陸路と海路の世界一周 世界遺産巡り

世界遺産を巡りつつ世界一周するブログ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ←世界一周ブログランキングに登録してみたので気が向いたらクリックして下さい
にほんブログ村
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ナミビアのウィントフックに到着したので宿に向かう。

ウィントフックはあまり治安が良くないらしいが、もう朝7時を過ぎていて明るくなっているので、歩いて宿まで向かっても問題無いだろう。


何事も無く宿となるキャンプ場に到着した。
20161130044558ab8.jpg



まだ8時前だったがチェックインできた。

今日の宿はキャンプ場備え付けのテントだ。
20161130044601f5d.jpg



ベッド付きなので使い勝手はシングルルームと変わりがない。


21時間のバス移動で疲れているが、とりあえずシャワーを浴びる。

シャワーを浴びたらビールを飲みたくなってきた。

昨日は奇跡の完全休肝日だったので、今日は朝から飲んでも問題無いはずだ。

受付にあるバーに行くとビールの販売は10時以降と言われる。

まだ1時間もあるので、近くのスーパーに朝食とビールを買いに行った。

朝食を食べてビールを飲むが、1本だと足りない。

アフリカのロング缶は何故か440mlと微妙に物足りない量なのだ。

10時を待ってバーでビールを注文する。
20161130044602e86.jpg



満足したので昼まで寝る。


昼過ぎにウィントフックを歩くことにする。

キャンプ場は中心部から少し離れた場所にあるので周りは田舎だ。
20161130044601acc.jpg
201611300446065fe.jpg



落書きだらけの展望台に登る。
20161130044626a99.jpg
20161130044626139.jpg



ウィントフックが都会であることが分かる。


だんだん都会になってくる。
20161130044627066.jpg
20161130044630f6b.jpg
20161130044646612.jpg
201611300446314a1.jpg
20161130044650705.jpg



ナミビアを訪れた理由の一つは、世界で最も美しい裸族と呼ばれるヒンバ族に会うためだ。

ヒンバ族の集落はナミビア北部にあって、訪れるのは非常に大変だ。

しかし、ウィントフックにもヒンバ族がいるという情報があったので、手軽にヒンバ族に会おうと思いウィントフックを訪れた。

ヒンバ族はヒルトンホテル近くにいるらしい。
201611300446483bd.jpg



ホテル裏の市場に行ってみる。
20161130044651b61.jpg



ヒンバ族がいた!
20161130044652620.jpg



ヒンバ族は土産を売っている。

近寄るとヒンバ族の女性に、こっちに来いよチャイニーズとテントの下まで誘われる。

彼女の横に座ると、もしかしてジャパニーズか?と聞かれる。

なんで分かったんだろう。

話をしていると写真を撮りたいか?と聞かれる。

撮りたいと答えると、土産を買ったら撮って良いと言われる。

「ここには成人が5人いるから、5個のブレスレットを買え。1つ50ナミビアドル(400円)で、合計250ナミビアドル(2,000円)だ。」とのことだ。

一個なら買っても良いかと思っていたが5個もいらないので、そんなにいらないと答えると、写真だけなら200ナミビアドル(1,600円)だと言われた。

ディスカウントをお願いすると180→150→120→100までは勝手に下がっていき、50ナミビアドル(400円)で!とお願いするとその値段になった。

ヒンバ族の写真を撮らせてもらう。
20161130044712ac2.jpg
20161130044713cf8.jpg
20161130044715a5e.jpg
20161130044717df1.jpg
20161130044719b91.jpg
2016113004474475a.jpg
20161130044748cf1.jpg
201611300447474ca.jpg



お土産を買いたかったので、ブレスレットを買った。
20161130044804139.jpg



10ナミビアドル(80円)で売ってくれと言ったら、20ナミビアドル(160円)で売ってくれた。


これでマサイ族とヒンバ族というアフリカ二大部族(自分で決めた)からお土産を買うことができた。

マサイの首飾りとヒンバの腕輪だなんて、魔王と戦う勇者の最終装備のようだ。


展示されている隕石を見に行く。
201611300447491a5.jpg



隕石を触ってみたが、銅像のようであった。
2016113004475053f.jpg



近くには謎のオブジェがあった。
201611300448055e5.jpg



夕食を買いに行く。

このレストランは珍しい肉があるので有名だ。
20161130044805b2b.jpg
2016113004480846d.jpg



シマウマのステーキをテイクアウトした。
201611300448226c9.jpg



ビールを飲みながら食べる。
20161130044810c6d.jpg



シマウマの肉はこれといった特徴は無い。

馬肉に近いのかと思ったが、焼いた馬肉を食べたことがないので分からない。

日本で食べられる肉の中では牛肉に近いように感じた。


明日は南アフリカのケープタウンに向かう。
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。