陸路と海路の世界一周 世界遺産巡り

世界遺産を巡りつつ世界一周するブログ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ←世界一周ブログランキングに登録してみたので気が向いたらクリックして下さい
にほんブログ村
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日はシントラに行く。

シントラは街自体が世界遺産であることに加え、ロカ岬という今回の旅行で目的地としていたユーラシア最西端の岬がある。

それらを目指してリスボンのRossio駅に到着。
20160930011340ee1.jpeg



シントラ行きの列車に乗る。
201609300113474fe.jpeg



40分でシントラ駅に到着。
201609300113465a1.jpeg



近くのバス乗り場に時刻表を見に行く。

すると、シントラを周ってから乗ろうと思っていた1時間に1本のロカ岬行きのバスがまさに目の前で出発しようとしていた。

これを逃すまいと思い、急いで飛び乗る。

40分でユーラシア大陸最西端ロカ岬に到着。
2016093001134829a.jpeg
20160930011413024.jpeg



この記念碑には「陸尽きて海始まる」と詠まれている。
20160930011415cb1.jpeg
2016093001143276d.jpeg
20160930011415f84.jpeg



まさに世界の果てに到達したということが実感できる。
201609300114186bd.jpeg
20160930011418970.jpeg
20160930011432eec.jpeg


ロカ岬の土産物屋では世界の果てであることをアピールするグッズは売っていない。

先々日行ったユーラシア南西端サグレスのサン・ヴィセンテ岬で世界の果てグッズを買っておいて良かったと思う。


インフォメーションで最西端到達証明書を発行してもらった。
201609300114344fd.jpeg
2016093001134819b.jpeg



この証明書は、他人にとってはただのユーラシア最西端を訪れた証明書だが、自分にとっては陸路と海路(と一瞬空路)でユーラシアを横断したこの行程を達成したことに対しての証明書だ。


バスに乗ってシントラに戻る。

シントラを周る。
20160930011435da2.jpeg
201609300114360a7.jpeg



ユネスコマーク発見。
20160930011500a4a.jpeg



シントラ宮殿に行く。
201609300115010a3.jpeg
201609300115461b7.jpeg
201609300115029cd.jpeg
201609300115046ee.jpeg
2016093001150575f.jpeg
20160930011544979.jpeg
20160930011546717.jpeg



レガレイア宮殿には入らなかった。
20160930011553004.jpeg



レストランでコースメニューを食べる。
201609300115535e5.jpeg
201609300116122c2.jpeg
20160930011613442.jpeg
20160930011616441.jpeg
20160930011617c7a.jpeg



食後にバス停に行くと、丁度目的のバスが来ていた。

バスで山の中に進む。

ムーアの城跡は中には入らなかった。
20160930011616555.jpeg
2016093001163211f.jpeg



ペーナ宮殿は色んな建築様式をごちゃまぜにしているらしい。
20160930011634f6a.jpeg
20160930011637465.jpeg
201609300116365c9.jpeg
201609300116567aa.jpeg
2016093001165889a.jpeg
201609300116582ca.jpeg
20160930011701e75.jpeg
2016093001170117b.jpeg
2016093001171981d.jpeg
201609300117220b7.jpeg
2016093001172207c.jpeg



ペーナ宮殿から出ると丁度帰りのバスが来ていた。

シントラでは全てのバスに待ち時間無しで乗ることができた。

この幸運はユーラシア大陸を横断したことに対する褒美だと思っておく。

世界遺産82号シントラの文化的景観終わり。


列車でリスボンに戻り、宿で夕食を食べる。

この旅を象徴するケバブとサグレスビールだ。
20160930011724c13.jpeg



この後、もう1リットルのサグレスビールを追加した。


ユーラシア横断は6/1にスタートして9/28にゴールすることができた。

ユーラシア大陸横断を120日間で達成したことになる。


そもそも自分はなぜこの旅を始めたんだろうと考えてみる。

最初のきっかけは昨年の5月後半、Wikipediaでマルコ・ポーロについて調べたことじゃあないだろうか。

業務内の大きなプロジェクトの完工と成功が見えてきて、この仕事が終わったら当時在籍していた会社にいなくても良いなと思い始めていた。

その時の現場に向かう途中で、暇つぶしにマルコ・ポーロの人生について読んでいた。

これによって、マルコ・ポーロのようにいつかシルクロードを渡ってヨーロッパに行きたいと思い始めたのがこの旅のきっかけだったように思う。

あの時は、それから1年で旅に出て1年半しないうちにその夢を達成するだなんて夢にも思わなかった。

この旅行はまだ折り返し地点だが、とりあえず一つの目標を達成したことで一旦締めたいと思う。


第一部 ユーラシア横断編 完


この後はウクライナを目指して東に戻り、そこからイギリスを目指してまた西に移動と、ヨーロッパ内をフラフラする予定なので、第二部はヨーロッパ周遊編だ。


明日は世界遺産の街ポルトに向かう。
スポンサーサイト

まずはお疲れ様ってところかな。
一緒にいろんなところへ連れて行ってもらったような気分になりました。

2016.10.01 22:00 URL | 尚&吟 #SFo5/nok [ 編集 ]

ヨーロッパはもう一生分周った気がしますが、まだまだ行きたい場所があるのでもう少し周ります。
旅行の期間的にはこれで折り返し地点だと思います。
もう半分お付き合い下さい。

2016.10.02 04:36 URL | りょうへい #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://karaagesix.blog.fc2.com/tb.php/150-fdc35436

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。