陸路と海路の世界一周 世界遺産巡り

世界遺産を巡りつつ世界一周するブログ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ←世界一周ブログランキングに登録してみたので気が向いたらクリックして下さい
にほんブログ村
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日はロサンゼルスを周る。


まずはハリウッドへ。
20161230082714590.jpg
201612300827173a5.jpg



ハリウッドにはwalk of fameという著名人の名がたくさん刻まれている通りがある。

オランダのロッテルダムにもあったが、ハリウッドのは合計2,000個以上と桁違いだ。

ロッテルダムのは手形やイラストが彫ってあって面白いが、ハリウッドのは名前だけで面白みは無いが、とりあえず全部見てみることにした。


ジャッキー・チェン
201612300827181b4.jpg



チャップリン
2016123008272463d.jpg



ウォルト・ディズニー
201612300828028bd.jpg



ハリウッドサインが見えた。
20161230082803336.jpg
2016123008280470d.jpg



ビートルズはレコード会社の前にある。
20161230082809b52.jpg
20161230082808ac7.jpg
2016123008280951e.jpg
20161230082809b98.jpg
201612300828150bb.jpg



教会の後ろにハリウッドサインが見える。
2016123008282580d.jpg
201612300828140e6.jpg



トム・ブラウンだ!
201612300828495a9.jpg



中学の英語の教科書の登場人物がここにいるとは。


マイケル・ジャクソンが地味な場所にあった。
20161230082859bba.jpg



クイーン
20161230082848e68.jpg



これって「エジソンは偉い人」のあのエジソンだろうか。
2016123008290738c.jpg



ギネス博物館があった。
2016123008290993c.jpg
20161230082903a8d.jpg



少し面白そうだと思ったが入場料が16ドルもしたので入らなかった。


ディズニーキャラクターのが密集しているが、ミッキーが無い。
2016123008291094a.jpg
2016123008291876b.jpg
20161230082919cd2.jpg



三船敏朗
20161230082927ad3.jpg



日本人は3人刻まれているらしいがこれしか見つけられなかった。


チャイニーズシアターは立派だ。
20161230083311340.jpg



walk of fameの終点に着いたので折り返す。
20161230083314ccb.jpg



ここにビートルズがグループ名で刻まれていた。
20161230083321ffd.jpg



キャラクターがたくさん。
20161230083319e19.jpg
20161230083323db2.jpg
20161230083328d11.jpg



シュレックは人形の近くに刻まれている。
2016123008332958c.jpg
20161230083331505.jpg



ここにもマイケル・ジャクソンがあった。
20161230083329732.jpg



ミッキー発見
20161230083334981.jpg



マイケル・ジャクソンとミッキーマウスは近くに刻まれているため、この周辺は写真を撮りたい人で大渋滞になっている。


チャイニーズシアター前では手形が刻まれていた。
201612300834055cb.jpg
20161230083405432.jpg



このシアターも立派だ。
20161230083412191.jpg



テレビ撮影が行われていた。
20161230083410a85.jpg



多くの人がこの女性の写真を撮っていたので有名人なんだろう。


最後にトランプ大統領を発見。
20161230083412996.jpg



実はずっとこれを探していた。


マリリン・モンローに別れを告げてハリウッドを去る。
2016123008341581f.jpg



ダウンタウンに到着。
20161230083418fc0.jpg



ダウンタウンで一番古いビルらしい。
201612300834173a5.jpg
201612300834179db.jpg
2016123008342133f.jpg



リトルトーキョーに到着。
20161230083445e23.jpg
20161230083445a19.jpg
20161230083446d2a.jpg
20161230083452c9b.jpg



アメリカ最大の日本人街らしい。

多くのラーメン屋に行列が出来ていた。

リトルトーキョーだからってそんなところまで似なくても良いのに。


ユニオン駅から宿に戻る。
201612300834519d8.jpg
20161230083451e5a.jpg



今日の夕食も昨日と同じ中華料理店でテイクアウトだ。
20161230083450a87.jpg
20161230083459f26.jpg



今日でアメリカは最後だ。

当初の予定ではアメリカの次はオーストラリアを通って東南アジアに行こうかと思っていたが、オーストラリア行きのチケットは高かった。

よく考えるとオーストラリアにほとんど興味が無いので、太平洋を安く越える手段は無いかと調べたところ、上海行きのチケットが約30,000円と格安だったので、見つけた時に即座に購入した。

好きでないアメリカにこんなに長く滞在したのは、このフライトを利用するためだ。


これで1ヶ月間の北中南米旅行は終わりだ。

この期間は飛行機で飛んでばかりだったので、航空券代だけで30万以上使った。

ウユニ塩湖、マチュピチュに行けたし、メキシコではアステカ文明やマヤ文明の遺跡を見ることができた。

キューバではタイムスリップをしたかのような生活ができたのも楽しかった。

元々好きでない国アメリカは更に嫌いになったが、それも良い経験だろう。

アメリカ市街地はほとんど日本と同じで、あまり面白みが無かった。

というよりは日本がほとんどアメリカなんだろう。

アメリカの街中はしょうもなかったが、グランドキャニオンの絶景は素晴らしかったので、大自然を訪れるのがアメリカ観光の楽しみ方として正解なのかもしれない。

今回は日程と季節の都合上諦めたが、いつかイエローストーン国立公園にも行ってみたいと思う。

第4部 北中南米編 完


今後は上海に行ってから東南アジアを周る。

まだ予算は150万円程度余っているので、東南アジアで豪遊する予定だ。

(自分の性格を知っている人は持ち金を使い切るアホなのかと心配する気がするので念のため書いておくが、いつ再就職できるか分からないことからも無職で数年過ごせるだけの金額は残すので問題無い)

1ヶ月程度で東南アジアを周って帰国する予定だが、残りの予算的に1日当たり5万円も使える計算になる。

その割には癖で10日先まで安宿を予約してしまっていたりする。

豪遊って何をしたら良いんだろうかと考えながら上海に向けて旅立つこととする。
スポンサーサイト
今日はロサンゼルスに向かう。


半年以上共に旅をしてきたこのカバンとはここでお別れだ。
201612300826132c2.jpg



傷ついた戦友を置いていくような心境なので心苦しいが、このカバンはアメリカ製なので、祖国に埋めてやるんだと思うことにした。

これからは新しいこちらのカバンで旅を続ける。
20161230082624f2e.jpg



色や材質は前のカバンと似ているが、形が完全にバックパッカーのそれでは無い。

旅人からサラリーマンに戻る時が近づいているんだということを暗示しているかのように感じる。


ラスベガスのバスターミナルに到着。
201612300826132a1.jpg



バスに乗る。
20161230082615259.jpg



道中で湖の中に立つ鉄塔群を発見した。
20161230082617f64.jpg



昼休憩。
20161230082617a13.jpg



ビッグマックとビールを購入。
20161230082629e0a.jpg



当直時代によく夜勤明けに食べていたマックビールを再現してみた。

マクドナルドのパサパサなハンバーガーもビールと一緒ならそれなりに美味しく感じられる。

マクドナルドの店頭でビールを売れば儲かるのにと昔から思っている。


出発して7時間でロサンゼルスに到着。
201612300826237b1.jpg
20161230082627a74.jpg



この辺りはリトルトーキョーという日本人街らしいのでまた明日訪れよう。
20161230082633742.jpg



トラムと地下鉄を乗り継いでコリアタウンへ。
2016123008270524b.jpg
20161230082708f20.jpg



ロサンゼルスでは、なぜかコリアタウンに安宿が多い。
201612300827101af.jpg



宿に到着。
201612300827077da.jpg



完全に普通の家で看板が出ていないので少し迷った。


良さげな中華料理店でテイクアウトをする。
201612300827118ce.jpg



ここ最近アメリカのジャンクフードばかり食べていたので中華風の味付けがとても美味しいように感じる。
20161230082715c22.jpg



明日はロサンゼルスを周る。
今日はグランドキャニオンツアーに参加する。

約90ドルの日帰りツアーだ。


宿で同室の日本人Oさんが偶然にも同じツアーに参加するので一緒に集合場所に行く。
20161228010821f17.jpg
20161228010823aab.jpg



偶然にもOさんとはツアーバスも同じだった。


グランドキャニオンに向かう。
20161228010823494.jpg
201612280108260bd.jpg
20161228010826d77.jpg



標高が高くなり、雪景色が広がる。
20161228010829794.jpg
20161228010829fcb.jpg



昼食休憩。
2016122801093935f.jpg
2016122801083090e.jpg
20161228010833f0d.jpg
20161228010834d48.jpg



グランドキャニオンに到着。
20161228010941070.jpg



集合時間から8時間が経過していた。


グランドキャニオンを眺める。
20161228010942c97.jpg
2016122801094430e.jpg
201612280109453f1.jpg
20161228010946a12.jpg



真っ赤な大地を想像していたが雪で一部白くなっている。

真っ赤なだけの大地よりこちらの方が美しい気がする。


もう一つの撮影ポイントに到着。
201612280109486f5.jpg
2016122801095317a.jpg



吹雪いてきて何も見えなくなる。
201612280109510da.jpg



ずっとこの景色だとつまらないので前半晴れていて良かった。


日が落ち始めると晴れ間が覗いてきた。
20161228010953604.jpg
20161228011041094.jpg



世界遺産143号グランドキャニオン国立公園終わり。


6時間でラスベガスまで戻って来た。
20161228011037b27.jpg



今日の夕食もコンビニ飯とビール。
201612280110401bc.jpg



明日はロサンゼルスに向かう。
今日はラスベガスを周る。


ラスベガスと言えばカジノだが、その前に昨日アメリカン航空に破壊されたカバンの替えを買いに行かなければならない。

ラスベガスには多くのショッピングモールがある。

購入するカバンの選択肢が多いので破壊された場所がラスベガスだというのは不幸中の幸いか。


宿から歩いて行けるアウトレットに行く。
2016122801054034c.jpg
20161228010552380.jpg



色々見た結果、一番高かった662ドルのソフトキャリーバッグを購入。
20161228010608ac3.jpg



アメリカン航空が補償するため、あえて一番高いのを選んだ。

ちなみに昨日最初にお茶を濁そうと持ってこられたカバンは200ドル程度で売られていた。

このカバンは破壊されたカバンとも色合いや材質が似ていて、まるであのカバンが生まれ変わったかのようだ。


カジノエリアに行く。
201612280106085eb.jpg
20161228010611182.jpg



アメリカの後は東南アジアで豪遊するため、カジノで稼ぐことにする。
20161228010608aaa.jpg
20161228010617737.jpg
20161228010618304.jpg
201612280106188c1.jpg



自分の英語力ではディーラーのいるギャンブルはできそうにないので、このスロットマシンに命運を託すことにする。
2016122801061749b.jpg



20ドル札を入れて勝負に出る!

結果は
20161228011149808.jpg



1分で0.14ドルになった。

まさか20ドルが1分で尽きるだなんて。

カジノでは無料でドリンクを飲めるので、ドリンクを持って来たお姉さんへのチップ用にと1ドル札を7枚準備しておいたのに、1分じゃあドリンクなんて持って来ようがない。


失意の中外に出る。
20161228010646fc3.jpg



カジノを周ってみる。
20161228010647db4.jpg
2016122801064829c.jpg
20161228010649e99.jpg
201612280106507ff.jpg
20161228010652300.jpg



カジノを楽しんでいる人達を見ると自分が世界一の貧乏人のような気がしてくる。

一番レートの安いスロットマシンで20ドルが1分で消えるだなんて、カジノを楽しめる人はどんな金持ちなんだろう。


自分の貧乏さが惨めになってきたので、全力で遊んだらカジノでどの程度遊べるのか考えてみる。

円安とは言え、自分の余力は10万ドル以上はあるはずだ。

1分で20ドルが消えたが、長く回せば多少は当たることを考えると1時間では1,000ドルが消える程度だろう。

すると10万ドルで100時間スロットを回せる。

全力で遊べば4日間ラスベガスを楽しめるようだ。

しかしこれはレートが一番安い台で、確認した中では最大で250倍のレートの台もあった。

これを回した場合は全力でも24分しか保たない。

本当に恐ろしい世界だ。

冷静に考えると10万ドルってアメリカ人の平均年収の数年分だ。

これが24分で消えるスロットマシンを回している人は何者なんだろう。

そんなことを考えながらカジノを周っていた。

20161228010721254.jpg
20161228010653815.jpg
201612280106584ee.jpg
20161228010659e7b.jpg
201612280107008a9.jpg



色々趣向を凝らして見て面白いとも思うが、結局は全て文化的背景の無いハリボテだ。
20161228010721011.jpg
20161228010723f45.jpg
20161228010723d29.jpg
20161228010725842.jpg
201612280107326cb.jpg
20161228011814db5.jpg
20161228010735af8.jpg
20161228010732200.jpg



この見せかけだけの豪華さがアメリカという国を象徴しているかのように感じた。


今日も夕飯はビールとコンビニ飯だ。
20161228010752e95.jpg



明日は世界遺産グランドキャニオンに向かう。
今日もフィラデルフィアを周る。

朝メールを見ると、合流する予定だったワシントン事務所にいる元同期が娘さんの体調不良で来られなくなったらしい。

好きでない国アメリカを訪れた理由の一つが彼に会うことだったのに。

そういえば、タンザニアも旅の途中で出会った人と再開する目的で行ったら会えなかった。

人に会う目的で訪れた国は空振りばかりだ。


とりあえずリーディングターミナルマーケットに行く。
20161227115658aff.jpg



昼食はチーズステーキというサンドイッチだ。
20161227115728832.jpg



フィラデルフィア中で見かけたので、フィラデルフィア名物かアメリカ名物なんだろう。


市庁舎に行く。
20161227115655cdc.jpg
20161227115720cd1.jpg
201612271157127ba.jpg
2016122711572053c.jpg
20161227115720756.jpg



独立記念広場にある自由の鐘を見る。
20161227115728040.jpg
20161227115730994.jpg



事前予約していた独立記念館に行く。
201612271158146d4.jpg
20161227115806a5b.jpg



独立記念館は世界遺産かつジョジョの聖地だ。
20161227115728351.jpg
201612271157547bd.jpg
20161227115755f16.jpg
20161227115756c0d.jpg
20161227115803468.jpg



このテーブルに羽根ペンが置いてあるので独立宣言の署名をした場所だと思われる。
201612271157572dd.jpg



すると位置的にはここが、ジョジョ7部でルーシーがキリストの遺体の頭部を妊娠した場所か!
20161227115806700.jpg



書いてみて思ったがすごい文章だ。

「キリストの遺体の頭部を妊娠」このフレーズだけでぶっ飛んでいる漫画だということがよく分かる。

世界遺産142号独立記念館終わり。


この日のうちにラスベガスに移動するために、列車に乗ってフィラデルフィア空港へ。
20161227115811e2f.jpg
201612271158139f1.jpg



プライオリティパスで入れるラウンジが無いのが残念だ。

6時間かけてラスベガスへ。

広いアメリカのほぼ北東端から南西端への移動なので国内便なのにこんなに時間がかかる。


ラスベガス空港に降り立った瞬間にスロットマシンがあった。
20161227115839b39.jpg



さすがラスベガス。


預け入れ手荷物を受け取ったところで事件発生。

なんとカバンに大きな穴が空いていた。
201612271158401a9.jpg



長時間高速で擦れてできたかのような穴だ。

すぐにアメリカン航空のラウンジに駆け込んで文句を言う。

すると対応した女の職員はちょっと待ってろと言い姿を消した。

10分程で戻ってきて、このカバンを使えとキャリーバッグを持ってきた。

ふざけるな!

世界一周旅行を共に歩んできたカバンを破壊されて、得体の知れないバッグと交換して終了だと!

このカバンは非常に高価なんだ。そんなカバンとの交換では許さない。同じカバンを買って持ってこい。壊れた中身も弁償しろと伝える。

ずっと抗議していると、それはできないから新しいカバンを買ったらその代金を支払うと言われる。

そして中の荷物の損害も弁償してもらうことになった。

色んなものが壊れたが、ロカ岬の到達証明書も破壊されており、これだけはお金では戻って来ない。


ラスベガスの空港には21時前に到着したが損害補償の書類をもらった時には22時を過ぎていた。

ちなみに謝罪の言葉は一切無かった。

謝罪してもらっても何も得することは無いが、日本であればこんな時はとにかく平謝りするだろう。

なんだかアメリカらしいなと感じた。

この件で元々好きでないアメリカをより嫌いになった。

しかし、最悪の事態のような気がしていたが、冷静に考えたらロストバゲージよりはマシだ。


カバンをテープで補強して宿に向かう。
20161227115842ad8.jpg



バスを使って2ドルでダウンタウンへ。
20161227115843303.jpg
201612271158488d7.jpg



宿に到着。
20161227115847cf0.jpg



コンビニ飯を食べながらビールを飲む。
201612271158559e4.jpg



明日はラスベガスを周る。
今日はフィラデルフィアを周る。

主だった所は退職した会社のワシントン事務所にいる同期と合流して見に行くので、今日はメジャーでないところを周る。


近くの教会に行く。
201612251354273b6.jpg
20161225135429727.jpg



小さな通りを歩く。
20161225135429dd6.jpg



数少ないビールを売る店に到着。
20161225135431bf3.jpg



ペンシルバニア州の法律でビールは特定の店でしか購入できない。

しかも12本単位でしか購入できないので、12本も買わざるを得なかった。
20161225135544240.jpg



ビールを宿に置いて街を歩く。
20161225135432496.jpg
2016122513543497f.jpg
20161225135435280.jpg
20161225135437da2.jpg
20161225135438059.jpg
20161225135440494.jpg
20161225135504aa9.jpg
20161225135505462.jpg
2016122513550784a.jpg



中華街に到着。
20161225135511af4.jpg
20161225135510650.jpg



日本ラーメン屋もある。
20161225135508cf6.jpg
20161225135513912.jpg



リーディングターミナルマーケットに行く。
20161225135514121.jpg
20161225135516186.jpg
20161225135517b79.jpg
20161225135543005.jpg



このサンドイッチ屋が大人気なので買ってみる。
20161225135541fa6.jpg



宿でビールを飲みながら食べる。
20161225135546cef.jpg



これは美味い!

ビールとの相性が抜群だ。

ビールがたくさんあるので3本飲む。


昼寝してキッチンに戻るとビールが3本盗まれていた。

今まで宿で何かを盗まれたことは無かったので、アメリカ人の民度は世界中のどの国よりも低いということになる。

旅行者が気軽にビールを買えないことによる弊害か。

ペンシルバニア州の特定の店で12本単位でしかビールを買えないという意味不明な法律は絶対に見直すべきだ。


それでも6本残っているのでコンビニで買った夕食と一緒に飲む。
20161225135547241.jpg



20時には宿からも無料のビールのサービスがあるので1本追加だ。
201612251355497c5.jpg



明日もフィラデルフィアを周る。
今日はニューヨークシティを周る。


宿の周りを歩く。
20161225071625811.jpg



ニューヨークシティ中にこんなファストフードの屋台がある。
20161225071625734.jpg



朝食を購入。
20161225071625289.jpg



セントラルパークに到着。
2016122507162756d.jpg
20161225071628876.jpg



大聖堂。
201612250716309b7.jpg
20161225071634dce.jpg
20161225071631b67.jpg



大聖堂の外にこんなに大きな鳥がいた。
201612250716336ad.jpg



自由の女神を見に行く。
2016122507163685f.jpg



ものすごく遠くに自由の女神が見える。
201612250717013be.jpg



自由の女神の島に行くには大混雑のフェリーに乗る必要があるし、値段も10ドル以上した。
2016122507170003f.jpg



そのため無料で自由の女神に近づけるという方法を試す。

スタテンアイランド行きのフェリー乗り場に到着。
20161225071703c04.jpg



ここのフェリーは無料だ。

フェリーに乗る。
20161225071704510.jpg



マンハッタン島から脱出。
20161225071706693.jpg
20161225071707a2a.jpg
201612250717098f5.jpg



自由の女神が近づいてくる。
20161225071710044.jpg



微妙に遠いが無料なので文句は無い。
20161225071712c57.jpg



スタテンアイランドに着いたらすぐに折り返しのフェリーに乗る。

結構多くの人が折り返しのフェリーに乗っていた。
20161225071713576.jpg



自由の女神はさっきより遠い。
20161225071732133.jpg
201612250717344b1.jpg



世界遺産141号自由の女神終わり。


マンハッタン島に戻って来た。
20161225071735e04.jpg



かの有名なウォール・ストリートだ。
2016122507173742a.jpg



ジョジョの聖地SBRのゴール、トリニティ教会。
20161225071738d6e.jpg
2016122507174029c.jpg



地下シェルターを探したが見つからなかった。


911メモリアル。
201612250717414bf.jpg
20161225071743a78.jpg
201612250717453cc.jpg



最後にブルックリン橋に行く。
20161225071747fa5.jpg



16時には早くも暗くなる。
20161225071802da9.jpg



ニューヨークの宿が高いので、今日はこのままバスでフィラデルフィアに行く。
2016122507180362d.jpg



2時間でフィラデルフィアに到着。
20161225071805925.jpg
2016122507180687f.jpg



宿に向かう。
20161225071808ef5.jpg



独立記念館が見える。
201612250718097b8.jpg



立派な教会がある。
20161225071811fe3.jpg



宿に到着。
20161225071812e65.jpg



荷物を置いて買い物に出かける。


なぜかどの店もビールを売っていない。

後で調べて分かったことだが、ペンシルバニア州では特定の店でしかビールを売ってはいけないらしい。

図らずとも完全休館日になってしまった。


アメリカで買いたかった馬のシャンプーを購入。
201612250724289cd.jpg



元々は馬用のシャンプーとして売り出していたが売れず、このシャンプー会社の社長の娘が自分用に使っていたことから人間用に売り出したら大ヒットしたという製品だったと思う。

20年程前に世界まる見え!テレビ特捜部で放送していたのを、シャンプーが切れたタイミングでふと思い出したので是非購入したかったのだ。


明日はフィラデルフィアを周る。
今日はアメリカのニューヨークに向かう。


最近までアメリカとキューバの間にフライトは無かったが、今は国交回復したおかげでハバナからニューヨークに直接向かうことができる。

本当はオーランドに寄ってケープカナベラルの宇宙センターに行こうと思っていたが、レンタカーかタクシーでしか行けないために諦めた。


バス停でバスを待つ。
20161223062614690.jpg



到着したバスに乗る。
201612230626172f0.jpg



地図の黄ピンと青ピンのそれぞれに空港行きのP-12が止まるバス停がある。
20161223062620025.jpg



その間の距離は50m程だ。

バスは初め黄ピンに停まり、その後青ピンに停まった。

どうやら黄ピンの場所では座席に座れる分の乗客しか乗せないらしく、待っていた人の半分は乗れなかった。

青ピンの場所で待っていた人は全員乗れたが立ち乗りだ。

よって、どうしても座りたければ黄ピン、早く乗りたければ青ピンで待てば良いらしい。

バス代は1人民ペソ(5円)とタクシーの1/720の値段だった。


バスは50分で空港最寄りのバス停に到着。
20161223062617768.jpg



ニューヨーク行きはターミナル2発なので、バス停から歩いて8分で到着。
20161223062618be0.jpg



チェックインして荷物を預ける。

ユナイテッド航空は全ての受託手荷物に対して手数料を徴収するはずで、チケットを購入した際にもその旨が書かれていたが、何も支払わずに荷物を預けることができた。

パスポートコントロールを越える。

ここは首都の空港なのにプライオリティパスが使えるラウンジが無い。

アメリカと国交が無かったせいだろうか。

時間通りに飛行機に搭乗。
20161223062621da0.jpg



キューバに来たときのように4時間遅れなくて良かった。


定時にニューアーク空港に到着。

入国審査は滞在の目的と日数を聞かれただけだった。

65ヶ国目アメリカに到着だ。

それにしても寒い。

真夏のような暑さのキューバから真冬のアメリカ北部に来たからそのギャップが辛い。

ニューアーク空港からは列車を使えば13ドルでニューヨークシティのあるマンハッタン島に行ける。
20161223062623908.jpg



アメリカにしては安い気がする。


ニューヨークペンシルバニア駅に到着。

遠くに見えるのは何か聞いたことのあるエンパイアステートビルだ。
20161223062625891.jpg



すぐには宿に向かわずにブロードウェイを歩く。
201612230626271fe.jpg
2016122306262822e.jpg
20161223062657ecd.jpg
2016122306265969d.jpg



好きでない国アメリカの大嫌いなビル群の中なのに妙にテンションが上がってくる。


ここは世界の果てまでイッテQ!で出川が自由の女神は白色じゃないと気づいた土産物屋じゃないか!
20161223062700178.jpg



意外な名所の発見に非常に楽しくなる。

ニューヨークシティなんか嫌いだと思っていたけど楽しいじゃないか。

ブロードウェイを進むと見たことにある景色に出会う。
20161223062701d8a.jpg
20161223062703d01.jpg
20161223062704a63.jpg
20161223062707e0b.jpg



タイムズスクエアに到着。
201612230627092d4.jpg
201612230627084d9.jpg
20161223062710c16.jpg
201612230627263a9.jpg
2016122306272795f.jpg
201612230627298f9.jpg
201612230627314fd.jpg
20161223062732587.jpg



世界の流行の中心とかそんな雰囲気の言葉があったと思う。


満足したので地下鉄に乗って宿に向かう。
20161223062733461.jpg



宿はドミトリーで45ドルもするがニューヨークは地価が高いから仕方がないだろう。

それでもスイスよりはマシだが。
20161223062735500.jpg



夕食は720mlのビール2本と、チキンのサンドイッチだ。
201612230627378e1.jpg



このサンドイッチが思いの外美味しい。

キューバで食べた如何なるものともレベルの違いを感じる味だった。

作りたてとは言え、その辺の売店で買った普通のサンドイッチだったのでびっくりだ。

ビールとの相性も抜群だった。


明日はニューヨークシティを周る。
本当は今日はビニャーレス渓谷行きのツアーに参加するつもりだったが申し込めなかったため、今日もハバナを周る。


主な観光地は昨日周ってしまっていたのでどうしようかと考えていたところ、キューバは葉巻で有名だということを思い出す。

退職した時の職場の上司達がタバコを好きだったので、お土産に買いに行こうと思い立つ。


葉巻工場に向かう。

中華街を通るが、門以外は中華街らしさが見られなかった。
201612212207362e4.jpg
20161221220735510.jpg
201612212207379eb.jpg
201612212207384e6.jpg
20161221220740c1c.jpg
201612212207418f1.jpg



葉巻工場に到着。
20161221220759a6e.jpg
20161221220801f68.jpg



ここでは葉巻を買えないようで、葉巻を買うには旧工場に行く必要がある。

工場見学は可能だが事前予約が必要らしい。


ローカルな通りを歩く。
2016122122080391b.jpg



おばちゃんが葉巻を売っているのを発見!
2016122122080378b.jpg



キューバの庶民が吸う葉巻で1本2人民ペソ(10円)だ。

とりあえず3本だけ買ってみる。
20161221220808703.jpg



これにて元上司へのお土産購入完了!ということにしようかとも思ったが、退職に関して迷惑をかけた上司へのお土産が10円というのも気が引ける。

高級葉巻を買うために旧工場に向かう。


途中で唐揚げらしきものを発見。

1袋5人民ペソ(25円)だ。
20161221220806924.jpg
201612212208057a2.jpg



食べてみると、鳥の皮を揚げたものだった。

ビール片手であれば良かったが、少しの水しか持っていないので非常に油っこい。

半分しか食べることができなかった。


旧工場に到着。
201612212208099cf.jpg



宿のすぐ近くだった。


1本5.8CUC(700円)の高級葉巻を購入!
201612212208117c2.jpg



さっきの庶民葉巻の70倍もの値段で、平均的なキューバ人の10日分の収入に相当する。

庶民葉巻と比べると香りが全然違うことがタバコを吸わない自分でも分かる。

これは良い土産になった。


行列ができているフライドライス屋を見つけたので買って帰る。
20161221220812a6a.jpg



値段は同じ2CUCだが昨日のフライドライスの方が美味しかった。
20161221220911efa.jpg



とりあえずハバナですることは終わったので、iPhoneの写真を整理する。

半年以上の旅行で容量が限界に達していたのだ。

恐らく残り40日程度で帰国するのでそれまでもたせないといけない。

3時間程度整理してなんとか容量を確保した。


レストランに行く。
2016122122091018d.jpg



評判のポークステーキは無い、ビールは無いで期待外れだった。
2016122122090950f.jpg



夜の海岸沿いを歩く。
201612212209112cb.jpg
20161221220913a75.jpg
20161221220914c2b.jpg
20161221220916e4d.jpg
20161221220917a2a.jpg



世界遺産140号オールド・ハバナとその要塞群終わり。


ビールを買って帰る。
201612212209197b1.jpg



このビールは2本ともキューバ産ではなかった。


明日はニューヨークに向かう。
今日は世界遺産となっている街ハバナを周る。


宿は9階なので、朝起きると窓の外に良い景色が広がっていた。
2016122122022385c.jpg



街を歩く。
20161221220225df5.jpg
2016122122022582c.jpg
2016122122023375f.jpg
20161221220235b0d.jpg



クラシックカーが街中を走っている。
201612212202273b8.jpg
20161221220229137.jpg
2016122122023079d.jpg
20161221220231cea.jpg
2016122122023624e.jpg
20161221220258804.jpg



自分は車に全く興味が無いが、クラシックカーが走っているのを見るのは楽しかった。

インターネットを使えないことと言い、クラシックカーが街中を走ってることと言い、数十年前にタイムスリップをしたような国だと感じる。


オビスポ通りを歩く。
201612212203001a1.jpg



チェ・ゲバラのTシャツを発見。
2016122122030192b.jpg



ハバナでは街中でチェ・ゲバラを見かける。


教会や要塞を見て周る。
2016122122030332a.jpg
2016122122030455b.jpg
201612212203061df.jpg
201612212203074b8.jpg
20161221220309650.jpg
2016122122031184a.jpg
201612212203120f7.jpg
20161221220342d3c.jpg
201612212203438c1.jpg
201612212203428ff.jpg
20161221220345c7a.jpg
2016122122034693a.jpg
20161221220348930.jpg
2016122122034948d.jpg
20161221220351cf2.jpg
20161221220352e74.jpg
2016122122035408e.jpg
201612212204116e3.jpg
20161221220413056.jpg



ユネスコマーク発見。
20161221220414604.jpg



海沿いを進んで行く。
20161221220416428.jpg
201612212204173da.jpg
201612212204190f8.jpg
201612212204227a2.jpg
20161221220422486.jpg
2016122122042463f.jpg
20161221220425e00.jpg



お金はATMから引き出したCUCしか持っていなかったので、5CUCだけマーケットの両替所で人民ペソに両替する。
20161221220452ac0.jpg
20161221220454d4c.jpg
2016122122045673f.jpg



ビールとフライドライスを買って宿に戻る。
20161221220458647.jpg



街歩き再開。

売店で持っていた人民ペソをチェ・ゲバラの肖像画が載っている人民ペソに替えてもらった。
20161221220459aae.jpg



革命広場に行こうと思い観光客用のタクシーに値段を聞くと15CUC(1,800円)とふざけた値段を言われる。

革命広場までは4km程度なので歩いて向かうことにする。
2016122122050012c.jpg
2016122122050307b.jpg
20161221220503bfb.jpg
20161221220504cbe.jpg



革命広場に到着。
20161221220506ba9.jpg
2016122122064998e.jpg
20161221220651636.jpg
20161221220651894.jpg



夜になると革命広場のチェ・ゲバラが光るらしいので日が暮れるのを待つ。
201612212206531d6.jpg
20161221220654c33.jpg
20161221220656f11.jpg
20161221220658257.jpg



歩いて戻る。
201612212206594c6.jpg



歩いていると乗り合いタクシーが通りかかる。
20161221220702395.jpg



乗り合いタクシーであれば値段を聞かずに乗れば10人民ペソ(50円)らしいと聞いていたので乗ってみる。

念願のクラシックカーに乗れたが暗くて内装が分からない。
20161221220700a4e.jpg



カピトリオ前に着いたので20人民ペソ札を支払ったら10人民ペソ返ってきた。
201612212207287d4.jpg



観光客用のタクシーとの差が大きすぎる。

キューバ人の平均月収は15〜20CUCらしいが、観光客相手のタクシーは一瞬でこの金額を稼いでしまう。

観光客相手の商売をするか否かで貧富の差がものすごくあるらしい。


レストランに行く。
201612212207305ce.jpg
20161221220731d27.jpg



ビールを買って宿に戻る。
20161221220732acb.jpg



明日もハバナを周る。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。