陸路と海路の世界一周 世界遺産巡り

世界遺産を巡りつつ世界一周するブログ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ←世界一周ブログランキングに登録してみたので気が向いたらクリックして下さい
にほんブログ村
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日はヴェネチアに向かう。

ボローニャからヴェネチアまでの列車は高速鉄道なら44ユーロだが、普通列車なら15ユーロだ。

時間は30分しか変わらないので当然普通列車を使う。


ボローニャ駅から列車に乗る。
20160831033346f63.jpeg
201608310333559cd.jpeg



列車に乗って1時間ほどで改札が周ってくる。

チケットを渡すと罰金を払えと訳の分からないことを言ってくる。

意味が分からないので抗議をすると、どうやら列車に乗る前にチケットに刻印をする必要があったらしい。

そういえば今まではチケットに刻印をしていたのを今回はしなかった。

フィレンツェでボローニャ行きの列車に乗る時に刻印する機械が反応しなかったので、刻印いらないのかと思い意識から抜けていたのだ。

後で調べたところ座席指定の場合は刻印不要らしいので機械も反応しなかったのかもしれない。

罰金はなんと30ユーロ。

刻印が必要だというルールを明記しないのはおかしいと抗議をするものの聞き入れられず。

仕方が無いので罰金を払った。

高速鉄道でヴェネチアに行ったのと同じ金額を使ったことになる。

どうやらイタリア鉄道の罰金被害者は多いらしく、調べると色んな情報が出てくる。

罰金は50ユーロと多くの情報で記載されているが、30ユーロだった自分はまだマシな方なんだろう。

それにこの罰金はイタリア鉄道会社の重要な資金源らしいので、このシステムを明記することも無いんだろう。

何も知らない観光客からぼったくって、自国民の乗車賃を下げることができるので結構合理的なシステムであるような気もする。


列車は海を渡る。
201608310424192a0.jpeg



ヴェネチアに到着。
20160831033412c9b.jpeg
201608310336264f9.jpeg
2016083103335403a.jpeg



水路だらけの街で、ホテルに向かう途中も歩くのが楽しい。
20160831033621863.jpeg
20160831033619cd8.jpeg
20160831033732a77.jpeg
2016083103373127b.jpeg



ホテルに到着。
2016083103372611b.jpeg
20160831033711937.jpeg



ボロいが久々まともなホテルだ。

今までは普通のマンションの一室を宿に改造したようなところばかりだった。


昼食を食べるためにヴェネチアを歩く。

建物と水路とで入り組んでいて迷路のようだ。
2016083103373775d.jpeg
20160831033819f4a.jpeg
2016083103382583d.jpeg
20160831033825f7f.jpeg
20160831033840d07.jpeg
201608310338407c0.jpeg
20160831033927256.jpeg



ヴェネチアは物価が非常に高くレストランにはできるだけ入りたくないので、評判の良いパスタのテイクアウト専門店に行く。
20160831033942ec2.jpeg



二人並んでいたが、翌日行ったときは大行列だったので運が良かった。


海鮮トマトソースのパスタを買った。

スーパーで買ったビールと一緒にホテルでパスタを食べる。
20160831033931ad1.jpeg



ソースは美味しいが麺がイマイチだった。


お腹が膨れたしヴェネチアを周ることにする。
20160831033936a0c.jpeg
20160831034020d3c.jpeg
201608310339487a4.jpeg
201608310340309fd.jpeg
201608310340365d0.jpeg
20160831034038fa0.jpeg
20160831034040bdf.jpeg
20160831034138be5.jpeg
20160831034147c72.jpeg
20160831034152051.jpeg
20160831034203c4c.jpeg
20160831034156fbf.jpeg



サンマルコ広場に到着。
201608310343103ba.jpeg



サンマルコ広場周辺の施設は入場料が高いので外観だけ見て満足する。
20160831034255562.jpeg
20160831034312aed.jpeg
2016083103432079d.jpeg
201608310343574df.jpeg
20160831034357ed5.jpeg
201608310344038e0.jpeg
201608310344067f7.jpeg



サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会が見える。
20160831034407278.jpeg



海の上に浮かんでいるかのような教会で、ジョジョの舞台にもなっている。

高3の冬に受験勉強と称して図書館でジョジョを読んで以来ずっと訪れたかった場所だ。


サン・ジョルジョ・マッジョーレ島に渡るために船に乗る。
20160831034445285.jpeg
20160831034446681.jpeg



この船はヴェネチアでバスのような役割だが非常に高い。

最安の75分チケットで7.5ユーロもするので、その時間内に島に渡って帰ってこなければならない。


船が出発。
201608310344577cd.jpeg
201608310344570a6.jpeg



教会が近づく。
20160831034501d0a.jpeg
20160831034536305.jpeg
20160831034557c06.jpeg



島に上陸。
2016083103454911c.jpeg



出発してから4分で到着だ。


本島が見える。
2016083103454751f.jpeg
201608310345495d9.jpeg



教会に入る。
20160831034639592.jpeg
20160831034658896.jpeg



巨大な手のオブジェがある。
201608310346384a8.jpeg



手は文字で構成されていて日本の文字が入っていたので、まさかジョジョ由来か!?と思ったが、全く関係が無く「世界を一つに」とかそんな感じのテーマらしい。
201608310346543ce.jpeg



教会内部を周る。
20160831034651a75.jpeg
201608310348140cb.jpeg
20160831034816dfa.jpeg
20160831034813e36.jpeg



鐘楼に登るためのエレベーターに乗る。
2016083103481434f.jpeg



このエレベーターが重要なジョジョの舞台なので、乗るだけでワクワクしてくる。
201608310348064ed.jpeg
2016083103485725f.jpeg



冷静に考えると普通のエレベーターだ。


頂上に到着。
201608310349062e6.jpeg



ヴェネチアを見渡す。
201608310349032f9.jpeg
2016083103490964f.jpeg



降りて島を周る。
201608310349146cc.jpeg
201608310350546d7.jpeg
20160831035059330.jpeg
201608310356190d1.jpeg



ヒロシ・スギモトなる人の名前が書いてあるので行ってみる。
20160831035254dc7.jpeg



和をモチーフにした庭園のようだが、自分にはよく分からない。
20160831035620eb8.jpeg
20160831035051af5.jpeg



どうせならヒロヒコ・アラキ(ジョジョの作者)にしたら良いのに!


75分があっという間に近づいてきたので船に乗って帰る。
2016083103562066e.jpeg
201608310356178c3.jpeg
20160831035612397.jpeg



この島は遠目に見た方が格好良いな。


有名な教会を見るために街を周る。
20160831035659f29.jpeg
201608310357110ef.jpeg
20160831035714a6e.jpeg
201608310357172ea.jpeg
2016083103571856a.jpeg
20160831035812e03.jpeg
20160831035818ea1.jpeg
201608310358533ea.jpeg
20160831040108967.jpeg



ジョジョという名のカフェを発見!
20160831035853b34.jpeg

ちゃんとイタリアが舞台の5部に合わせてjojoでなくgiogioだ。

さすがヴェネチア、よく分かってる!


大体有名どころを周ってしまった。

ヴェネチアは広くないので一日の観光で十分のようだ。

明日もヴェネチアにいるが、どうしようか。


夕食にレストランに行く。
20160831040124da5.jpeg
2016083104005237e.jpeg



ヴェネチア名物のネーロ(イカスミ)のスパゲティを注文。
20160831040337df7.jpeg



ヴェネチア価格なので14ユーロもした。

味は美味しかったが、値段が高いとハードルが上がるので満足度は高くは無いな。


スーパーで買ったビールを飲む。
201608310401308e8.jpeg



ヴェネチアではスーパーだけは普通の価格なので重宝する。

明日もヴェネチアを周る。
スポンサーサイト
今日はサンマリノとボローニャに行く。

まずは世界で3番目に小さな国サンマリノに行く。

フィレンツェからサンマリノに行くためにはボローニャ、リミニと電車で乗り継ぎ、リミニからバスに乗り換える必要がある。


フィレンツェ駅から高速鉄道に乗る。
20160829163202cb8.jpeg
2016082916314978a.jpeg



ちょうど良い時間の列車が高速鉄道しか無かったから乗ったが、30分の距離に25ユーロと高額だ。


ボローニャに到着。

ここで荷物を預けて、リミニ行きの列車に乗る。
2016082916312185f.jpeg



リミニ駅到着。
20160829163205d91.jpeg



駅前のサンマリノ行きのバス乗り場に行く。
201608291631599d5.jpeg



チケットはスタッフがここで売っているが、バスで運転手に直接お金を払っても良いようだ。
2016082916331741e.jpeg



バスに乗ってウトウトしていたらいつの間にか24ヶ国目サンマリノに到着。
2016082916333146c.jpeg



首都のサンマリノ市はティターノ山の上にある。
20160829163301664.jpeg



バス停でなぜかマジンガーZ発見。
20160829163557584.jpeg



バス停は山の中腹なので登っていく必要がある。
20160829163329e4e.jpeg



ユネスコマークを発見。
20160829163714f8a.jpeg



歩いて山を登っていく。
20160829163720807.jpeg
20160829163728d38.jpeg
20160829163729092.jpeg
2016082916373944b.jpeg
20160829163836ede.jpeg
20160829163914e3e.jpeg
20160829163919b25.jpeg
201608291639155af.jpeg
20160829163913910.jpeg



インフォメーションでパスポートに入国スタンプをもらった。
20160829164004b67.jpeg



サンマリノはシェンゲン協定圏内なのでスタンプを押す必要は無いが、5ユーロ払うと記念にビザとスタンプを押してもらえる。

サンマリノに来た最大の理由はこのスタンプをもらうためだ。

ちなみに左のページのはマケドニアの出国スタンプだが、シェンゲン圏とデザインが同じなので面白みが無い。


教会に行ってみる。
20160829164054f63.jpeg
2016082916402032e.jpeg



第一の要塞に到着。
201608291640397ed.jpeg



サンマリノには第一〜三までの要塞がある。


要塞の中には変なオブジェがある。
20160829164045f54.jpeg
20160829164243531.jpeg



要塞を登る。
20160829164231f43.jpeg
20160829164158463.jpeg
20160829164211188.jpeg



頂上からサンマリノを見渡す。
20160829164228147.jpeg



どこまでがサンマリノとイタリアの境界は分からない。


第二の要塞が見える。
201608291643212c0.jpeg



第二の要塞に向かう。
2016082916440936e.jpeg



第二の要塞に到着。
20160829164350efe.jpeg



インフォメーションでもらったパンフレットには第一の要塞と第二の要塞との共通チケットで4.5ユーロと書いてあったので来てみたが、実際は共通ではなくそれぞれ4.5ユーロのチケットを買う必要があるらしい。

そのため第二の要塞に入るのを止めた。

入口で引き返す人が多かったので同じ考えだったんだろう。


山を降りる。
201608291644096cb.jpeg



カフェでサンマリノ産のビールを売っていたので買ってみる。
20160829164353298.jpeg
201608291645100bc.jpeg



値段は何と500mlで9ユーロ!

この旅行で断トツで高い。

コーカサス地方や東欧では2リットルで200円相当だったので、大体20倍の値段だ。

人生で一番高いビールのような気がする。

なお、味は普通だった。

ビールは同一メーカーで色んな種類があった。
20160829164524df5.jpeg



山を降りると謎のロボットが。
20160829164539e4a.jpeg



この車はみんなが写真を撮っていた。
201608291644579c4.jpeg



帰りのバスに乗る。
201608291645366b3.jpeg



帰りのバスから第一の要塞を見上げる。
201608291647046da.jpeg



山の上にいたことを実感する。


サンマリノとイタリアの国境は橋に書いてあった。
20160829164649bc7.jpeg



世界遺産54号サンマリノの歴史地区とティターニ山終わり。

リミニに到着。
20160829164642884.jpeg



列車でボローニャに戻る。


ボローニャ駅に到着。
20160829164658945.jpeg



宿は久々のシングルだ。
20160829164642b4e.jpeg



ボローニャの街を歩く。
2016082916484131b.jpeg
20160829164841764.jpeg



ボローニャはこのような柱の建物が多いのが特徴的だ。
2016082916482057c.jpeg
20160829164825ba4.jpeg



マッジョーレ広場に到着。
2016082916484497e.jpeg
201608291650048ab.jpeg
20160829165051e83.jpeg
20160829165106b35.jpeg



この広場のシンボルのネプチューン像が改修中で見られなくて残念だった。


街を歩いて教会巡り。
2016082916500836e.jpeg
201608291651522ed.jpeg
201608291719204c0.jpeg
20160829171932417.jpeg
20160829171934c26.jpeg
201608291719414c7.jpeg



教会はよっぽど入りたい場所で無い限り入場無料の場所しか入らない。


ボローニャの斜塔に到着。
201608291719476d7.jpeg
2016082917212055a.jpeg
20160829172305d44.jpeg



二本とも傾いている。


高い方の斜塔は登ることができる。
2016082917214293f.jpeg



長い階段を登り頂上に到着。
2016082917212636a.jpeg



特に斜めであるような感じはしない。

ボローニャを見渡す。
20160829172102a07.jpeg



低い方の斜塔が下に見える。
201608291721338ab.jpeg



街を歩いていると漫画専門店を発見。
20160829172309d71.jpeg



ジョジョ発見!
201608291723244d9.jpeg



5部はイタリア語だから作中であえてGIOGIOとしていたのに、本場イタリアではJOJOなんだ。

と思ったらジョジョリオンはgogolionだった。
201608291722332f1.jpeg



カフェで夕食にする。
201608291722441f3.jpeg
201608291724082f3.jpeg



日替りパスタを注文するとラザーニアと言われた。

ラザニアってパスタの一種だったんだ。
20160829172412edb.jpeg



ラザニアが美味しかったので店のオーナーにディモールト ボーノと言ったら通じた。

ディモールト=とても、ボーノ=美味しいのはずだ

ディモールトはジョジョで、ボーノはぐるナイで覚えたイタリア語だ。


明日はヴェネチアに向かう。
今日もフィレンツェを周る。


まずはドゥオーモ広場の残りの施設を周る。
20160828042056169.jpeg



まずは一番並ぶクーポラへ。
201608280421042f2.jpeg



行った時はクーポラが何か知らなかったが、この建物の屋根の上らしい。


開館時間は8時半なのに間違えて8時に行ったところ、既に多勢並んでいた。
20160828042116f86.jpeg



8時半には後ろが見えなくなる程並んでいたので時間を間違えて良かった。
201608280420560a7.jpeg



大聖堂の中に入ってから階段を登る。
20160828042100bd5.jpeg
20160828042204011.jpeg



大聖堂が下に見える。
201608280421599b6.jpeg
20160828042156d5b.jpeg



天井が近い。
20160828042213304.jpeg



屋根の上の到着。
2016082804230044e.jpeg
201608280423028d1.jpeg



眺めが良い。
20160828042245457.jpeg
20160828042256d97.jpeg



左下にジョットが見えるが、次はこれに登る。
20160828042213654.jpeg



階段を降りてまた大聖堂を通って外に出る。
20160828042302209.jpeg



次はジョットに登る。
20160828042334119.jpeg



階段を登って中間地点へ。
201608280423491ed.jpeg
201608280423586d4.jpeg



クーポラが見える。
201608280423555fa.jpeg



ドーム状の屋根の上に小さく人が見えるので、さっきまであんな場所にいたんだと感動する。


ジョットの頂上に到着。
201608280423491cb.jpeg



クーポラの方が高い。
20160828042439055.jpeg



こちらも街を見渡せる。
20160828042433456.jpeg



残りは大聖堂だが、開館時間まで時間があるのでサン・マルコ美術館に行く。
20160828042420d03.jpeg
2016082804242544b.jpeg
20160828042440c3d.jpeg
20160828042516a3e.jpeg
2016082804250963e.jpeg
20160828042512e03.jpeg
2016082804252195a.jpeg
20160828042521aec.jpeg
20160828042546ff4.jpeg
2016082804255132a.jpeg
201608280425527f5.jpeg
20160828042603eb6.jpeg
2016082804260406e.jpeg



大聖堂に入る。
2016082804265338b.jpeg
20160828042643f9a.jpeg
20160828042640bc7.jpeg



さっきよりも天井が遠い。
20160828042644a24.jpeg



地下に入る。
20160828042629a01.jpeg
20160828042729b1e.jpeg



ドゥオーモ広場を制覇したので、昼食に屋台でモツのトマト煮を買う。
20160828042724440.jpeg



ウフィツィ美術館に行く。
20160828042740a79.jpeg
20160828042735a5a.jpeg
2016082804275941a.jpeg
20160828042806b79.jpeg
2016082804281574e.jpeg
20160828042823e38.jpeg
201608280428333f6.jpeg
20160828042912018.jpeg
201608280429273c9.jpeg
2016082804293025d.jpeg
20160828042931030.jpeg
2016082804293383a.jpeg
201608280430077d8.jpeg



教科書で見たことのある絵もいくつかある。
201608280430079b7.jpeg
20160828043020c3a.jpeg



ものすごく嫌そうな顔をしているキリストだ。
20160828043138438.jpeg



この受胎告知は右下から見るように描かれているそうだ。
2016082804323695c.jpeg



右下から見てもよく分からなかったけど。
20160828043232933.jpeg



いくつか良かった絵を載せる。
201608280430216b6.jpeg
20160828043029c34.jpeg
20160828043128ee8.jpeg
201608280431308eb.jpeg
20160828043140165.jpeg
20160828043142fa2.jpeg
20160828043228be9.jpeg
201608280432354b8.jpeg
201608280432388ee.jpeg
20160828043301e2c.jpeg
20160828043309afd.jpeg
2016082804330951a.jpeg
20160828043327855.jpeg



ヴェッキオ橋に行く。
20160828043307d82.jpeg



橋の上は貴金属店ばかりだ。
20160828043401568.jpeg



ミケランジェロ広場を目指して登っていく。
20160828043415e11.jpeg
201608280434223df.jpeg



ミケランジェロ広場に到着。
20160828043453e3d.jpeg



ここも眺めが良いことで有名だ。
201608280434205bd.jpeg
20160828043420068.jpeg



世界遺産53号フィレンツェ歴史地区終わり。

夕食にパニーニの有名店に買いに行く。
20160828043446a1c.jpeg



ホテルでビールを飲みながらパニーニを食べる。
2016082804345332f.jpeg



5ユーロでかなりのボリュームだ。


明日はサンマリノとボローニャに行く。
今日はフィレンツェへ向かう。

ローマからフィレンツェも鉄道だと44ユーロのところがバスだと9.5ユーロだったので当然バスを使う。
20160828041119f39.jpeg



アプリを使えばチケットを買わなくて良いし、バスに乗るときにスマホの画面を見せるだけで良いので楽だ。

ローマを出て3時間半でフィレンツェに到着。
20160828041133796.jpeg



とりあえず宿に向かうが、珍しく看板が出ていた。
20160828041132bd1.jpeg



フィレンツェを周る。
201608280411260f8.jpeg
20160828041217ff7.jpeg
20160828041141706.jpeg
20160828041223263.jpeg
201608280412253ba.jpeg



土産物の屋台がたくさんある。
20160828041219563.jpeg



昼食に屋台でフィレンツェ名物のモツ煮のパニーニを買う。
20160828041234c64.jpeg



有名な教会を周るが、フィレンツェではどこも有料なので中には入らない。
20160828043915cc7.jpeg
20160828043924fd0.jpeg



ブランド品の店が集合している通りに出た。
20160828043904917.jpeg



OTTINOという王室御用達のブランド店に行く。
20160828043914606.jpeg
201608280439186b1.jpeg



133ユーロで財布を買う。
20160828041330094.jpeg
20160828041349e1e.jpeg



この旅行で初めてまともなお土産を買った。


ドゥオーモ広場に行く。
201608280413417e8.jpeg



この広場の施設5箇所に入れる共通チケット15ユーロを買う。

かなりの人数が並んでいるため、閉館時間までに今日入れるのは美術館と洗礼堂だけだ。

残りは明日入ろう。

まずは美術館。
20160828041343587.jpeg
2016082804142555e.jpeg
201608280413420a0.jpeg
20160828041417c34.jpeg
20160828041418031.jpeg
20160828041422d9b.jpeg
20160828041508ecf.jpeg
2016082804151009b.jpeg



このキリストは生意気そうな顔をしている。
20160828041416a14.jpeg



次に洗礼堂。
20160828041521430.jpeg
20160828041519793.jpeg
20160828041517228.jpeg



街を歩く。
201608280415596dc.jpeg
201608280416022aa.jpeg
20160828041622e5f.jpeg
20160828041626d3e.jpeg



ようやくユネスコマークを発見。
20160828041609f04.jpeg



観光しつつ夕食を食べる店を探してさまようが中々見つからない。
20160828041714683.jpeg
2016082804172116b.jpeg
20160828041719686.jpeg
20160828041723d99.jpeg
20160828041725106.jpeg
2016082804180821f.jpeg
20160828041755e78.jpeg
20160828041752c28.jpeg
2016082804175423c.jpeg



ネットで調べて評判の店を周るがバカンスで休みの所ばかりだ。

人気のある店は余裕があるので長い休みを取るのか。


やっとレストランに入れた。
20160828041753824.jpeg
201608280419070f6.jpeg



海老のリゾットと白ワインを注文。
20160828041923e28.jpeg



白ワインは500mlが6ユーロと安くて美味しかったが、リゾットは14ユーロとかなり高かった。

味は良い方だったけど。


日の暮れたフィレンツェを歩く。
20160828041837561.jpeg
2016082804190332f.jpeg
20160828041842595.jpeg
20160828041955861.jpeg
20160828041956c9e.jpeg
201608280420106e9.jpeg
2016082804201790b.jpeg



今日もホテルでビールだ。
201608280420006fd.jpeg



明日もフィレンツェを周る。
今日もローマを周る。


まずはバチカン市国へ。

入国のセキュリティチェックで長蛇の列。
2016082613560169c.jpeg



22ヶ国目バチカン市国に入国。

サン・ピエトロ広場はすごい人だかりだ。
201608261356027f1.jpeg
20160826135619aa9.jpeg
20160826135621091.jpeg
201608261356217ab.jpeg



サン・ピエトロ大聖堂前で行事をするみたいで中に入ることはできなかった。

偉い人がエスペラントで演説をしているようだった。


バチカン側からイタリアを見る。
20160826135624374.jpeg



この柵が国境だ。


イタリア側からのバチカン。
201608261356243de.jpeg



当然ながら全然他国って感じはしない。

世界遺産51号バチカン市国終わり。


スペイン広場に到着。

ローマの休日で有名な階段だ。
20160826135646363.jpeg
201608261356489e4.jpeg



修復中で中に入ることはできない。

ローマの休日を見たこと無いのに知っているので、非常に有名なシーンの場所なんだろう。


マルタ騎士団の大使館に到着。
20160826135651f27.jpeg
20160826135648961.jpeg



マルタ騎士団の国旗が掲げられている。

マルタ騎士団は領土を持たない国で先日訪れたマルタ共和国とは別物だ。

マルタ騎士団は元々は領土を持った国だったが、歴史的に領土が無くなってしまったらしい。

イタリアにはマルタ騎士団の建物が随所にあり、昨日訪れたマルタ騎士団の館もそのうちの一つだ。

104の国に国家として承認されていて、承認数だけでいうとコソボよりも多い。

ちなみに日本は承認していない。

世界最小面積の国はバチカンというのが一般的だが、国と認めるなら面積0の
マルタ騎士団こそが世界最小の国だと言える。

大使館の敷地に少しだけ入る。
20160826135651129.jpeg
20160826135720e8f.jpeg



ここはイタリアからは治外法権だし、これも訪れた国の数に数えてしまおう。

23ヶ国目マルタ騎士団だ。


近くにあるマルタ騎士団郵便局に行く。
2016082613572271d.jpeg



移転したらしい。

移転先に行くが閉まっている。
201608261357220ae.jpeg



8月末まで休みと書いてあった。

ここでマルタ騎士団のお土産を買えると聞いていて楽しみにしていたので残念だ。


この通りはローマの休日で有名らしいが、見たことが無いのでさっぱり分からない。
20160826135725fd2.jpeg



人通りは少なかった。


街中を歩く。
20160826135725ccd.jpeg
20160826135752e66.jpeg
201608261357533c5.jpeg



地下鉄に乗って、サン・パウロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂へ。
201608261357541ac.jpeg
20160826135755f83.jpeg
2016082613575743d.jpeg
20160826135818ee5.jpeg



中心街から離れているからか人が少なかったが、見応えのある場所だった。

世界遺産の登録件名にも他の教会とは異なりわざわざ名前が出ているので由緒正しい場所なんだろう。


近くのケバブ屋で昼食。
20160826135820d2b.jpeg
20160826135820531.jpeg



次はパンテオンに行く。
20160826135822e3e.jpeg



かなり混んでいる。
20160826135823168.jpeg
20160826135840d7f.jpeg
20160826135838d5f.jpeg



教会を周る。
201608261358402af.jpeg
20160826135843d92.jpeg
20160826135843ea2.jpeg



トレヴィの泉に到着。
20160826135859d90.jpeg
2016082613590266a.jpeg



思ったより大きかった。

この周辺はスリが多いらしく、警官が見張っていた。


次にトリトーネの泉。
20160826135901e1f.jpeg



ここはローマ時代の浴場跡らしい。
20160826135904e9f.jpeg
20160826135904c46.jpeg



テルマエロマエの聖地に来たと思っておこう。


有名どころの教会を周る。
2016082613593584b.jpeg
20160826135937277.jpeg
20160826135937662.jpeg
201608261359384fd.jpeg



世界遺産52号ローマ歴史地区終わり。

宿が夕食付きなので帰ってパスタを食べる。
20160826135940394.jpeg



今日はほとんどお金を使っていない。

交通費はローマパスで無料だし、行った観光地は全て無料だった。

昼食のケバブとビールで6ユーロ、水で1ユーロ、夜のビール2本で4ユーロと計11ユーロしか使っていない。

宿代を併せても31ユーロと、中央アジアや東欧並みにお金を使わない一日だった。

明日はフィレンツェに向かう。
今日はローマに向かう。

ナポリからローマは高速鉄道で1時間だが料金が44ユーロもする。

日本で考えると普通の料金のような気もするが、中央アジアや東欧の物価に慣れてきたので非常に高く感じる。

安くローマまで行く手段は無いかとバスの料金を調べていたところ、8時発の長距離バスのみ9.5ユーロと破格でローマまで行けることが分かった。

時間は3時間と長いものの列車の1/4以下という素晴らしい値段だ。

当然このバスに乗ることに決める。


ナポリ駅横のバスターミナルでチケットを買ってバスに乗る。
201608261351158c5.jpeg



このバス会社のアプリを入れるとチケットレスで乗れるらしいので後で入れることにする。

なんと車内ではwifiが使えるので3時間もあっという間に過ぎる。

ローマの観光情報はバスに乗っている間に調べることができた。


定刻より少し早くバスは到着。
20160826135117bb3.jpeg



宿から少し離れているので地下鉄に乗る。
20160826135117cae.jpeg



宿に向かう途中で遺跡発見。
20160826135120a3f.jpeg



話に聞いた通り遺跡だらけのようだ。


宿に到着すると、やはりここも看板は無くてホテル名が小さく書かれているだけだった。


ローマ・テルミニ駅に行く。
201608261351200bc.jpeg



ここでローマパスを買うことができる。


48時間有効のローマパスで観光地が一つ無料になり、公共交通機関が乗り放題になる。

通常は観光地にはコロッセオを選ぶらしい。


コロッセオ到着。
20160826135137a06.jpeg



チケット売り場は大行列。
201608261351396a5.jpeg



ローマパスでコロッセオを入ると、この行列をスルーできる。

ローマパスの一番の存在意義はこれらしい。


コロッセオに入る。
20160826135140d73.jpeg



とにかく大きい。
20160826135142cc8.jpeg
201608261351437fd.jpeg
20160826135203947.jpeg
201608261352061eb.jpeg
20160826135205ec7.jpeg
20160826135209074.jpeg



今まで似たような遺跡をたくさん見たが、規模が余りにも違う。


コロッセオもジョジョの聖地だったりする。

ドッピオがディアボロに変身する場所だ!
201608261352087e7.jpeg



ゴゴゴゴゴ


コロッセオを出る。
201608261352453a6.jpeg
20160826135238905.jpeg



コロッセオの隣にあるフォロ・ロマーノとパラティーノの丘へ。
201608261352407fa.jpeg
20160826135244e66.jpeg
201608261352448e2.jpeg
20160826135307365.jpeg
201608261353093a3.jpeg
201608261353099e2.jpeg
201608261353123e5.jpeg
20160826135312949.jpeg
20160826135420ed6.jpeg



ローマを歩く。
20160826135422270.jpeg
20160826135422eac.jpeg
20160826135426a78.jpeg



真実の口に到着。
20160826135425b86.jpeg



真実の口と一緒に写真を撮る人ですごく並んでいたので横から写真だけ撮った。
20160826135442dab.jpeg



知る人ぞ知る名所のマルタ騎士団の館に到着。
2016082613544754c.jpeg
20160826135443bbe.jpeg



館の中に入ることはできないが、鍵穴から中を覗くことができる。
201608261354457ec.jpeg
201608261354465fd.jpeg



中を覗くと館ではなく、サン・ピエトロ大聖堂が見える。

携帯のカメラではどうしても映らなかったが、写真の中央の光る部分にサン・ピエトロ大聖堂が浮かび上がる幻想的な光景だ。

数珠の珠に小さな穴があってそれを覗くと仏像が見える物があるが、それの大きいバージョンのようだ。

マルタ騎士団の館はローマでもかなりオススメできるスポットだ。


引き続き街を歩く。
20160826135509c4c.jpeg
20160826135511162.jpeg
201608261355156e5.jpeg
20160826135536671.jpeg



レストランに入る。
20160826135512536.jpeg



海老のクリームパスタを注文。
201608261355144ad.jpeg



街を歩いてホテルに戻る。
20160826135537f3a.jpeg
20160826135537791.jpeg
201608261355403c6.jpeg
2016082613555707f.jpeg
2016082613555932d.jpeg



ビールで一日の疲れを癒す。
20160826135559ae7.jpeg



明日もローマを周る。
今日はカプリ島とナポリを観光する。


まずは船でカプリ島に向かう。
20160824034008251.jpeg



ナポリを出航。
201608240340055d6.jpeg



カプリ島が見えてくる。
20160824034011bcd.jpeg



カプリ島もジョジョの聖地だ。

船は「2隻」あったッ!
バァアァァーァァ
20160824034009235.jpeg



ニャアニャア鳴くウミネコがいなかったのが残念だ。


カプリ島が近く。
20160824034035b5b.jpeg
20160824034045a83.jpeg



カプリ島到着。
201608240340433ca.jpeg



歩いて青の洞窟まで向かう。
20160824034041695.jpeg
20160824034109003.jpeg



海が綺麗。
201608240341185f4.jpeg



この山を越えなければならない。
20160824034112318.jpeg
2016082403411929d.jpeg
2016082403412079d.jpeg
20160824034159dd7.jpeg
20160824034203cf9.jpeg



空と海との境界が分からなくて幻想的だ。
20160824034202824.jpeg



山を越えて歩く。
20160824034206e58.jpeg
20160824034208374.jpeg



1時間歩いて青の洞窟行きのボート乗り場に到着。
2016082403424861d.jpeg
2016082403425209c.jpeg



しかしどこにもボートがいない。

どうやら今日は青の洞窟に入れないらしい。

青の洞窟は海の状況次第で入れるかどうか決まり、8月は90%の確率で入れるという情報だった。

ここでまさかの10%の入れない日を引くとは運が悪い。

こんなこともあろうかと思って、保険としてマルタで青の洞門に入っておいたから良いか。


帰りは途中までバスに乗る。

途中からはまた歩く。
20160824034249f00.jpeg
2016082403425393c.jpeg



カプリ島名物のレモンのジェラートを買う。
20160824034321241.jpeg



これが今日の昼食だ。


フェリーに乗ってナポリに帰る。
201608240342511ff.jpeg



ナポリ到着。
20160824034320485.jpeg



観光名所を周る。
2016082403432228e.jpeg
2016082403432584e.jpeg
20160824034327ce9.jpeg
2016082403440770c.jpeg
2016082403441206e.jpeg
2016082403441337d.jpeg
201608240344215b1.jpeg
20160824034413d25.jpeg
201608240344539a5.jpeg
2016082403445852b.jpeg
20160824034507e01.jpeg
20160824034510969.jpeg
201608240345079db.jpeg



地下鉄の駅が面白い。
20160824034541c1d.jpeg
20160824034551234.jpeg
2016082403454309e.jpeg
20160824034549c29.jpeg



博物館に行く。
20160824034551be0.jpeg



13ユーロとギリギリ入る気になる高さの絶妙な値段設定だ。

15ユーロなら入らなかったと思う。
20160824034608e55.jpeg
20160824034613a2b.jpeg
201608240346155f1.jpeg
20160824034617750.jpeg
20160824034618980.jpeg
20160824034646c7c.jpeg



この銅像はポンペイにもあった。
201608240346539e7.jpeg



色々面白いものが展示されている。
20160824034650588.jpeg
20160824034653ce6.jpeg
201608240347183d3.jpeg
20160824034724337.jpeg



たこ焼き器らしきものがあった。
2016082403472914b.jpeg



街を周る。
20160824034729c94.jpeg
20160824034725924.jpeg
20160824034751605.jpeg
20160824034756acb.jpeg
20160824034758ad0.jpeg
20160824034801a3f.jpeg
20160824034801d6f.jpeg



世界遺産50号ナポリ歴史地区終わり。


夕食にアーモイタリアで紹介されていたピザ屋に行く。
20160824034819218.jpeg



行列が出来ていて番号札をもらって並ぶ。

20分待って中に入ることができた。
201608240348305a1.jpeg



ピザとビールを注文。
20160824034822226.jpeg



ピザはかなりの大きさだ。


相当美味しいが昨日のパスタほどの感動は無かった。

名古屋に世界一になったナポリピザの店があってそこで良く食べていたため、慣れてしまったのが原因だろう。


明日はローマに向かう。
今日ナポリに着いたらまずは近郊の世界遺産に行く。


ナポリが見えてくる。
201608240329135cc.jpeg



ナポリに到着。
201608240329115b8.jpeg



宿に向かう。
20160824032928809.jpeg



宿には看板が無く、インターフォンに小さく宿名が書かれているだけだった。
20160824032930449.jpeg



バーリに続いて2回目だが、イタリアの安宿ではスタンダードなスタイルなのかもしれない。

スマホが無い時代には旅人はどうやってこれらの宿までたどり着いたんだろう。


ナポリ近郊の世界遺産ポンペイに行くためにナポリ中央駅に行く。
20160824032927989.jpeg



ホームはポンペイに行く人で一杯だ。
20160824033005da2.jpeg



1時間でポンペイ遺跡前の駅に到着。
2016082403295918e.jpeg



チケット売り場は長蛇の列で30分並んだ。
2016082403300340b.jpeg



ポンペイは1世紀に噴火した火山の火砕流で一瞬にして地中に埋まった都市だ。

地中に埋まっていたことから保存状態がとても良いらしい。

昔何かのテレビ番組で見てから興味を持っていた場所だ。


遺跡を歩く。
20160824033006b44.jpeg
20160824033016107.jpeg
20160824033041439.jpeg
20160824033047c42.jpeg
20160824033119eec.jpeg



謎の銅像が多くあるが、これは近年置かれたものだろう。
20160824033041825.jpeg
201608240330465c1.jpeg
2016082403304704d.jpeg



この銅像はアグリジェントにもあった。
201608240331104a8.jpeg



ポンペイで最も見たかった石膏で復元された遺体だ。
201608240331241e5.jpeg
201608240331257e3.jpeg



火砕流で生き埋めになった人の遺体は、発掘時には腐って無くなったために地中に遺体の形の空洞ができていて、そこに石膏を流し込むことで遺体を復元したものだ。

高校生時代にテレビ番組で見たときからずっと気になっていたものをようやく見ることができた。


遺跡を歩く。
20160824033125e4d.jpeg
20160824033204087.jpeg
20160824033213896.jpeg



この犬の床絵はジョジョの聖地だ!
2016082403322057d.jpeg



残念ながら鏡は無い。


遺跡は都市丸ごとなのでとても広い。
20160824033220f92.jpeg
20160824033223002.jpeg
2016082403325417b.jpeg
20160824033303e36.jpeg
201608240333030d2.jpeg
20160824033305dae.jpeg
20160824033312a18.jpeg
20160824033336795.jpeg
20160824033345524.jpeg
201608240333478ae.jpeg
20160824033350479.jpeg
201608240333518fe.jpeg
20160824033425439.jpeg
20160824033428fe3.jpeg
20160824033435a7f.jpeg
20160824033436fb1.jpeg
201608240334386e6.jpeg
201608240335152d8.jpeg



また石膏がある。
20160824033531711.jpeg



シアターの状態が他の遺跡に比べて格段に良い。
201608240335261e1.jpeg
20160824033532b2b.jpeg



まるで近年作られたかのようだ。


2,000年近く昔の絵がここまで残っているのは奇跡的だと思う。
2016082403353328f.jpeg
20160824033653201.jpeg
20160824033654190.jpeg



火砕流の保存能力はすごい。


ポンペイを埋めた火山が見える。
20160824033704aab.jpeg



最後にポンペイの秘儀荘へ。
20160824033702a92.jpeg



盗み聞きしたガイドの説明によると、最初は豪邸だったが火山が噴火した際には農耕会社として使われていたらしい。
20160824033702f4c.jpeg
20160824033748025.jpeg
20160824033758a3d.jpeg
201608240339233fa.jpeg
201608240337478da.jpeg



この石膏は歯まで復元している。
20160824033756c35.jpeg
201608240337504ab.jpeg



世界遺産49号ポンペイ終わり。


電車に乗ってナポリに帰る。
20160824033930150.jpeg



夕食にレストランに行く。

アーモイタリアで薦められている店だ。
20160824033933259.jpeg



まずは小イワシのマリネ。
20160824033935541.jpeg



これは美味しい!

白ワインによく合う。


次に海藻パンを揚げたもの。
20160824033934698.jpeg



美味しいけどこの量の揚げ物を一人で食べるのは辛い。

二人以上の時に注文したい料理だ。


そしてトマトのパスタ。
20160824034001c78.jpeg



これが非常に美味しい。

アーモイタリアには世界一美味しいパスタだと書かれていたが、本当にそうかもしれないと思うレベルだ。

ミニトマトを使っている点が決め手なんだろうか。


なお、白ワインを注文したら1リットル出てきた。

一人で全部飲んだからフラフラだ。


フラフラになりながらホテルに帰る。

明日はカプリ島とナポリを観光する。
今日はアグリジェントとパレルモを観光してからナポリに向かう。


アグリジェントの街中を歩いてバスターミナルへ。
201608230343194db.jpeg
20160823034321cf4.jpeg
2016082303432100b.jpeg
2016082303432200e.jpeg



路線バスに乗る。
201608230343416d3.jpeg



このバスのチケットは近くの売店で往復分を購入。
20160823034324bd8.jpeg



世界遺産である神殿の谷へ。
20160823034418de2.jpeg



ユネスコマーク発見。
20160823034343935.jpeg



7つの神殿が広い範囲に散らばっている。
20160823034345664.jpeg
20160823034348ad6.jpeg
20160823034419b4f.jpeg
20160823034421fa3.jpeg
201608230344590c1.jpeg
20160823034500a80.jpeg
20160823034501b21.jpeg
20160823034502de1.jpeg
201608230345032a5.jpeg
2016082303452550d.jpeg
20160823034527bed.jpeg



変なツノのヤギがいる。
2016082303452724b.jpeg



世界遺産47号アグリジェントの遺跡地域終わり。


帰りのバスがなかなか来ない。

3kmしかないので走って帰ることにする。
20160823034529024.jpeg
201608230346157f7.jpeg
20160823034648ee8.jpeg



帰りのバスチケット代を損した。


アグリジェント駅に到着。
20160823034617ce7.jpeg



駅のホームに教会がある。
2016082303461972b.jpeg



電車に乗ってパレルモへ。
20160823034719635.jpeg



パレルモ駅に到着。
20160823034753dca.jpeg
20160823034755d44.jpeg



パレルモは2015年に世界遺産に登録されたばかりらしい。

パレルモを歩く。
20160823034756ff5.jpeg
201608230347577f6.jpeg
20160823034824814.jpeg
20160823034826cf0.jpeg



サンタ・マリア・デッラ・パーチェ教会に到着。
20160823034826e2a.jpeg



この隣のカタコンベで大量のミイラが見られるらしいので入ってみる。

ミイラだらけで迫力がある。
20160823034827344.jpeg
20160823034829811.jpeg
20160823034935765.jpeg



これは世界一美しいミイラらしい。
2016082303484450e.jpeg



ここはかなり見応えがあった。

シチリアでは一番のオススメスポットだ。


歩いて有名な建物を周る。

ジーザ宮殿。
20160823034845a5d.jpeg



ノルマン王宮とパラティーナ礼拝堂。
201608230348478cb.jpeg



パレルモ大聖堂では結婚式をしていた。
201608230348483f1.jpeg
2016082303500686c.jpeg



街を歩く。
20160823035004538.jpeg
20160823035006fe7.jpeg
20160823035041d40.jpeg



サン・カタルド教会とマルトラーナ教会。
2016082303504257a.jpeg



サン・カタルド教会は入場料を取るのに小規模だった。
2016082303513267e.jpeg



マルトラーナ教会でも結婚式をしていた。
201608230351337a7.jpeg



パレルモは海鮮が有名。
201608230351336b8.jpeg



食堂前に置いてあったメニューにウニのパスタが書いてあったので入ってみる。
20160823035134385.jpeg



注文したら今日はウニのパスタは無いと言われたので、シーフードパスタを注文。
20160823035136f6d.jpeg



そんなに美味しい方ではなかった。


世界遺産48号パレルモ終わり。


船に乗ってナポリに向かう。
20160823035204284.jpeg



内部は綺麗。
20160823035206e6a.jpeg
20160823035237b78.jpeg



船が出航した。
20160823035206442.jpeg



月が綺麗だ。
20160823035209277.jpeg



部屋無しなので寝袋で寝る。
20160823035303894.jpeg



明日はナポリ近郊の世界遺産に行く。
今日はイタリアのアグリジェントに向かう。

朝起きて顔を洗っているとフランス人二人が怒鳴り合いだした。

ケンカはまだ続いているらしい。

イタリアに戻るフェリーの時間が早いので自分はすぐに退散した。


マルタからイタリアのアグリジェントに行くためには以下のルートが最短らしい。

マルタからイタリアのポッツァッロまでフェリーで移動し、ポッツァッロからジェーラまで電車で移動し、ジェーラからアグリジェントまでバスで移動だ。


まずはポッツァッロ行きのフェリーに乗る。
201608221220172db.jpeg



2時間でポッツァッロ到着。
20160822122017408.jpeg



ポッツァッロ駅に行くが電車のチケットを買う場所がない。
20160822122019df2.jpeg



駅にいたおじさんに聞いたらチケットを買える売店まで連れて行ってくれた。
201608221222481ae.jpeg
20160822122015e12.png



イタリアではこのように普通の売店で切符を買うことが多い。

知らなければ絶対に分からない場所だが、口コミで代々伝わっているんだろうか。


電車に乗る。
2016082212232563a.jpeg



車窓から絶景が見える。
201608221223274ac.jpeg



ジェーラに到着。
2016082212224616d.jpeg
20160822122249f40.jpeg
20160822122350a4d.jpeg



アグリジェント行きのバスのチケットは車内で買うらしい。
201608221224417de.jpeg



アグリジェント行きのバスはミニバスだった。

ミニバスに乗るのはコーカサス以来のような気がする。


アグリジェントに到着。
20160822122352c6b.jpeg



宿を目指すが、アグリジェントは丘に沿って街が作られているので上り坂が多い。
20160822122353e81.jpeg



宿に到着。
20160822122507959.jpeg
201608221223557c9.jpeg



マルタの宿を出てから13時間半もかかった。


宿の近場を歩く。
20160822122511a5a.jpeg
20160822122612af4.jpeg
2016082212250867a.jpeg
2016082212254883f.jpeg



宿の親父に薦められたレストランに行く。
20160822122633234.jpeg
201608221226341a6.jpeg



移動ばかりで大変だったので宿でビールを飲んですぐに寝た。
20160822122634ff5.jpeg



明日はアグリジェントとパレルモを観光してからナポリに向かう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。