陸路と海路の世界一周 世界遺産巡り

世界遺産を巡りつつ世界一周するブログ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ←世界一周ブログランキングに登録してみたので気が向いたらクリックして下さい
にほんブログ村
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日はバスで3時間かけてソウルからトンへへ行き、フェリーで23時間かけてトンへからウラジオストクまで行く。

一回の移動時間としてはこの旅行の中でトップクラスのものだろう。


朝起きると腹痛だった。

これは腹を壊したというより、辛いものを食べた後に腸が過敏に活動している状態だ。

原因は昨日のダッカルビだということは容易に想像できる。

ホテルを出るまでに2回、ソウルの地下鉄で1回トイレに駆け込む。


地下鉄で20分ほどで、ソウルの高速バスターミナルに到着する。

チケットを買おうと受付に並んでいたら、自分より2人前に並んでいたおばあさんが受付の担当者に怒鳴り散らしていた。

おばあさんのせいで列が全く進まない。

言葉は分からないが、おばあさんがおかしなことを言っているというのが受付や他の客の雰囲気から分かる。

結局警備員がおばあさんをどこかに連れて行った。

日本では中々見られない光景だと思ったが、日本でも50歳前後のおっさんが駅員に怒鳴り散らしているのを何回か見たことがあるので大差無いか。


無事チケットを購入した。

財布を見ると残金は20,000ウォン(2,000円)程しかない。

トンへや船での飲食を考えると心許ないので、50,000ウォンだけ追加する。

余ったらロシアや中国で両替したらいい。

韓国ではATMによってキャッシング手数料がかかったりかからなかったりするようだ。

いくつかATMを試してみて、手数料のかからないものを選ぶ。

そういえば釜山で200,000ウォン(20,000円)をキャッシングして以来、一度も追加しなかった。

交通費、飲食代、観光地の入場料以外に使ってないエコ旅行すぎるので、今後はもっと遊ばなければ。

それでもフェリー代や電車代が高いので予算の1日1万円は少々超えている。

だが、中国から西欧に入るまでは物価が安いから簡単に巻き返せるはずだ。

なお、6/2に釜山でキャッシングしたお金は6/5に繰り上げ返済が出来るようになっていた。

キャッシング金額は18,224円で、利子が26円の合計18,250円。

200,000ウォン借りてこれは安い。

他の両替方法の手数料に当たる利子は0.14%と想定通りだが、元のキャッシング金額がなぜか安い。

1ウォン辺り0.091円だが、6/2〜4までの為替チャートを見ても、安くて0.095円だ。

チャートは残らないレートの良い瞬間があって、たまたまそこが適用されたんだろうか。

今回は得したので良かったが、これが逆だと損した気分になるだろう。


バスを待っていると、お腹が痛くなりそうな兆候が出てきた。

バスが出るまでには20分あるので、念のためトイレに行く。

トイレに入ろうとした瞬間、個室から汚水が溢れてきた。

直前に使っていた人が詰まらせたらしい。

カバンは当然キャリーバッグモードだったので、汚れてはたまらんと思い一目散に退散した。

もう一つのトイレに行くが、清掃中で使用できない。

腹痛になってる訳では無いからまあいいかと思い、トイレに行くのを諦める。


バスが来た。
2016060618525039d.jpeg



トンへまで3時間の料金が16,800ウォン(1,680円)と激安だったのでボロバスかと思っていたが普通のバスだった。


バスが出発して1時間ほど経ったところ、腹痛の兆候が大きくなってきた。

バスターミナルではともしび程度だったのが、今はボヤ程度にまで広がっている。

このままではいずれ大炎上しそうだ。

トンへまでは残り2時間以上かかるはずだ。

出来るだけ腸の活動を抑えるため、眠ってしまうことにする。


30分で腹痛で目がさめる。

まだ軽い腹痛だが、大激痛が待ってそうだ。

時間が経つと痛みは引くが、いずれ次の波も来るだろう。

残り1時間30分、なんとか腹痛を乗り越えなければならない。

腹痛を我慢している時は、痛い時と痛く無い時とが周期的に入れ替わる。

胃や腸の活動サイクルが影響してのことだろうが、この痛い時をできるだけ短くするようにマネジメントすることは可能だと思う。

まず、痛く無い時は腹痛を意識せず、日常の自分でいるべきだ。

お腹を手で押さえるのは腹痛を我慢している証拠なので、むしろ何もしない方が良い。

腹痛に悩んでいることなんか忘れてしまい、できるだけ次の痛い時が来ても気付かないようにする。

痛い時は意識をどこかに飛ばしてしまう。

何か深く考え事をすることで、痛いことを忘れてしまうのだ。

考える内容は下らなければ下らないほど良い。

自分の場合は合成ポケモンの妄想をする。

ピカチュウとシャワーズを合成してピカシャワーズになったら強いんじゃない?という感じだ。

なお、そんなシステムはポケモンには無い。

この妄想は余りにも下らないため、意識を飛ばすのには最適だと思う。

眠れない時にこの妄想をすると大抵眠れてしまう。

スマホ以外のゲームをしなくなって5年程経つが、意識を飛ばすという用途に未だに役に立つなんて、ポケモンは偉大なゲームなんだろうなと思う。


それでも痛みのピーク時には現実に引き戻される。

そうなったら耐えるしか無い。

いずれ波は引くはずなので、その瞬間を信じて待つしか無い。


30分程で腹痛が激しくなってきた。

意識を飛ばしても現実に引き戻される間隔が短くなってきている。

気づけば脂汗をかいている。

残り1時間、腹痛の波との戦いを乗り越えなければならない。

もう意識は常にどこかに飛んでいる状態だ。

意図的に朦朧としているというのが正しいか。

ふと気づくと周りの乗客が降り始めた。

バスが止まっている。

サービスエリアでの休憩だ。

助かった。

韓国の高速バスにも休憩という文化がある確信は無かったので考えないようにしていたが、実際にはあったのだ。

予定では残り50分で着くはずだが、そんなのは待っていられない。

すぐにでもトイレに駆け込みたいところだったが、バスを見失っては大変と思い写真を撮っておいた。
20160606185252930.jpeg



休憩が何分か分からないので急いでトイレにだけ行き、バスに戻った。

トイレから出た後は幸福感で一杯で、生きているということに感謝したくなってくる。


今回学んだことは、海外で長距離バスに乗る直前にはトイレに行っておくべきだということだ。

兆候がある場合は当然のこと、出なさそうでも無理やり出しておくべきだ。

結局バスはそれから1時間30分かけてトンへバスターミナルに到着した。
20160606185253d34.jpeg



ネットの情報によると、ここからフェリーターミナルへは路線バスで30分程らしい。

フェリーターミナルの位置情報を見ると5.5kmの距離だ。

歩いて行けないことは無いが、荷物を引きずって1時間歩くことを考えるとうんざりしたのでバスで行こうとする。

バス停に行ったところ、かなりの数の路線があり、その説明が全て韓国語だった。

バスが着く度に運転手にフェリーターミナルに行くか聞けば乗れないことも無いが面倒だ。

マップを見ると800m程度で駅があり、そこから電車で最寄り駅まで近づけそうなことが分かった。
201606061852556c1.jpeg



マップアプリを頼りに駅に行く。

駅のあるはずの場所に着いたが駅が見当たらない。

遠くに駅と思えなくも無い建物が建っているが、かなり周り道しなければ行けなさそうだったので心が折れる。

よってタクシーでフェリーターミナルに行くことにした。

15分かかって6,000ウォンだったので日本よりは安い。

フェリーターミナル到着。
201606061852541f1.jpeg



チケットを購入する。
20160606185320d41.jpeg



腹痛で朝食を食べていないのでお腹が空いた。

昼12時近いし昼食を食べよう思うが、トンへのターミナルにはそのような施設が無い。

釜山のターミナルには飲食店がたくさんあったが、トンへのターミナルには小さな売店が一つあるだけだ。

売店にも弁当類は売っておらず、食べ物はお菓子しかない。

その中で唯一食事と思える魚肉ソーセージとビールで昼食にすることにした。
201606061853212df.jpeg



乗船時間になった。
201606061853239a2.jpeg



ロビーは釜山行きのフェリーより少し豪華だと思う。
20160606185323c14.jpeg
20160606185324b97.jpeg



寝床はドミトリーだ。
20160606185348c2a.jpeg



運賃が20,000円以上もするのにこれはがっかりだ。


デッキに出ると風が気持ちいい。
20160606185349e96.jpeg
20160606185351b2c.jpeg



船内の通貨はウォンだが、日本のビールを買える自販機だけは、日本円だった。

この船は、鳥取からトンへ、トンへからウラジオストクを結んでいるからだ。

ここで一つのアプリを思い出した。

Google翻訳のアプリにカメラ機能があり、カメラ通して見た外国語を翻訳してくれるのだ。

日本語には対応していないが、英語とロシア語には対応している。

日本ビールの自販機に貼ってあった表記がこれだ。
201606061853502ad.jpeg



これをカメラで通して見るとこうなる。
201606061912549a0.jpeg



暗号のようなロシア語が、意味が分かるようになっている!

ロシア語の方はジャパニーズがどれなのかも分からないレベルなので、これは本当に便利だ。


暇なのでデッキに出てみると、360°一面が海だった。
20160606185417def.jpeg
201606061854186c5.jpeg



こんなに海しか無いと、この世にはこの船しか存在しないんじゃないだろうかとも思えてくる。

釜山行きのフェリーでは、瀬戸内海を通っていたので常に両岸が見えていた。


夕方になると非常にお腹が空いてきた。

1日で魚肉ソーセージ1本しか食べていないので当然だ。

夕食の時間には真っ先にレストランに行った。

ビュッフェスタイルだ。
20160606185421ff9.jpeg



あまりにもお腹が空いていたので、皿にもう一杯取ってしまう。

それで結局食べ過ぎて、苦しくなったのですぐに寝てしまった。


朝起きると4時30分だった。

ウラジオストク時間だと1時間早いので5時30分か。

時差を平均すると5時だ。

自分の朝5時に起きるという習慣が時差まで考慮しているようで恐ろしい。

デッキに出て位置情報を調べると北朝鮮がミサイルを打ち込む辺りだった。

目をこらすがミサイルらしきものは見えない。
20160606185421afc.jpeg



朝ごはんを食べる。

これもビュッフェだ。
201606061854228d9.jpeg



韓国のりも食べ納めかと思い、3パックも食べてしまった。


時間を潰していると携帯の時間がいつの間にかウラジオストク時間になっていた。

ネットには繋がらないはずなので、GPSの位置情報を基に時間を計算しているんだろう。

それにしてもウラジオストクは日本の明石よりも西にあるのに時差が1時間早いというのが違和感がある。

この季節だと20時でも明るかったりしそうだ。


デッキに出ると島が見える。
2016060618545961f.jpeg



陸地が近づいてる証拠だ。

他の船もいる。
2016060618550119a.jpeg



遠くを見ると大きな建物がいくつか雲の上まで伸びているのが見える。
201606061855025db.jpeg



まるでバベルの塔だと思い近づくのを待つ。
201606061855021c2.jpeg



近づいて正体が分かった。

大きな橋だ。
201606061855049ff.jpeg



バベルの塔に思えたのは橋の支柱だったが、一番大きな支柱は近づいても一番上が見えない。


港が見えてくる。
20160606185532304.jpeg
20160606185534a29.jpeg



この港が冬に凍ってしまうため、不凍港を欲しがったロシアは南下政策を取り、日本と衝突して日露戦争が起きたらしい。

坂の上の雲に書いてあったから間違いない。

日露戦争ではここから艦隊が日本に向けて出発したと思うと感慨深い。


ウラジオストクは緯度が札幌と同じくらいなので肌寒い。

みんな上着を着ている。
2016060618553588d.jpeg



ウラジオストク港に到着。
20160606185536ff2.jpeg



翻訳アプリを通すとこのように見える。
20160606191256911.jpeg



ロシア語だとバアァーンボクトクとしか読めないが、英語ならウラジオストクだ。

これで2カ国目のロシアに入国する。



スポンサーサイト
ソウルには近郊も含めると4つの世界遺産がある。

ただ、そのうちソウル近郊にある南漢山城は交通手段的に難易度が高いのと、人気がいまいちなので行かないことにする。

今日は残り3つの世界遺産を巡る。


最初はソウル近郊の街、水原にある水原華城に行く。

ソウル駅から水原駅まではITXで30分だ。
201606051150097c1.jpeg



切符がレシート状で無いので少し安心感がある。
20160605115006889.jpeg



水原駅に到着。

20160605115006a8c.jpeg



ネットではここからバスやタクシーで行くと書いてあったが、距離を調べると約2kmだった。

虚弱しかいないのかよと2日前と同じ思考で歩いて行くことにする。


途中で酷い登り坂に合う。
20160605115007022.jpeg



どうやら水原華城は山の上にあるようだ。

韓国に来てから毎日山を登っている。

汗まみれになりながら入口らしき場所に到着する。
2016060511500822a.jpeg



中に入るとユネスコマークがあった。
20160605115158a7c.jpeg




案内板を見て分かったことは、水原華城は城と言うよりこの地域一帯を囲む城壁的なものだということだ。

昔は日本人がイメージするような城もあったのかもしれないが、今は内部は街になっている。

城壁は一周5.5kmなので全部周るのは諦める。

自分がいるのは水原華城の西側で、山になってるのはこの辺りだけらしい。

他のルートなら山登りをしなくても良かったようだが、駅から直線距離で一番近かったので仕様がない。

水原華城の西側を歩いてみる。
2016060511520947e.jpeg
20160605115153bbf.jpeg
20160605115149cb1.jpeg



水原華城内部を見下ろせたので、山登りをした甲斐がある。
20160605115153036.jpeg



山を降りると水原華城の目玉らしい華城行宮がある。
20160605115254d40.jpeg



中を見学する。
20160605115256bec.jpeg
201606051152569d5.jpeg
20160605115257513.jpeg



途中で日本人のおばちゃん軍団に遭遇する。

「ここは朝鮮王朝の王様が暮らした場所よね」「ここでお母さんの還暦を祝ったのよね」と早口で自分の知識を振りまくものだから、非常に多くの情報が流れ込んでくる。

韓国ドラマの情報のようだが、ガイド代を得した気分になる。


満足したので駅に帰る。

帰りは山越えをしない普通のルートを通る。

水原華城の入口のシンボル八達門があった。
20160605115259d03.jpeg



本当はこれを見て、華城行宮や水原華城を周るのに期待を膨らませるらしい。

世界遺産第2号、水原華城はこれで終わり。

水原駅からは地下鉄でソウルに帰ることにする。

と言っても本当に地下鉄が伸びてる訳ではなく、半分以上が地上で線路がソウルの地下鉄に繋がってるだけだった。

行きの倍の1時間かけてソウルに到着。

昼過ぎになっていたので昼食を食べる。

昼食にはキンパという韓国のり巻きを食べると決めていた。

ソウル駅の近くに有名なキンパのチェーン店キムガネがあったので行ってみる。
20160605115335b0f.jpeg



これが韓国のり巻きだ。
201606051153360dc.jpeg



よく分からない具がたくさん入っていて、よく分からないけど旨い。

ビールに合いそうな感じだったが、店にビールが置いてなかったのが残念だ。

これで2,900ウォン(290円)は韓国の物価から考えると非常に安い。


次は世界遺産第3号、宗廟に行く。

近づくとユネスコマークがあるので分かりやすい。
20160605115336d77.jpeg



早速中に入ってみる。
201606051153409f1.jpeg



中にはもっと立派なユネスコマークがあった。
20160605115340706.jpeg



中をブラブラする。
2016060511540110d.jpeg
2016060511540206c.jpeg



なんか地味な広い建物だという印象だ。

宗廟は王の位牌を安置する場所なので地味なんだろう。
20160605115402122.jpeg
20160605115404a57.jpeg



建物をよく見ると高山の建築に多い「雲」に似たようなものが見られる。
20160605115405c5f.jpeg



クオリティは高山の方が高そうに思えるが、ここ韓国にも似たようなものがあるのに驚いた。


次は世界遺産第4号、昌徳宮に行く。

宗廟からは歩いていける。

近づくとこちらもユネスコマークが迎えてくれる。
20160605115515223.jpeg
20160605115513f4b.jpeg



中をブラブラする。
20160605115515501.jpeg

昌徳宮は王の宮殿だからか立派な建築がたくさんあり、宗廟より楽しめる。
201606051155159fc.jpeg
201606051155180b5.jpeg
20160605115603751.jpeg
201606051156047c3.jpeg
20160605115604175.jpeg



日本人観光客もたくさんいたので、こっちの方がメジャーなんだろう。


ほとんど同じような建物だったが、一つだけ異なる雰囲気の建物があった。
2016060511560714c.jpeg



他の建物のように緑色でなく、まるで日本の地味な建物のようだ。

どうやらここを建てた当時の王様が外国かぶれで、海外の文化を色々取り入れたらこのような感じになったらしい。

満足したので一度ホテルに帰ることにする。


韓国最後の食事は肉にしたいと思うが、焼肉という気分でない。

ネットで調べるとダッカルビが良さそうだ。

ホテルの近くにダッカルビのチェーン店ユガネがあったので、そこに行く。
2016060511560705c.jpeg



注文したダッカルビがこれだ。
20160605115653f48.jpeg



鶏肉と野菜とトッポギが辛いソースで絡み合ってうまい。

途中で麺が投入される。
20160605115653df2.jpeg



こんなもの旨いに決まってる。

コチュジャンも追加され、辛さは2倍だ。

麺はインスタント麺のようだが、返ってそのジャンクさが食欲をそそる。

辛さに汗まみれになりながらも一気に平らげる。

また満腹で苦しくて歩くのが辛い。

旅行前の送別会ラッシュで2kg太ったので、旅行中に痩せるつもりだったが、韓国にいる間は毎日満腹だったのでより太ったと思われる。


今日もホテルの屋上で一人ビアガーデンをして1日を締める。
201606051156542b4.jpeg




明日はトンへに向かい、トンへからロシアのウラジオストクに向けてフェリーに乗る。


釜山に着いた。

飛行機で移動したら2時間程度の距離だが、フェリーでは19時間かかった。

その分快適だったので移動疲れはほとんど無い。

港から釜山駅まで徒歩5分程度なので、翌日の電車の切符を買いに行く。

201606031401302b5.jpeg



翌日は大邱近郊の世界遺産を見てからソウルに向かうため、釜山→大邱と大邱→ソウルの切符を買った。

レシートのような切符なので少し不安になる。

20160603140127f78.jpeg



ホテルのチェックインまで時間があるので適当に釜山をブラブラする。

中心街はビルばかりで面白みが無い。

20160603140131a27.jpeg



釜山の名物を調べるとテジクッパというものが出てくる。

釜山でしか食べられないということだったので、お腹は空いていないが食べてみたくなってしまう。

食堂で注文したところ豚肉を煮込んだスープでご飯を食べるものだった。

201606031401291bb.jpeg



付け合わせのキムチだけでお腹いっぱいになって全部食べるのは苦しかった。


街を歩いていると四十階段なるものがあった。

201606031401300a7.jpeg



朝鮮戦争後の難民にちなんだものらしい。


釜山タワーが見えた。

20160603140223d91.jpeg



どうせ登るのにお金がかかるので見るだけで満足したことにする。

タワー系はどこでも結構いい料金がかかるので自分は登ることは少ない。

そんな金があれば一本でも多くのビールを飲みたい。


釜山近代歴史館に到着した。

20160603140229add.jpeg



韓国人が日本人からどれだけ酷い仕打ちを受けてきたかということをPRする博物館だ。

日本語の解説もあるので、日本人に対してもお前らの祖先は酷いやつなんだとPRしたいんだろう。

中では当時の町並みを再現してたりして見ごたえがあった。

20160603140225429.jpeg



チェックイン時間になったのでホテルに行く。

201606031402264d5.jpeg



ホテルの予算は1日2,000円程度と決めているので、物価の高い韓国ではドミトリーになる。

ドミトリーに泊まるのは初めてだが、カプセルホテルみたいなものだろう。

20160603140228a97.jpeg



16kgの荷物を引きずって2時間くらい歩いたのでさすがに疲れたため、1時間ほど休憩した。

次は甘川洞文化村に行くことにする。

韓国のマチュピチュらしい。

ネットで調べると地下鉄の駅からバスを乗り継いで行くだの、タクシーで行くだの書いてあったが、マップを見ると駅から1kmしかない。

1kmすら歩けないなんて、虚弱しかないないのかよと考えて歩いて向かう。


歩いてみてバスだのタクシーだの書いてある理由が分かってくる。

街へ行く道が尋常じゃない登り坂だった。

20160603140249e28.jpeg



日本では登山をするときくらいしかこんな坂は無い。

というより山の斜面に街が作られているので登山そのものだ。

入口に着く頃には汗まみれになってしまった。

201606031402482c8.jpeg



山の上から街を見下ろす。

2016060314024862c.jpeg
20160603140249883.jpeg



斜面に沿って建てられている家がカラフルで面白い。

元々は朝鮮戦争の難民の街だったようだが、街興しで家をカラフルに塗るようにしたらしい。


街中を歩くと、変なオブジェが色々見えてくる。

20160603140251e85.jpeg
20160603140308b87.jpeg
20160603140310e94.jpeg
20160603140310ed8.jpeg



いい時間になってきたので夕食にジャガルチ市場に向かう。

甘川洞文化村から2km程度なので歩いて行く。

途中で色んな露店が見られて楽しかった。

20160603140312890.jpeg
2016060314031457f.jpeg



ビル群よりこのような下町的な場所の方が好きだ。


ジャガルチ市場に到着。

20160603140336789.jpeg



生きている魚介類を売っていて、その場で捌いてくれる。

20160603140334f78.jpeg



値切っては交渉決裂してを繰り返す内に相場が分かってくる。

最初の言い値の50〜60%程度にはなるようだ。

だが結局買ったのは、全然値切らせてくれない人からだった。

アワビを一つ追加してくれたから良しとしよう。

タイ、タコ、アワビ2個を30,000ウォン(3,000円)で買って刺身で食べることにした。

食べ方は2種類用意してくれて、日本の刺身としても韓国のフェとしても食べられる。

2016060314033889b.jpeg



せっかくなのでどちらも試してみる。

フェは刺身とコチュジャンと薬味を野菜で包んで食べる。

タコはごま油で和えてあり、フェとして食べたるととても美味しかった。

出てきたときにはまだ動いていたのに驚いた。

タイはフェでも刺身でも美味しかった。

アワビはフェにするとコチュジャンに味が負けてしまうので、刺身の方が美味しかった。

追加でメウンタンという鍋を注文するつもりだったが、フェだけでお腹いっぱいになってしまったのでまたの機会にしよう。

お腹いっぱいで苦しいのでホテルに戻る。

翌日は朝7:30の電車に乗るので、寝酒にビールを飲んで早めに寝た。

201606031403351d0.jpeg






| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。