陸路と海路の世界一周 世界遺産巡り

世界遺産を巡りつつ世界一周するブログ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ←世界一周ブログランキングに登録してみたので気が向いたらクリックして下さい
にほんブログ村
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日はサガダに向かう。


前日のうちにバスのタイムテーブルはバスターミナルで確認しておいた。

始発の8時半のバスに乗るために7時半にバスターミナルに向かう。
2017013022114034f.jpg



バスターミナルに着くとタイムテーブルでは始発は10時半に変更されていた。

バスのチケットを買うと始発は9時半だと言われる。

何もかもがメチャクチャだ。


バスターミナルにあるレストランで朝食を食べる。
20170130221137ddd.jpg



バスは既に来ていたので乗って時間を潰す。
201701302211343ef.jpg



定刻より10分早い9:20にバスは出発。

サガダに向かう途中の道はずっと山道を登ったり降りたりを繰り返すので景色が良い。
20170130221143cd5.jpg
2017013022114521b.jpg
20170130221142635.jpg



途中の村で休憩。
20170130221155d12.jpg
20170130221151153.jpg



引き続きバスは山道を進む。
201701302211484d1.jpg
20170130221154067.jpg



出発から6時間半でサガダに到着。
20170130221219078.jpg



長い道のりだった。


バス乗り場近くの宿を予約しておいた。
2017013022122532a.jpg
20170130221226db0.jpg



バルコニーからサガダの街を眺める。
2017013022122816a.jpg



サガダはハンギングコフィンという吊られた棺桶が有名なので見にいく。
2017013022123697b.jpg



教会横を通る。
20170130221235d5f.jpg
201701302213184e7.jpg



墓地を抜ける。
20170130221241fa7.jpg



左端の茶色い墓では記念写真を撮っているフィリピン人がたくさんいた。
20170130221239bf7.jpg



何かと思ったら、ミンダナオ島でテロの犠牲になった兵士だと後で知り合った日本人に教えてもらった。


サガダの街が遠くに見える。
201701302212427c9.jpg



ハンギングコフィンも遠目に見える。
201701302212412bf.jpg



山道を下りてハンギングコフィンに近づく。
201701302213115b5.jpg



ハンギングコフィンに到着。
2017013022131541a.jpg



世界でも珍しい文化らしい。


山をもっと下ったところに洞窟があって、その中にはハンギングコフィンより古い時代の棺桶があるらしいので見にいってみる。
20170130221312093.jpg



道がぬかるんでいてかなり滑り、何度も転んでしまう。

手と足は泥だらけだ。

観光客だらけのハンギングコフィンとは異なり、こちらはほとんど観光客には会わなかったので、行くもんじゃないということか。


洞窟入口らしくものを見つけたが、水が溜まっていて入れそうになかった。
2017013022130967b.jpg



周囲も少し探してみたが、これ以外に洞窟らしきものは見当たらなかったので諦めて帰ることにした。


ネットでオススメされていたレストランに行く。
201701302213205f2.jpg



評判通り非常に美味しかった。
201701302213254e8.jpg



宿に戻る。
201701302213251a2.jpg



海外ビール飲み放題の生活ももうすぐ終わりかと思いながらビールを飲む。
20170130221322ab8.jpg



明日はバナウェに向かう。
スポンサーサイト
今日はバギオに向かう。


昨日昼食を食べた食堂に行き、麺料理を注文した。
20170128201748279.jpg



具のレバーが臭くてあまり美味しくなかった。

昨日の焼きそば風の麺料理は美味しかったんだが。


歩いてバスターミナルに到着。
20170128201800091.jpg



タイムテーブルが分からなかったので適当な時刻に行ったが、バギオ行きのバスに乗ったらすぐに出発だった。

非常に運が良い。

昼休憩。
20170128201904c1c.jpg
201701282019019fc.jpg




出発して5時間半でバギオに到着。
20170128201803126.jpg



標高が高いのでマニラやアンヘレスと違って涼しい。


バギオでは何かお祭りをしているようだ。
20170128201825515.jpg



宿に向かう。
20170128201826113.jpg



宿は看板が出ていないので見つけるのが難しかった。
201701282018428d4.jpg
20170128201835de3.jpg



道を封鎖してお祭りをしている。
20170128201900595.jpg



フィリピンの街は渋滞だらけだが、この日は祭りで大通りを封鎖しているせいで他の道は大渋滞になっていた。


カゴを持っておじいさんと一緒に買い物をする犬がいた。
201701282019323e5.jpg



大通りの人混みは激しい。
20170128201940d00.jpg



丘の上に出て街を見渡す。
20170128202000a5f.jpg
20170128202026f29.jpg



大聖堂に行く。
20170128201951ce0.jpg
20170128202000d2f.jpg



小さな商店で今日の夕食を購入。
201701282020102af.jpg
201701282020342c8.jpg
201701282020181a3.jpg



明日はサガダに向かう。
今日はアンヘレスに向かう。


ホテルをチェックアウトするとき、日本人女性が受付で困っていた。

彼女もチェックアウトするところだったので、受付は部屋を確認するから少しの間シートに座って待っててくれということを言っていたのだが、それが全く通じていなかったので通訳した。

この旅を始める前だったら自分もそれが通じなかったかもしれない。

そう思うとこの旅によって自分のスキルも多少上がったんだろうという気分になる。

まあ、英語力よりは交渉力というか図々しさの方が遥かに上がっていると実感するが。

何にでも値切る癖が付いてしまったので、日本で思いを思わず値切って恥ずかしい思いをしないか心配だ。


LTRに乗ってパサイにあるファイブスター社のバスターミナルに向かう。
20170128201434dce.jpg
20170128201443ff3.jpg



最寄駅のEDSA駅から歩いたが、歩道橋を登ったり降りたりし、道が悪いので荷物を持っての移動は大変だった。
20170128201459e9e.jpg



アンヘレスに向かうバスに乗る。
20170128201458dd7.jpg



1時間経過したところでまだ1/4も進んでいなかったので、長時間の移動を覚悟したが、2時間でアンヘレスのバスターミナルに到着した。

マニラが渋滞しているので抜けるのに時間がかかっていたようだ。


トライシクルに乗って宿に移動する。
201701282015041f7.jpg
20170128201526dbb.jpg
20170128201512d26.jpg



宿はウォーキングストリートという歓楽街の中にある。
20170128201537fc3.jpg



外国人達が昼間からビールを飲んでいる。
201701282015279a8.jpg



ウォーキングストリートの看板だ。
201701282016170ac.jpg



このウォーキングストリートはパタヤにあるウォーキングストリートとよく比較されるようだ。


ウォーキングストリートを出る。
20170128201629eab.jpg



食堂で昼食。
201701282017034c5.jpg
20170128201704114.jpg



部屋に戻ってビールを飲んで一休み。
20170128201627ae5.jpg



夜になったのでウォーキングストリートを歩いてみる。
2017012820163789a.jpg
20170128201720206.jpg



韓国系のお店が目立ち、白人以外の多くは韓国人が歩いている。


パタヤのウォーキングストリートは中国人だらけだったが、アンヘレスのウォーキングストリートは韓国人だらけだ。

なぜか住み分けができているのが面白い。


評判の良いスイス料理のレストランに行く。

物価が狂ってるスイスではカップラーメンを食べていてスイス料理を食べる機会が無かったので、これを機に食べてみようと思ったのだ。
201701282017131fd.jpg



大人気のレストランらしく、相席になった。

各国の料理があってどれがスイス料理なのか分からない。

唯一スイス料理だと分かるチーズフォンデュは値段的に一人では量が多すぎると思われた。

結局フィリピン料理を注文した。
20170128201651168.jpg



これが大当たりで美味しかった。


宿でビールを飲む。
201701282017103ad.jpg



明日はバギオに向かう。
今日はフィリピンのマニラに向かう。

フィリピンが帰国前の最後の国だ。


ホテルの無料送迎で空港まで送ってもらう。
201701270832575fa.jpg



ブルネイでの乗り継ぎなので、フライトのチェックインは不要だ。

ブルネイの空港にはラウンジが無かった。


2時間でマニラの空港に到着。

フィリピンで72ヶ国目だ。

空港タクシーはぼったくりなので、一般タクシーを拾う。

マラテ地区にあるホテルまで200ペソ(460円)だった。
201701270832543c9.jpg
20170127083300e7c.jpg



なお、空港からマニラ市内まではエアポートバスもあるが300ペソ(690円)するらしい。

タクシーよりバスが高いなんて不思議だよなとタクシーの運転手が言っていたが、そんなのは世界中でフィリピンだけだった。


2年前にもマニラを訪れたことがあるが、その時もマラテ地区に泊まった。

マラテ地区は外国人用のホテルがたくさんあるが治安が悪いことで有名だ。

荷物を置いて近くのマラテ教会に行くと結婚式をしていた。
20170127083334247.jpg
20170127083300c28.jpg



マラテ地区を歩く。
20170127083300c1e.jpg
201701270833343a4.jpg



歴史地区のイントラムスへ。
2017012708333228b.jpg
20170127083342cfc.jpg



世界遺産のサン・アグスチン教会へ。
20170127083342e20.jpg
2017012708340375f.jpg
20170127083352630.jpg



ユネスコマーク発見。
20170127083400f46.jpg



2年前にも訪れたはずだが全然覚えていない。
20170127083413177.jpg
20170127083358bbd.jpg
20170127083453e20.jpg
201701270834543f4.jpg
20170127083454a85.jpg



信仰的に意義があるんだろうが、頭に物が刺さっていると間抜けに見えてしまう。
20170127083451aea.jpg
20170127083456a48.jpg



世界遺産148号サン・アグスチン教会終わり。


ついでに大聖堂に行く。
201701270834594bc.jpg
20170127083504846.jpg



マラテ地区に戻って海岸へ。
20170127083501e8d.jpg



ゴミがたくさん落ちていて非常に汚い。


夕食を食べに出かける。
20170127083505bd6.jpg



2年前にも訪れたレストランに行く。
2017012708350612e.jpg
2017012708353543a.jpg



このバンブーライスが美味しかったので再び訪れた。
20170127083540461.jpg



量が非常に多く、バンブーライスだけでお腹が苦しくなる。


夜のマラテ地区を歩く。
20170127083533dfd.jpg



2年前とは雰囲気が全く違うのに驚く。

2年前は街は全体的に薄暗く、外国人用のレストランの外には物売りの子供達が群がっていて、路上にはポン引きがたくさんいて、路地裏に入るとコジキがマネーと言いながらポケットに手を突っ込んできたものだった。

今回は街は明るいし、警官がそこら中にいて、客引きのような人はほとんどいない。

治安が劇的に良くなっている。

これがドゥテルテ大統領の手腕か。

治安は良くなってるが、以前の方が怪しい雰囲気があって街として楽しかったと思う。

治安が良くなるのも良いことばかりではないなと思った。


ホテルに戻ってビールを飲む。
20170127083537b62.jpg
20170127083537644.jpg



明日はアンヘレスに向かう。
今日はブルネイ・ダルサラームに向かう。

タンザニアの凶悪都市ダルエスサラームに名前が似ているが、ブルネイはお金持ちの国だ。


当初ブルネイには行く予定は無かったが、ブルネイ乗り継ぎでバンコクからフィリピンのマニラに向かうフライトのチケットを発見したので行くことにした。

乗り継ぎ時間が23時間あるので、ブルネイ観光が可能だ。

バンコクからブルネイ経由のマニラ行きのチケットは18,000円だったが、同じ便を使うバンコクからブルネイ行きのチケットは30,000円だった。

ブルネイ発マニラ行きを追加しているのに何故か安くなるのだ。

飛行機のチケットの値段の仕組みは本当に不思議だ。

それならバンコクからブルネイに行きたい人は、フィリピン行きのチケットを買ってフィリピン行きのフライトに乗らなければ良いと考えられるが、そのような行為は飛び降りと呼ばれ禁止されているらしい。

飛び降りをすると今後その航空会社を使えなくなるという噂だ。


MRTとエアポートレイルリンクを乗り継ぎ、スワンナプーム空港に行く。
20170126092725626.jpg
20170126092727a91.jpg



ラウンジで食事をする。
20170126092727d37.jpg
2017012609272948e.jpg



以前8時間もスワンナプーム空港のラウンジで粘ってビールを飲んでいたら、飲みすぎて記憶を失い、気がついたら自分が乗る飛行機のゲートの前で寝ていたことがある。

そうならないように今回はビールは1本だけにしておいた。


ロイヤルブルネイ航空の飛行機に乗る。
20170126092730ebf.jpg



ロイヤルだなんて名が付いているが、サービスは普通だ。


2時間半でバンダルスリブガワンの空港に到着。
2017012609273271f.jpg



ブルネイ・ダルサラームで71ヶ国目だ。

空港にモスクがある。
20170126092733f51.jpg



ホテルの無料送迎でホテルに向かう。

今回の旅行で最高値となる7,000円以上もするホテルだが、往復の無料送迎が付いているのでタクシー代を考えると安く済む。
20170126092736689.jpg
20170126092735e4a.jpg



ホテルの周りを歩く。
20170126092738a81.jpg
20170126092804559.jpg
20170126092806e87.jpg
20170126092807e7d.jpg
20170126092809994.jpg
201701260928102a8.jpg
201701260928128bb.jpg
201701260928149c9.jpg



人が少なくて活気がない。

ブルネイは豊かさ故に活気が無くなったとどこかで読んだことがある気がする。

雨が降ってきたので急いでホテルに戻る。


このホテルは無料で観光地まで送迎してくれる。

大雨が降っているがナイトマーケットに行くことにした。
20170126092815e71.jpg
20170126092816daa.jpg



ホテルのスタッフにナイトマーケット近くのモールを勧められたので行ってみる。
20170126092832ba4.jpg
20170126092817214.jpg



なんてことはない普通のショッピングモールだった。

モールを出ると雨が上がっていた。
201701260928339b7.jpg



近くにある大きなモスクを見にいく。
20170126092835a6a.jpg
20170126092836b02.jpg



ナイトマーケットに戻ってきた。
20170126092838648.jpg



ここで夕食を買おうと思うが、屋台からの呼び込みが一切無い。

他の東南アジア諸国なら呼び込みの掛け声で賑わっているはずだと思う。

なぜかドリアン屋台だけは呼び込みの掛け声が盛んだった。
201701260928398f8.jpg



ケバブと串焼きを買ってホテルで食べる。
201701260928410f5.jpg



こんなにビールに合いそうな食事なのに、ブルネイではビールが手に入らないのが残念だ。

裏で密輸したビールを売っている場所もあるらしいが、それを探すほどの気力は無かった。

非ムスリムの旅行者であればいくらかアルコールを持ち込むことが許されているらしいので、スワンナプーム空港のラウンジでもらっておけば良かったか。

まあ、東南アジアに入ってから飲み過ぎているので、久しぶりの実質休肝日も悪くないか。


明日はフィリピンのマニラに向かう。
今日でタイは最終日だ。

朝食を食べに食堂に行く。
20170125101709023.jpg
201701251017106fe.jpg
20170125101708410.jpg



やっぱりカオマンガイは美味しい。


今回は一度も列車に乗っていないので、列車でアユタヤからバンコクに帰ることにする。

アユタヤは川で囲まれた大きな中州のような地形で、駅に行くには川を越えないといけないため、渡し船に乗る。
20170125101713a66.jpg



アユタヤ駅に到着。
20170125101713b50.jpg
201701251017138d7.jpg



バンコクまでの運賃は20バーツ(64円)だ。
20170125101714dba.jpg



バンコク市内のMRTやBTSよりも安い。


バンコクのファランポーン駅に到着。
201701251017171d9.jpg
20170125101717ec9.jpg



シーロムに戻って人気の食堂に行く。
20170125101720685.jpg
20170125101719dbc.jpg



甘くて口に合わなかった。

ビールを飲んで宿で休憩。
20170125101722551.jpg



日本人のOさん夫妻と合流して夕食に行く。

Oさんとは去年の2月に予防接種を受けにバンコクを訪れた際に病院内で知り合った。

バンコクに駐在しいている彼はこのブログを見てくれており、自分がバンコクを訪れると知って連絡をくれたのだ。
20170125101725f05.jpg



食事をし、Oさん夫妻と別れる。

タイ最後のビールを飲む。
20170125101726ab2.jpg



明日はブルネイ・ダルサラームに向かう。
今日はアユタヤに向かう。

アユタヤは過去2回訪れたことがあるが、どこかでアユタヤの夜景が綺麗だと聞いたので見に行くことにした。

過去2回は日帰りだったので、夜のアユタヤは初体験だ。


バイクタクシーに乗ってバンコク行きのバスターミナルに移動する。
201701241424075a6.jpg
20170124142408dfc.jpg
201701241424157fd.jpg



パタヤでは行き先によってバスターミナルが分かれてるらしい。


バスターミナルの屋台で麺料理を食べる。
20170124142417276.jpg
201701241424168f8.jpg



アユタヤへのバスはモーチットのバスターミナルから出るので、モーチット行きのバスに乗る。
20170124142418d8d.jpg



2時間半でモーチットのバスターミナルに到着。
20170124142417294.jpg



そのままアユタヤ行きのロットゥーに乗る。


1時間半でアユタヤに到着。
20170124142421537.jpg
2017012414242786f.jpg



宿に向かう。
201701241424242f1.jpg
20170124142500f77.jpg



宿で勧められたレストランに行ってみる。
201701241425147da.jpg



レストランと言うよりカフェだった。

トムヤンクン味のピザとやらを注文したが、全然トムヤンクンのような味がしない。
20170124142505db7.jpg



出てくるのは非常に遅く、高くて美味しくないので最悪の店だった。

宿で勧められたのにここまで酷いのは珍しい。

地元の人でかなり繁盛していたのだが、少しオシャレな雰囲気にアユタヤの人々が騙されているだけのような気がする。


ワットマハータートに行く。
20170124142514d28.jpg
20170124142514151.jpg



首のない仏像群はミャンマーとの戦争で破壊されたものらしいが、朽ちた感じがむしろ芸術的のような気がする。
20170124142517f1d.jpg
20170124142520847.jpg
20170124142524551.jpg




アユタヤで最も有名な樹に包まれた仏像の顔だ。
20170124142524337.jpg



初めて見た時は本当に感動したものだが、3回目なので見慣れてしまっている。

顔を包んでいるのは樹の幹ではなく根だと近くにいた日本語のガイドさんが言っていた。

3回も来て初めて知った。


ワットラートブラナに行く。
201701241425231bb.jpg
20170124142549a03.jpg
20170124142551053.jpg



中にまで入ったのは初めてだ。


ワットローカヤースッターへ。
201701241425521c0.jpg



ストリートファイター2のサガットのステージのモデルになったという噂の場所だ。

ここでスト2ごっこをした日本人は今まで何人いるだろうか。


アユタヤでは象に乗って遺跡を少しだけ周ることができる。
20170124142605e70.jpg
20170124142556b64.jpg



チェンマイで象に乗って満足しているので今回は乗らない。


ボートでアユタヤを周るツアーに参加。
20170124142605b74.jpg
20170124142600ec0.jpg
201701241426181ba.jpg
2017012414260486a.jpg
20170124142607b34.jpg
20170124142644e25.jpg
20170124142645f29.jpg
20170124142650092.jpg
201701241426543fc.jpg
20170124142654581.jpg
20170124142653bb2.jpg
20170124142655810.jpg
20170124142658388.jpg
20170124142700702.jpg
20170124142659104.jpg
20170124142739e4e.jpg
2017012414273363f.jpg
20170124142737940.jpg
201701241427420f8.jpg
20170124142738a43.jpg
201701241427426cb.jpg
20170124142743cac.jpg



暗くなったので、今回の目的の夜の遺跡を周ることにする。

夜のアユタヤは真っ暗だ。
20170124142744132.jpg



ワットマハータートは全くライトアップされていなかった。

樹に包まれた仏像の顔がライトアップされていれば幻想的だと思うのだが。

その他の遺跡を周る。
201701241427446ba.jpg
201701241427462da.jpg
20170124142810ced.jpg
20170124142808e6a.jpg
20170124142809fde.jpg



全体的にライトアップアップされておらず、されていても一部がほんの少しといった程度だ。

世界遺産147号古都アユタヤ終わり。


夕食に行こうとしたが、ほとんどの店が閉まっている。

アユタヤ遺跡内は日中で営業終了ということか。

昼に行ったカフェは開いていたが絶対に行きたくない。

コンビニ飯にしようかと思っていたところ、1件だけ屋台が開いていた。
201701241428115d2.jpg



フライドヌードルを買って宿に戻る。
20170124142817290.jpg



これが非常に美味しい!

幅広麺の中華風焼きそばだ。

あまりにも美味しいのでもう一つ買いにいこうかとも思ったが、東南アジアに入ってからの20日間で太ったので我慢した。

東南アジアは安くて美味しい食べ物が多いので太りやすい。


明日でタイでの滞在も最終日だ。

最後にもう一度バンコクに戻る。
バンコクにいてもすることがないのでパタヤに向かう。

パタヤビーチと言えば、「パタヤビーチへようこそ!」「あいあいあいあいあいヒャクエン!」「ミッチーサッチー」と懐かしいコントを思い出す。


朝食に食堂でカオマンガイを食べる。
20170123102622743.jpg
20170123102523281.jpg



エカマイ駅近くのバスターミナルに移動。
20170123102525391.jpg



パタヤ行きのバスに乗る。
2017012310262241d.jpg



2時間でパタヤのバスターミナルに到着。
20170123102528c8b.jpg



ソンテウに乗ってパタヤビーチロードに行く。
20170123102726504.jpg
20170123102532375.jpg



ホテルに到着。
20170123102624e7e.jpg
20170123102626e08.jpg



パタヤビーチに行ってみる。
20170123102536241.jpg
201701231027405cd.jpg



ハリウッドのようにパタヤサインがある。
20170123102819363.jpg



パタヤはリゾート地で、特に見るものはない。

これだからリゾート地は好きではない。

屋台で適当に昼食を買う。
2017012310274445b.jpg
20170123102745305.jpg



買いすぎてしまい半分も食べられなかった。
201701231028228b2.jpg



昼寝をしてからフットマッサージとタイマッサージを受けに行った。

タイマッサージ中に同じ部屋の日本人の爺さんが、マッサージ師に向かって日本語でガッツリとセクハラをしていた。

カーテンで仕切られているので見えないが、聞いてるだけでこっちが恥ずかしくなる。

外に出るともう真っ暗だった。
20170123102848bf5.jpg



夜のパタヤビーチに行く。
201701231029525d1.jpg
201701231028501dc.jpg



パタヤサインが輝いている。
20170123102953f6f.jpg



東南アジア一の歓楽街と呼ばれるウォーキングストリートへ。
201701231028544d8.jpg



中国人観光客の団体が何組も歩いていた。
20170123103009365.jpg



ウォーキングストリートを抜けるとパタヤサインは目の前だった。
2017012310300930b.jpg



ホテル近くのマーケットに行ってみる。
20170123103044542.jpg
20170123103012f3a.jpg



ビールを飲んで寝る。
20170123103014bc2.jpg



明日はアユタヤに向かう。
今日はバンコクに戻る。


朝食にカオソーイを食べる。
201701221003036e6.jpg



タイ北部の名物のカレーラーメンだ。


ソンテウに乗ってチェンマイ空港へ。
201701221003231a3.jpg
2017012210032407d.jpg



すぐにバンコクに到着。

バンコクの国際線はバスに乗るのと同じような感覚で使える。
20170122100326394.jpg



屋台で麺料理を食べる。
20170122100327615.jpg
2017012210032821d.jpg



もうすぐ帰国するため、土産を買いにジムトンプソンのアウトレットに行く。
20170122100344fc5.jpg



大きな荷物を預けてあった宿にチェックインして、夜のルンピニー公園に行く。
201701221003451e6.jpg



走っている人がたくさんいた。
2017012210035028e.jpg



日中は暑すぎて走れないので、みんなこの時間に走り出すんだろう。


ルンピニー公園にはチムチュムという東北地方の鍋料理の屋台があるというので訪れたが、どこにも見当たらなかった。

シーロム通りの屋台が撤去された流れでこっちの屋台も撤去されたのかもしれない。


シーロム通りにある少し高めの老舗レストランに行く。
20170122100346838.jpg



客は外国人ばかりだった。


前菜にトーストの上にハマグリを乗せるものを頼んだ。
20170122100349cfb.jpg



ビールとの相性が抜群だ。


あとはタイカレーを注文。
20170122100352fea.jpg



宿に戻ってビールを飲む。
20170122100353232.jpg



明日はパタヤに向かう。
今回チェンマイを訪れた理由は首長族であるカレン族に会うためだ。

カレン族の村に行く公共交通機関は無いので、ツアーに参加する。

このツアーはエレファントファームを訪れた後にカレン族の村に行く。


前日にHさんもこのツアーに申し込んでいた。

ツアーは、中国人カップル2人と、白人のおばさん2人組とおじさん2人組が一緒だった。


エレファントファームに到着。
2017012209592308f.jpg



まずは象に乗る。
2017012209594425e.jpg
201701220959439df.jpg
20170122095947af8.jpg



象は川の中も歩いて進める。
20170122095943870.jpg
2017012210000656a.jpg



子象を見にいく。

この象は3歳くらい。
20170122100014cc0.jpg



この象は1歳らしい。
2017012210000962d.jpg



近づいたら鼻で殴られた。

象のショー開始。
201701221000126e9.jpg
201701221000157d9.jpg
201701221000382bf.jpg
2017012210004079e.jpg
201701221000429ba.jpg
20170122100046d62.jpg
20170122100046a87.jpg



象が絵を描くのには驚いた。
201701221001174f3.jpg



どうやってこんなの調教するんだろう。


その後もショーは続く。
20170122100124f5b.jpg
20170122100119fc2.jpg
20170122100126037.jpg
20170122100123961.jpg



象のショーは非常に見応えがあった。

象がこんなに賢いだなんて知らなかった。


昼食休憩。
2017012210020040d.jpg



牛車に乗る。
2017012210020340b.jpg



そしてイカダで川下りだ。
20170122100202ccd.jpg
20170122100210d1c.jpg



食後にゆっくりとイカダを下るので眠くなる。

イカダを降りて車に乗ったらみんな爆睡していた。


カレン族の村に到着。
201701221002084b1.jpg
20170122100229317.jpg



カレン族はIDを持っていないので子供は公の学校に行けないらしく、村の中に簡易的な学校がある。
20170122100230c34.jpg



IDが無いというのは戸籍が無いというのと同等の意味なんだろうか。


機織をするカレン族の子供がいた。
20170122100232c35.jpg



7歳らしく、まだ首はそんなに長く見えない。

カレン族の女性は3歳頃から首に輪をはめ始めるらしく、年齢を重ねる事に首が長く見えるようになっていくらしい。


村を周るが、やはり子供より大人の方が首が長く見える。
20170122100236f73.jpg
2017012210023590d.jpg
20170122100258266.jpg
2017012210030100f.jpg



おばあちゃんが一番首が長いように見える。
20170122100300dfc.jpg



これでカレン族に会うことができた。

今回の旅行で、世界三大部族であるマサイ族、ヒンバ族、首長族に全て会うことができたので大満足だ。

ここで言う世界三大部族とは、自分が勝手に決めた会ってみたかった3つの部族のことで、巷でそう呼ばれているわけではない。


車に乗ってチェンマイに戻る。

疲れていたので寝てしまう。

目が覚めると、前の座席で白人のおじさん2人がキスをしていた。

びっくりして完全に目が覚める。

まさかゲイカップルだったなんて。

タイは比較的ゲイフレンドリーな国らしいので、ゲイカップルが訪れやすいのかもしれない。


夕食に昨日と同じ食堂に行く。
20170122100300795.jpg



明日はバンコクに戻る。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。