陸路と海路の世界一周 世界遺産巡り

世界遺産を巡りつつ世界一周するブログ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ←世界一周ブログランキングに登録してみたので気が向いたらクリックして下さい
にほんブログ村
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
旅の開始まであと2日。

今回は世界一周の持ち物をまとめてみよう。

サイズが売りのものはパスポートとの比較画像も載せる。

1.パスポート

これが無いと旅ができない。

よく命の次に大事だと言われる。

過去の旅行や今回のビザで残りページが少なくなったので増補申請をして、40ページ増やしてある。

s_IMG_0770.jpg



右側が増補したページでシールで新しいページが貼ってある。

なお左側にスタンプがあるが、ここまで使い切った訳では無く、適当すぎるベトナムの入国管理官に押されただけだ。

あと、写真のページはコピーを取っておいた。


2.現金

今回の旅行の予算は平均で1日1万円にしようと考えている。

1年旅行するとなると300万円になるが、これを持ち歩くのは恐ろしい。

よって現金の入手はカードキャッシングを基本とするが、キャッシングできない場合の予備としていくらか現金を持っていく。

・アメリカドル:500+100(送別会でもらったもの)

・日本円:20,000(手元にこれくらいしかなかった)

・タイバーツ:400(上司に選別でもらった+過去の残り)

強盗対策にこれらを色々分散させて持っておこう。


3.クレジットカード

現金の入手はATMでのカードキャッシングで行う。

両替手数料が一番安く済むのもキャッシングだったりする。

Cedynaのクレジットカードは、キャッシングの繰上げ返済がネット上でできるので海外キャッシングでは非常によく使われている。

キャッシングして約3日で繰上げ返済ができるようになるので、利子は0.1%程度だ。

空港での両替手数料が10%前後、日本の銀行や両替屋で2〜3%、途上国の両替屋で1%程度であることを考えると、その安さは群を抜いている。

闇両替の中には実質負の手数料になってるようなところもあるのでそれには勝てないが、安全さを考えるとキャッシングが一番だろう。

ただ、過去に一度だけATM利用手数料がかかったこともあるので、その場合は引き出す金額に応じてレートは悪くなる。

なお、ATMに飲まれた時のことを考えて、Cedynaカードは3枚作った。


マネパカードというプリペイド式の現地ATM利用カードも作ったが、予め入金が必要で面倒だし、キャッシングに比べると手数料が高くて利点を感じられない。

クレジットカードが全部飲まれた時の予備か、見た目がクレジットカードに似ているため、襲われた時にダミーとして使う程度だろうか。


あとは、楽天プレミアムカードも持っていく。

これ自体はショッピング用のメインカードとして使用する。

また、プライオリティパスが付いてくるので、飛行機解禁後は空港でお世話になると思う。

プライオリティパスでは航空会社のビジネスクラスやファーストクラスのラウンジが無料で使い放題で、シャワーは使えるし、酒は飲み放題だし、豪華な食事が食べ放題だ。

お金が無くなっても空港にたどり着けさえすれば生きていけるようになる。

この魔法のカードは単体だと年間400ドル必要だが、楽天プレミアムカード(年会費10,800円)に無料で付いてくる。

プライオリティパスのためにだけでも楽天プレミアムカードを作るのはおすすめだ。


4.カバン

・OSPREY Sojourn28




当初は登山用のバックパックで旅行する予定だったが、荷物が多いことを考慮してスイッチバッグと呼ばれるカバンにした。

スイッチバッグとは、キャリーバッグのようにキャスターが付いているが、バックパックのように背負うこともできるカバンだ。

基本的には引きずって歩くが、舗装されていない道を歩く時は背負って歩く。

インド旅行ですら釈迦の洞窟に行く途中以外は舗装されていたので背負うことはめったにないと思うが。

色んなブログを見てOSPREYのSojourn28が評判良かったので購入した。


約40,000円とかなり高額だったがキャスターが非常に軽く、少し使っただけでも質の良さがよく分かる。

このカバンを使うと厳密にはバックパッカーでは無くなってしまうのが少し悲しい。


・モンベル クロスランナーパック15




トレイルラン用のバックパックだが、会社から走って帰る時用に使っていた。

軽くて背中が蒸れないので街歩き用に使おうと思う。


・モンベル ライトバナナポーチ




拡張性のあるウェストポーチだ。

近場に行くのに使うかも。


5.服装

荷物をできるだけ減らすため、軽いもの、コンパクトになるものしか持っていかない。

どうしても必要になったら現地で買えばいいだけだ。

また、洗濯は基本的に自分ですることになるので、乾きやすいポリエステル製のものを基本とする。


・シャツ

マラソンの参加賞や完走賞でもらったものを持っていく。

年間10回程度マラソンに出ていただけあって、もらったマラソンシャツは売るほどある。

マラソン用なだけあって乾きやすいポリエステル100%ばかりだ。

半袖4着、長袖1着、襟付き2着持っていくので、ローテーションにも困らないだろう。


・ズボン

モンベルの登山用長ズボン1着、マラソン用の半ズボン1着を持っていく。

もちろんポリエステル100%だ。


・下着

ポリエステル製パンツを6枚持っていく。

モンベルの登山用パンツ1枚と、ユニクロのエアリズムパンツ1枚、残りは安いポリエステル製ボクサーパンツだ。

モンベルやユニクロのものは結構高いので楽天で4枚セットのポリエステル製パンツを買ったが、履き心地はあまり良くない。

4枚で1,000円ちょっとだったからしょうがないが。

また、基本的にサンダルで旅をするので靴下は履かないが、寒冷地対策にポリエステル製のものを持っていく。

序盤は暑いところばかりなので荷物の奥底にしまっておくことになる。

あとは寒冷地対策にユニクロのヒートテック上下を持っていく。


・ダウンジャケット

ユニクロのULTRA LIGHT DOWN JACKETを持っていく。

会社ではユーエルディージェー(ULDJ)と呼ばれていた。

専用の袋に入れると写真の通り小さくなる。

s_IMG_0771.jpg



・甚平

寝巻きとして使ったり、日本らしさをアピールするのに使うかもしれない。

あとは、メドックマラソンでのコスプレに使う予定だ。

メドックマラソン用にはチョンマゲのカツラも買った。

今年のメドックマラソンのテーマは神話と童話なので、甚平+チョンマゲで日本の童話に出てきそうな人みたいになるはずだ。


6.靴

靴下を履かずに済むようにサンダルで旅をすることにした。

選んだのはKEENのCLEAR WATER CNXだ。




軽いのと水に濡れてもすぐに乾く点が決めてだった。

だが、買おうと決めた時には既に冬になっており、KEEN取扱店に行ってもサンダルが置いていない。

ネットで買おうにもサイズが分からない。

そこで予防接種のために2月にタイに行った際に、バンコクのKEEN取扱店に行ったところ、このサンダルが売っていた。

常夏の国なだけあって年中サンダルが置いてあるのに感心した。

バンコクの店で試着させてもらうと27.5cmが丁度良かった。

普段は26cmか26.5cmを履いているので、試着しておいて良かった。

バンコクの店では定価だったので、楽天で購入した。

時期がずれていたせいか定価の半額近い7,000円程度で買えた。


7.タオル

ハンドタオルとして、ハイマウントのN-ritタオルを買った。




s_IMG_0772.jpg



バスタオルとして、リーフツアラーのスポーツタオルを買った。




IMG_0773_convert_20160531133338.jpg



どちらも非常にコンパクトになり、乾きやすい点が気に入った。


8.食器

食堂や屋台でテイクアウトした場合に食器が欲しくなることは普段の旅行でもよくある。

そんな時のためにSEA TO SUMMITのXシリーズ 2ピースセットを買った。




コップと皿のセットがコンパクトに収納できる。

s_IMG_0778.jpg
s_IMG_0776.jpg



また安宿や電車内でもお湯を沸かせるように折りたたみケトルを購入した。




これでどこでもカップラーメン、みそ汁、インスタントコーヒーが楽しめる。

s_IMG_0775.jpg



これらとマイ箸を使えば、どこで何を買っても食事ができそうだ。


9.電子機器類

普段から使っているiPhone6 plusとiPad air2を持っていく。

街中やホテルのwifiを使って情報を調べたり、ブログの更新をする予定だ。

また、iPhoneが盗まれた時のために予備で以前使っていたiPhone4sも持っていく。


これらに加え、windowsPCが使いたくなることもありそうなので、小型PCのKangarooを購入した。

iPadをモニタにしてwindowsが使えるのでノートPCを持っていくのよりも遥かにコンパクトになる。

2016053113414195e.jpeg



99ドルという安さも魅力的だ。


10.貴重品入れ

財布を複数持ちお金を小分けにするが、それ以外にも貴重品入れを使用する。

地球の歩き方ストアのセキュリティポーチは腹巻き型で服の下に隠せ、スキミング防止機能もあるようなので昔から使っている。




また、スパイベルトという貴重品が隠せるベルト型ポーチの類似品も購入した。




ポーチ部分は伸縮性があり、最小のサイズで使うとベルトにしか見えない。

これをズボンのベルト代わりとして使おうと思う。


11.洗濯

旅行中は主に自分で洗濯をするため、洗濯用の携帯バケツであるScrubbaを購入した。




まだ使ったことは無いが、これ一つで洗濯から脱水までできるらしく人気がある。

あとは洗濯紐と、コンパクト洗剤と書いてあったスーパーナノックスで旅行中の洗濯は完璧なはずだ。


12.薬

体調不良になるとそれだけで時間的ロスが生じるので、各種対策に以下の薬を購入。

・風邪対策:葛根湯
・発熱対策:バファリン
・腹痛対策:ストッパ下痢止めEX
・船酔い対策:アネロンニスキャップ
・二日酔い対策:秋ウコン粒
・蚊対策:おすだけノーマットスプレータイプ

13.寝袋

野宿をするつもりは無いが、安宿で寒い場合と虫が出る場合に備えて寝袋を購入。

モンベルのアウトレットで安かったので購入。




0度でも使える設計なので、自宅で使ってみたら暑すぎてとても寝られる感じではなかった。

虫対策には使えないかもしれない。


14.雨具

傘はウォーターフロントのコンパクトな折りたたみ傘を購入。




とても小さくて軽い。

登山用のレインコートも持っていくが、着ると非常に暑いのでメインは傘を使うことになるだろう。


15.メガネ

自分は壊滅的に目が悪い。

レーシックをすることも考えたが、手術が怖いのと、海外でレーシック難民になったときに対応できなさそうなため止めた。

普段はコンタクトをしているが、メインをコンタクトにすると洗浄液が重くなるので、メガネをメインで使うことにした。

メガネは予備を含めて2持っていく。


16.旅の名刺

世界一周旅行をしている日本人の間で名刺を作るのが流行っているらしい。

このブログの名刺はプリントパックで作った。

300枚で1,100円だったが、初回は1,000円割引になるので100円で作れてしまった。

日本でいろんな人に配ったので残りは150枚程度になってしまったが、海外で配る機会は多く無いだろうから充分だろう。


17.その他

上記以外の持ち物はこんなところか。

・耳栓
・アイマスク
・携帯マクラ
・耳かき
・爪切り
・ハサミ
・ボールペン
・メモ帳
・石鹸類
・歯ブラシ
・歯磨き粉
・ウェットティッシュ
・携帯バッテリー
・マルチプラグ変換器
・延長コード
・カラビナ
・S字フック
・懐中時計
・扇子
・和紙の折り紙
・証明写真
・イエローカード


以上、旅行の荷物をまとめた。

これらの荷物を全て詰めたところ16kgになった。

背負うと腰が痛くなるのでできるだけ転がしていきたい。

旅行から帰ったら何が不要で何が便利だったかをまとめようと思う。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://karaagesix.blog.fc2.com/tb.php/28-a99ff3d9

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。