきたので自分は入れたが、あの親子に会えなければ絶対にホテルにたどり着けなかっただろう。


そしてホテルというよりは普通の家の部屋を貸しているという感じだ。
201606071941065b6.jpeg
20160607194138244.jpeg



だがこのツインルームで2泊で1,900ルーブル(3,000円)は安い。
20160607194138e10.jpeg



たどり着く苦労も許せてしまう。


夕食を食べようとネットでウラジオストクのレストラン情報を調べる。

日本食や韓国料理が多く、ロシア料理が出てこない。

ロンリープラネットでも調べてみると、1件だけロシア料理屋が載っていた。

ロンリープラネットでは韓国料理とドイツ料理が多かった。

ウラジオストクはロシア料理屋が少ないんだろうか。


当然ロシア料理を食べてみたかったのでその店Nostalgiyaに行ってみる。
20160607194142962.jpeg



店内は格調高い感じだ。
2016060719414361d.jpeg



ULDJとサンダルの自分が場違いな気がしてくる。


メニューを見てもロシア料理が思いつかなかったので店員にオススメを聞いたが、全く英語が通じない。

しょうがないので適当にポークステーキみたいなものを頼んだ。
20160607194144199.jpeg



ビールに合いそうだが、この店にはアルコールは置いていないのが残念だ。


この店には土産物屋が併設されているので見ていくことにする。

土産物を見ていて一つ新しい知見を得た。

マトリョーシカは大きさに比例して値段が上がるのではなく、大きさによって指数関数的に値段が上がるということだ。

普通の人形であれば、一回り大きい人形は元の人形より少し高い程度の値段だろう。

材料代が大きさの分増えるからだと思うと納得だ。

だが、マトリョーシカはその構成上、一回り大きい人形には元の人形をそのまま含むため、元の人形+一回り大きな人形の値段になる。

よって一回り大きいだけで最低でも2倍の値段になる。

実際には3倍以上の値段になっていた。

親指サイズの中に何も含まないマトリョーシカは200ルーブル程度だったが、これが大きくなるにつれ700ルーブル2,500ルーブルと高くなっていき

両手サイズになる頃には14,000ルーブルになっていた。


当然そんな高いものは買えないので、記念に親指サイズのマトリョーシカ似の人形だけ土産に買った。


ビールを飲んでいないことが消化不良なため、スーパーに買いに行く。

ロシアビールのようなものがあったので買ってホテルに持って帰った。
201606071942021b1.jpeg



写真には土産に買ったものも写っている。


そろそろ着替えが無くなってきたので、ビールでも飲みながら洗濯をしてから寝ることにする。


スポンサーサイト

ピロシキ(揚げパン=ひき肉入り)もぜひ食べてくださいな。

2016.06.07 21:48 URL | 尚&吟子 #SFo5/nok [ 編集 ]

ひえええー。ロシアのレストランにウォッカが無いなんて!
想像と違います!滞在中に飲めると良いですね。

2016.06.08 00:53 URL | たか #- [ 編集 ]

ネギと卵の美味しくない揚げパンは食べました。
ひき肉が入っていれば美味しかったのでしょう。

2016.06.08 22:45 URL | りょうへい #- [ 編集 ]

ウォッカは飲むと辛くなるので飲まなかった。
ロシアビールがどれか分からなかったので適当に買ってたら世界各国のビールを飲めた。

2016.06.08 22:48 URL | りょうへい #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://karaagesix.blog.fc2.com/tb.php/36-89c27f92

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。