陸路と海路の世界一周 世界遺産巡り

世界遺産を巡りつつ世界一周するブログ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ←世界一周ブログランキングに登録してみたので気が向いたらクリックして下さい
にほんブログ村
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ふと自分がジョジョオタクであることを思い出した

せっかくなので、今回の旅行の目的地にジョジョの舞台となった場所も加えよう

4部と8部は日本が舞台なので、その他の部の舞台をまとめてみる

<1部>
アステカの神殿(メキシコ)
ロンドン(イギリス)
ヌー川上流(チベット)

プロローグの生贄のシーンのアステカの神殿と、メインの舞台のロンドンしかなかった

チベットヌー川上流は難易度かなり高いだろうし、行っても何も無さそうだから行かないだろう

オウガーストリートはともかく、ウインドナイツ・ロットが架空の街だとは思わなかった

モデルになった街があれば行ってみたいんだけどな


<2部>
ニューヨーク(アメリカ)
メキシコシティ北西の砂漠(メキシコ)
トリトーネの泉(イタリア)
真実の口(イタリア)
ヴェネチア(イタリア)
サンモリッツ(スイス)
ヴォルガノ島 火山(イタリア)

リサリサと修行をしたエア・サプレーナ島は架空の島らしい

2部の舞台は観光地が多いし、今回のルートにも沿ってるので行ける場所が多そうだ


<3部>
タイガーバームガーデン(香港)
シンガポールの街中(シンガポール)
ケーブルカー(シンガポール)
カルカッタ(インド)
バラナシ(インド)
インドパキスタン国境
カラチ(パキスタン)
アブダビ(UAE)
ルブアルハリ砂漠(サウジアラビア)
紅海
アスワン(エジプト)
コム・オンボ(エジプト)
エドフ(エジプト)
ルクソール(エジプト)
カイロ(エジプト)

予想通り今回予定してるルートとはかなり外れてる

カルカッタとバラナシは行ったことあるが、3部の舞台とは知らなかった

この中で行くとしたらカイロぐらいか


<5部>
ネアポリス(イタリア)
カプリ島(イタリア)
ポンペイ(イタリア)
ネアポリス駅(イタリア)
アッピア街道(イタリア)
リベルタ橋(イタリア)
ヴェネチア(イタリア)
サンタ・ルチア駅前のライオン像(イタリア)
サン・ジョルジョ・マジョーレ島(イタリア)
サルディニア島 オルビア(イタリア)
サルディニア島 コスタ・ズメラルダ(イタリア)
ローマ(イタリア)
コロッセオ(イタリア)
ティベレ川(イタリア)

イタリアの観光名所がたくさんある

イタリアはかなり重点的に周るつもりなので、できれば全部行きたい

特にサン・ジョルジョ・マジョーレ島は初めてジョジョを読んだ18歳の時からずっと行きたかった場所なので絶対に行こうと思う


<6部>
マイアミ(アメリカ)
オーランド(アメリカ)
ケープ・カナベラル ケネディ・スペース・センター(アメリカ)

グリーン・ドルフィン・ストリート刑務所は、マイアミ北部にあるという設定の架空の刑務所

物語の大半が刑務所内なので、舞台はかなり限られる

6部のラストバトルの舞台ケープ・カナベラルは行ってみたい


<7部>
サンディエゴ西海岸(アメリカ)
アリゾナ砂漠(アメリカ)
モニュメントバレー(アメリカ)
グラストンベリー修道院(イギリス)
キャノンシティ(アメリカ)
カンザスシティ(アメリカ)
シカゴ(アメリカ)
ミシガン湖畔(アメリカ)
マキナック海峡(アメリカ)
マッキーノ・シティ(アメリカ)
ゲティスバーグ(アメリカ)
フィラデルフィア(アメリカ)
独立宣言広場(アメリカ)
ユニオンビーチ(アメリカ)
シー・ゲートふ頭(アメリカ)
トリニティ教会(アメリカ)

そういえば7部は馬でアメリカを横断するレースの話だった

このSBRのコースを逆走してみるのもいいかもしれない

このコースが馬で116日でゴールというのが妥当なら、文明の利器を使えば1ヶ月もかからないだろう

今までアメリカには興味がなかったが、SBRコースを逆走するって目標ができたら行きたくなってきた


以上、適当にジョジョを流し読みしてまとめた

目的地を決めるときのメモとしてこの記事を使おう

スポンサーサイト
今回の旅行のテーマの一つが世界遺産

100箇所行くのを目標にしよう

とりあえず、今までに行った世界遺産をまとめてみる

<日本>
法隆寺地域の仏教建造物(法隆寺)
古都京都の文化財(金閣、銀閣、法隆寺)
白川郷・五箇山の合掌造り集落(白川郷)
原爆ドーム
厳島神社
古都奈良の文化財(東大寺、正倉院)
琉球王国のグスク及び関連遺産群(首里城跡、園比屋武御嶽石門、玉陵、識名園)
富士山-信仰の対象と芸術の源泉

<中国>
秦始皇帝陵
マカオ歴史地区

<タイ>
スコータイの歴史上の町と関連の歴史上の町(スコータイ歴史公園)
古都アユタヤ
バーンチエン遺跡

<ラオス>
ルアン・パバンの町

<カンボジア>
アンコール遺跡

<マレーシア>
マラッカ海峡の歴史的都市群(マラッカ)

<フィリピン>
フィリピンのバロック様式教会群(サン・アグスティン教会)

<ベトナム>
フエの建造物群
ホイアンの古い町並み
ミーソン聖域
ハノイのタンロン皇城の中心区域

<インド>
アグラ城
タージ・マハール廟
ゴアの教会群と修道院群
エレファンタ石窟群
デリーのフマーユーン廟
デリーのクトゥブ・ミナールとその建造物群
ブッダガヤの大菩提寺(マハーボーディ寺院)
チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅
ラール・キラー(赤い城の建造物群(レッド・フォート))

<フランス>
パリのセーヌ河岸


今までに合計31箇所行ったらしい

最近まで世界遺産に興味がなかったから、たった10日間のインド旅行で9箇所も行ってたのが意外だ

今回の旅で100箇所行ったら、各世界遺産のオススメ度でも書こうかと思う

ちなみに、今回世界遺産をまとめるにあたって、旅行のともZenTechというサイトを利用した
各国の世界遺産に特化した地図とかあって便利
世界のともZenTech

アラサー脱サラエンジニアが世界一周をしつつ世界遺産を巡る旅程を記録していく。

旅の準備や移動の方法など、これから世界一周をする人の指針となるようなブログになればいいと思う。

とりあえず名古屋からロンドンまで、飛行機を使わずに陸路と海路のみで行く予定。

ロンドン以降の行程はその時の気分で決めよう。

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。