陸路と海路の世界一周 世界遺産巡り

世界遺産を巡りつつ世界一周するブログ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ←世界一周ブログランキングに登録してみたので気が向いたらクリックして下さい
にほんブログ村
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
朝起きると同室のジンバブエ人に外を見るように言われる。

遠くに見えるのがジンバブエ最大の火力発電所らしい。
2016112712504002f.jpg



この周辺には炭鉱があり、そこで取れた石炭を使って発電し、周辺国に売電しているらしい。

彼は発電所近くに滞在するらしく、この近くの駅で降りていった。

聞かなかったが、この発電所に関する仕事でここを訪れるのかもしれない。


ヴィクトリアフォールズ駅に到着。
201611271250446a8.jpg
20161127125049c24.jpg



出発から15時間かかった。

バスなら6,7時間の距離なんだが、安いし宿代も浮くので夜行列車も悪くない。


目星を付けていた宿に到着。
20161127125101508.jpg



荷物を置いて外に出ると猿がいた。
201611271251147de.jpg



適当にレストランに入る。
2016112712515284a.jpg
20161127125250ac2.jpg



メニューを見ると全て高い。

15ドル前後もする。

さすが観光地だ。

アフリカスタイルのサンドイッチを注文。
2016112712531940e.jpg



アフリカスタイルとやらはオシャレだ。


世界遺産ヴィクトリアの滝に向かって歩くと、いきなりイノシシが飛び出してきた。
20161127125522937.jpg



ヴィクトリアの滝に到着。
20161127125231bf0.jpg
20161127125631ef0.jpg



ユネスコマーク発見。
201611271256275a0.jpg



ヴィクトリアの滝を発見した冒険家リヴィングストンの像が出迎える。
20161127125627ed7.jpg



ヴィクトリアの滝は、ジンバブエとザンビアにまたがっていて、その多くはジンバブエ側だ。
20161127125629637.jpg
20161127125703d40.jpg
20161127125610ed8.jpg



ここが最大の滝だ。
20161127125652e8f.jpg
201611271256499e0.jpg



対岸にはデビルズプールという滝の上にある窪地に入っている人がいる。
20161127125650db5.jpg



デビルズプールは水量の少ないこの時期にしか入れない。

今は水量は最小の時期で、最大時の1/10しかないようだ。

最大時はこの10倍の水量があるということなので非常に恐ろしい。

この時期でも遠くから見ると水しぶきが木より上まで飛び上がっているのが分かる。
201611271257207fd.jpg



崖の底は100m以上も下なんだが。
20161127125659b8c.jpg



ザンビア側と国境を結ぶザンベジ橋を見る。
201611271257290cb.jpg



明日はこの橋を渡って、ザンビア側からヴィクトリアの滝を見る。


ヴィクトリアの滝から出て近くにあるビッグツリーを見にいく。

この周辺は危険な野生の動物がいるから自己責任で入れとの記載があった。
201611271257369e2.jpg



列車で同室だったジンバブエ人は、ヴィクトリアフォールズにはたくさん動物がいるが、バッファローが一番危険だから気をつけろと言っていた。

ライオンよりも危険らしい。

そんなのが出てきたらどうしようかとビクビクしながら歩いていたが、インパラのような弱そうな動物を遠目で見られただけだった。

ビッグツリーに到着。
201611271257425e4.jpg



うろ覚えだが樹齢1300〜1400年のバオバブの木だと書いてあった気がする。


ヴィクトリアフォールズに戻る。
20161127125814c4e.jpg
20161127125817416.jpg
201611271258138ef.jpg



ヴィクトリアフォールズにはたくさんの路上土産物売りがいるが、特徴的なのはジンバブエドル売りだ。

ジンバブエドルは2007年前後のハイパーインフレで、最終的なインフレ率は年率で6.5×10108%にも達していたらしい。

途中までハイパーインフレに対し、高額紙幣を発行することで対応していたので、最高額のものでは100兆ジンバブエドル紙幣というのもある。

それ以外にも他では見られない高額紙幣がたくさんあるので、ジンバブエ土産としてジンバブエドル紙幣は人気がある。

そのため、ヴィクトリアフォールズを歩いていると多勢のジンバブエドル売りが近寄ってくる。

額面が大きくなればなるほど土産としての価値が高いらしく、100兆ジンバブエドル紙幣の言い値は60アメリカドルだった。

昨年であれば10アメリカドルで買うこともできたようだが、かなり売れて在庫が少なく高額になったらしい。


とりあえず写真の紙幣を買ってみた。
20161127125725f69.jpg



10兆ジンバブエドルは5アメリカドルで、それ以外は合計で3アメリカドルだった。

右下の10ジンバブエドル札は2007年発行のものだが、左上の10兆ジンバブエドル札は2008年の発行だ。

この1年のインフレ率が凄まじいことが分かる。


50兆ジンバブエドル札は3.5アメリカドルで買った。
20161127125816f29.jpg



100兆ジンバブエドル札に関しては、交渉したところなんとか10アメリカドルで売ってくれるという人を見つけたものの、今は持っていないので取りに行ってくると言って立ち去って、戻ってくることはなかった。


夕食はテイクアウトのTボーンステーキだ。
201611271258167cb.jpg



メニューにワニ肉もあったが、それは売り切れだと言われた。


食事とビールを楽しむが、蚊が非常に多いのが辛い。
20161127125839daa.jpg



一生分くらい蚊に刺されので、マラリア感染が心配だ。


明日はザンビア側に渡る。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://karaagesix.blog.fc2.com/tb.php/205-2a108be8

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。