陸路と海路の世界一周 世界遺産巡り

世界遺産を巡りつつ世界一周するブログ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ←世界一周ブログランキングに登録してみたので気が向いたらクリックして下さい
にほんブログ村
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日の寝台列車でベラルーシに向かうため、時間までキエフを周る。
20161028004846c43.jpg



世界遺産のベレストヴォの救世主聖堂だ。
20161028004846fcc.jpg
20161028004848354.jpg



中には入れないし、観光客は誰もいない。


こっちも世界遺産ペチェールシク大修道院。
20161028004849b95.jpg



ユネスコマーク発見。
20161028004848d35.jpg



修道院内を周る。
20161028004908e0a.jpg
20161028004909eb2.jpg
2016102800491062e.jpg
20161028004916ef2.jpg
20161028004916c8d.jpg
2016102800493969b.jpg
201610280049400e3.jpg



世界遺産103号キエフの聖ソフィア大聖堂と関連する修道院群及びキエフ・ペチェールシク大修道院終わり。


大祖国戦争博物館に行く。
20161028004941679.jpg
201610280049443fe.jpg
20161028004944307.jpg
20161028005016866.jpg
20161028005018cd2.jpg



今日向かうベラルーシは日本人でもビザが必要なヨーロッパ唯一の国だ。

ベラルーシはヨーロッパの北朝鮮と呼ばれているらしい。

観光ビザを取るのはなかなか大変なようだが、トランジットビザなら即日発行してもらえるようなので、ベラルーシ大使館に向かう。


どこかのサイトにベラルーシ大使館に行くにはこの看板を右に曲がると書いてあったので従う。
20161028005027559.jpg



ベラルーシのトランジットビザを取るには、以下のものが必要だ。
・パスポート
・申請書
・写真
・ベラルーシに入国する交通機関のチケットのコピー
・保険

交通機関のチケットとパスポートさえ持っていれば、これらは全てベラルーシ大使館向かいの保険屋で手に入る。
201610280050230eb.jpg
2016102800503178a.jpg



まずは奥の印刷室で写真を撮ってもらい、交通機関のチケットをコピーしてもらう。
201610280050483be.jpg



合計で57フリヴニャ(230円)程度だったと思う。


次に手前の保険屋に行く。
20161028005049cc0.jpg



日本語の申請書を渡されるので記入する。
20161028005051a2a.jpg



保険屋では申請書をのチェックをしてくれて間違いがあれば修正してくれる。

保険は50フリヴニャ(200円)だったと思う。


これで全ての書類が整ったので向かいのベラルーシ大使館に行く。
201610280050520c0.jpg
20161028005054d65.jpg



他にもビザ申請者が何人かいたので自分の順番まで少し待ったが、書類を提出したらすぐにビザを発行してくれた。

ビザ代は無料だ。


保険屋に入ってからビザが発行されるまで1時間かかってないと思う。

これで今日ベラルーシに向かうことができる。

中央アジアの北朝鮮と呼ばれているトルクメニスタンのトランジットビザは申請から発行まで1週間かかる上に発行を拒否されることもあるようなので、同じ北朝鮮と呼ばれる繋がりでも全然違う。

それにしても○○の北朝鮮って誰が呼んでいるんだろう。

Wikipediaなら[誰によって?]と書かれるところだ。

なお、トランジットビザでは効果のある日から1ヶ月間のうち2日だけベラルーシに滞在できるようだ。

自分は首都のミンスクに行くだけなのでこれで十分だ。


チェルノブイリ博物館に行く。
201610280051134d5.jpg



チェルノブイリ原発に行く前に勉強のため入っておきたかったが、キエフ到着日の日曜は休館日だったので、今日訪れることになった。


日本語の音声ガイドもあるが、これの出来が酷い。

音声を読んでいるのは日本人だと思うが、文章の途中で噛んだものがそのまま収録されているのだ。

「4号機のタービュッ………タービンでは」というように噛んで言い直したものをそのまま採用している。

しかもこの人が1分に1回は噛むので非常に笑えてくる。

そのためニヤニヤしながらチェルノブイリ博物館を周ることになってしまった。
201610280051145ae.jpg
20161028005116ecc.jpg
20161028005118893.jpg
20161028005118bf4.jpg



事故対応に関わった人達の写真がある。
20161028005142605.jpg



放射能マークが付いているのは放射線障害で亡くなった人らしい。

ここでも音声ガイドは噛みまくるので、非常に笑えてきてしまう。


事故後最初の記事は政府に校閲されて新聞の赤い場所のみだったらしい。
20161028005142a28.jpg



チェルノブイリで原子炉が損傷、修復作業にあたっているという程度の内容だとか。

最初ソビエト政府はチェルノブイリ事故を隠したので近隣の住民の避難が遅れ、放射線障害が多くの人に出たらしい。

それを考えると福島事故はかなりオープンだったなと思う。


チェルノブイリ事故は隠されていたが、スウェーデンの原子力発電所で作業員の服に放射性物質が付着していることがきっかけで世界に知れ渡ることになる。

当初はその発電所で放射能漏れが起きたのではと騒ぎになったが、これが外部由来で当時の風向きからしてソ連内から来たものだろうということが判明。

そのことを追求されたソ連はこの事故を公表したということだ。


事故公表後のニューヨークタイムスでは大きく扱われている。
20161028005151fc8.jpg



石棺で埋められる前の4号機の写真だ。
20161028005152bfd.jpg



博物館を出てレストランに行く。
20161028005150fd7.jpg



1リットルビールを頼んだらサービスでスティックが出てきた。
201610280052083e5.jpg



さらにサービスでカクテルとつまみが出てきた。
20161028005211054.jpg



これはホースラディッシュのカクテルだ。

西洋ワサビのことなので、ワサビ汁を飲むのと一緒だ。

辛くてむせてしまうが、なかなか美味しかった。


食事が到着。
20161028005214d54.jpg



ウェイトレスは民族衣装を着ている。
20161028005214659.jpg



ハーフリットルのビールを追加。
20161028005214d99.jpg



お腹が一杯になったのでキエフ駅に向かう。


キエフ駅でビールを飲みながら列車を待つ。
20161028005250edb.jpg
20161028005249d2a.jpg
20161028005249112.jpg



小中学生の姉妹と仲良くなったので一緒に遊ぶ。
20161028005254dbe.jpg
20161028005252704.jpg



男の子のヨーヨーが壊れてゴミ箱に捨てたので、ゴミ箱から拾って直したら喜んで持って行った。

もらって自分で遊ぼうと思ったのに。


列車が到着。
20161028005315e10.jpg



部屋は4人部屋だが乗客は自分しかいなかった。
20161028005315d7e.jpg



テーブルの上のお菓子や飲み物はサービスなのか有料なのか分からなかったので手をつけられなかった。

紅茶を出してくれた。
2016102800531801f.jpg



出発前にパスポートチェックがある。

国境までは4時間ほどかかるはずだが、ベラルーシに入るまでノンストップなのでキエフ駅でチェックされるということだ。

入国スタンプが無い理由を聞かれたが、ポーランドから列車で入国したが何故かスタンプを押されなかったと説明した程度で終了。

無事出国のスタンプを押してもらえた。


ミンスクには9時間後に到着する。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://karaagesix.blog.fc2.com/tb.php/176-1732a55a

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。