陸路と海路の世界一周 世界遺産巡り

世界遺産を巡りつつ世界一周するブログ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ←世界一周ブログランキングに登録してみたので気が向いたらクリックして下さい
にほんブログ村
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
前日の夕食はクラッカーのみだったので、散歩しつつ朝ごはんを食べに行くことにする

ゴアに比べると緯度が高いので街を歩くのが心地よい

20160403102938880.jpeg



ゴアでは見なかった自転車リクシャーや、馬リクシャーもいた

201604031029414c3.jpeg
20160403102941b08.jpeg



食堂を眺めつつニューデリー駅前をフラフラしていたら、ある食堂に半強制的に引っ張り込まれた

20160403102944503.jpeg



インド人はベジタリアンが多いので、食堂はベジタリアンとノンベジの店に分かれている

肉が食べたかったのだが、この店はベジタリアンの店だった

適当にトマトカレーとチャパティとコーヒーを注文した

201604031029451c6.jpeg



チャパティは薄いナンのようなもので、インドの国民食だ

ナンはお祝い事に食べるもので、普段はチャパティが良く食べられているらしい

トマトカレーは程よい甘味と酸味と辛味が効いてて、びっくりするほど美味しかった

インドにいる間で一番美味しかったのがこの時のトマトカレーとチャパティだった

トマトカレーとチャパティ2枚で40ルピー(80円)程度だったのに、コーヒーが30ルピーした

甘すぎて美味しくないコーヒーだったのにかなり高く感じる

だが、カレーの美味しさに非常に満足して、この店を後にする


地下鉄に乗ってクトゥブ・ミナールを見にいく

20160403103003143.jpeg
201604031030051ad.jpeg



クトゥブ・ミナールの最寄り駅でリクシャーと交渉し、連れていってもらう

201604031030062b7.jpeg



リクシャーは最初100ルピー(200円)を要求してくるが、値切れば割りと簡単に50ルピー程度にはなる

地元の人は更に半額以下なんだろう


クトゥブ・ミナールに到着

2016040310301042b.jpeg



入場料は外国人250ルピー

500ルピー札で払うとお釣りは200ルピーしかくれない

粘って手を出し続けると残り50ルピーを嫌々返してくれる


クトゥブ・ミナールは世界遺産で、インド最古のイスラム建築らしい

201604031030095fc.jpeg
20160403103031166.jpeg



中でも目玉は錆びない鉄柱で、建築された時代的にオーパーツなんだとか

201604031030323f6.jpeg



これには柱が立ってるなーというくらいの感想しかなかった


リクシャーに乗って駅に戻る

途中で運ちゃんが早くカメラを出せと言ってくる

何事かと思ったらバスが炎上していた

20160403103033a2f.jpeg
20160403103034498.jpeg



運ちゃんは得意げに「面白いものが見れられただろう?」と言ってくる

「日本でこんなことが起きたら大事件になるよ」と答えると、「インドではよくあることさ」と返してくる

インドでバスに乗るのが怖くなった


次はインド門に向かう

ムンバイにもインド門はあったが、デリーのインド門はより大きい

駅からは2km以上あったが、歩いてインド門に近づいて行きたかったので、リクシャーは使わなかった

遠目にうっすらとインド門が見える

20160403103036c40.jpeg



歩いて行くとどんどん大きくなってくる

20160403103059e23.jpeg
201604031031019b5.jpeg
20160403103102f4b.jpeg
20160403103104107.jpeg



インド門に着くと子供達がジャパニーズ!ジャパニーズ!とからかってくる

地球の歩き方を片手に持っていたせいでジャパニーズだとばれたんだろうか


インド門近くのパーアーナ・キーラも覗いてみることにする

20160403103105ec4.jpeg
201604031031389e9.jpeg
201604031031397c3.jpeg
201604031031416fe.jpeg



中をうろついていたら、休憩しているおばちゃん達がこっちを見て「あれは中国人かしら」というようなことを言っているのが聞こえる

ヒンディー語で話しているはずなのに、チャイニーズっぽい単語と雰囲気で何となく分かる気がしたが、自分がそう思い込んでるだけかもしれない


世界遺産のフユマーン廟にも行く

修学旅行生と一緒に入っていく

201604031031410ce.jpeg
20160403103143ef3.jpeg



フユマーン廟でも入場料に250ルピーを請求され、500ルピー払ったら200ルピーしか返してこなかった

当然残り50ルピーを返すまで粘る

自分の中でのタージ・マハルのイメージにそっくりで、わざわざ2時間離れたアーグラーまでタージ・マハルを見に行かなくてもいいかなという気分になる

20160403103213c83.jpeg



次にジャマー・マスジットに向かう

インドで最大のモスクで周りはイスラム教徒が多く住んでいる

ヒンドゥー教で牛は神聖な生き物なので食べるのはご法度だが、イスラム教徒には関係ないので牛肉を売っている

20160403103214eda.jpeg



インドでは牛肉を食べる人は少ないのでとても安いらしい

ジャマー・マスジットでも入場料に250ルピーを請求され、後は同じ流れだった

どこでもこの流れなのが面白くて、これ以降あえて入場料には500ルピー札を払うことにする

201604031032158a5.jpeg
2016040310321669a.jpeg



次にラール・キラーに向かう

ラール・キラーはとても大きいのでジャマー・マスジットからでもうっすらと見える

2016040310321916a.jpeg



ラール・キラーは世界遺産で、世界史でも聞いたことのあるシャー・ジャハーンが建てたらしい

この日は月曜日で休みだが、せっかくなので外見だけでも見にいく

歩いてムガール・キラーまで近づくが、大通りを挟んでいて自分で渡るのが難しかったので、自転車リクシャーに連れていってもらう

2016040310323962c.jpeg



20ルピーで連れていってもらうように交渉したが、降りるときに20ルピーじゃ足りないと文句を言ってきた

揉めてたら警察が近づいてきて仲裁してくれた

20160403103240bf3.jpeg



赤い城が夕焼けで更に赤く輝いていて綺麗だった

20160403103242ee5.jpeg



観光に疲れたのでホテルに帰ろうと思い、街中を歩きつつ地下鉄を目指す

2016040310324206b.jpeg
20160403103244166.jpeg



地下鉄の場所が非常に分かりにくく、人に場所を聞いたりして1時間くらい探してやっと駅を見つけた

20160403103302c2a.jpeg
20160403103303ffc.jpeg
20160403103304b69.jpeg



だが、通勤時間帯と重なってしまったのか窓口は人で溢れている

201604031033066a7.jpeg



地下鉄に乗るのを諦めて、リクシャーでホテルに帰る

リクシャーは個人ごとに移動できる領域が決められているので、一度乗り換えをする

2回分リクシャーを使ったのでホテルまで100ルピーもした


ホテルで少し休んだ後に、晩ごはんを食べに行く

レストランまでの商店街はかなり混んでいた

201604031033068b0.jpeg



どうやらたまたまお祭りの日だったらしい

スリが多く、ポケットを触られてゾッとすることが何回かあった

レストランに到着

レストランは地球の歩き方にも載っているタンドリーチキンの名店だ

昼ごはんを食べていなかったので、タンドリーチキンとビールが体にしみる

20160403103331abd.jpeg



合計700ルピー

インドの物価からすると考えられない位高いが、お釣りはまともに返してくれた

観光客向けの高級店だったんだろう


レストランを出ると祭りは終わっていた

2016040310333363e.jpeg



道にはゴミが溢れている

20160403103334f26.jpeg



少し飲み足りないのでホテルに向かう途中でビールを買おうとする

インドにはコンビニが無いため、個人商店を探す必要がある

かなり探したが、19時なのに飲食品店はどこもお店が閉まっている

201604031033357fe.jpeg



後で聞いた話だが、祭りの日なので店を閉めるのが早かったらしい

しょうがないのでホテルのルームサービスでビールを注文する

1本200ルピーと言われたが、高いから1本だけくれというと2本で300ルピーにしてくれた

ホテルのルームサービスすら交渉が必要だとは、インド人は本当に商魂たくましい

ホテルのボーイに、栓抜きが無いので開けてくれとお願いすると、プラスチックの櫛で見事に開けてくれる

それに感動して50ルピーものチップを渡してしまった

20160403103337bbd.jpeg



ビールを飲みつつテレビを見るとハットリくんがやっていた

20160403103355622.jpeg



インドドラマは内容は分からなかったが、チープさが何だか面白かった

201604031033567c2.jpeg



この日は酔っ払ってそのまま寝てしまった
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://karaagesix.blog.fc2.com/tb.php/10-35b922c4

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。