陸路と海路の世界一周 世界遺産巡り

世界遺産を巡りつつ世界一周するブログ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ←世界一周ブログランキングに登録してみたので気が向いたらクリックして下さい
にほんブログ村
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日はナミビアのウィントフックに向かう。


リヴィングストンからウィントフックへの直通バスは乗車時間20時間という過酷な旅だ。

そのバスは週3本のみ出ているので、バスの日程に合わせてジンバブエ入国後の行程は決めていた。


バス乗り場に向かう途中でリヴィングストン博物館に寄る。
2016112821544441c.jpg



Wikipediaでは何故かこの記念碑推しだったので見ておいた。
20161128215441de7.jpg



途中でセブンイレブンを見つけるが、コンビニではなくクラブのようだ。
201611282154457f1.jpg



バス乗り場に到着。
2016112821550739c.jpg



インターケープ社のバスに乗る。

このバスの売りの一つはエアコン完備であることなのだが故障しているのか効きが弱く、車内は非常に暑い。

リヴィングストンからウィントフックまで1,450kmのバス移動が開始だ。

とりあえず寝てしまう。

出発から3時間半でザンビア側の国境に到着。
20161128215509953.jpg



国境にあるリストに出国者の情報をそれぞれの出国者が自ら書き込むので、非常に時間がかかる。
20161128215509b24.jpg



出国カードを配ってくれればすぐに終わるのに。

国境地帯を歩いてナミビアに向かう。
20161128215511435.jpg
20161128215512f36.jpg



ナミビア側の国境ではエボラ出血熱の検査のため、センサーで体温を計られる。

体温に問題無いことを確認した証明をもらって入国審査に向かう。
20161128215533a55.jpg



ナミビア入国にはビザ不要なので、久しぶりに無料で国境を越えられた。

ナミビアで58ヶ国目だ。

荷物検査があり、バスが出発したのは国境到着から1時間半後だった。

それから少ししてガソリンスタンドでこの日初の休憩時間があった。

ザンビアの通貨クワチャを、ナミビアで使用可能な南アフリカランドに少し替えてあったのでそれで弁当を買う。

15時を過ぎていて空腹なのでとても美味しく感じる。

距離的にはまだ200km程度しか進んでいないのが辛いところだが。


17時頃謎の検問所でパスポートチェックと荷物検査があった。
2016112821552767b.jpg



国境を越えているのに何故だろうか。

出発から7時間が経過しているがウィントフックまで残り1,100km以上あるのでうんざりする。


21時半頃に2度目の休憩。
20161128215531562.jpg



まともな食事を買うための場所はバスの乗客で混んでいたので諦める。

楽に買えた干し肉が今日の夕食だ。

かなり時間が経った気がするが、時間的にまだ半分を少し過ぎたところだというのに絶望を覚える。

距離的には残り800km程度だ。

しかし、ここからぐっすりと眠ることができ、眼が覚めると6時前だった。

8時間くらいワープしたような感覚だ。

残り70km程度だった。

そういえばウィントフックが終点とは限らない。

もう1時間程寝てしまい降り過ごしたらと思ってゾッとする。

7時過ぎにウィントフック到着。
201611282155347a9.jpg



出発から21時間が経過していた。

全員降りたのでウィントフックが終点だったようだ。

過酷だと思っていたこの移動も、途中で長時間寝られたので意外と快適だった。

日が暮れると涼しくなるのと、ナミビアに入ってからは道路が整備されていてそんなに揺れないのが良かったんだろう。

南米では大きく揺れる長時間のバス移動があるようなので、その予行演習になったと思う。


とりあえず宿に向かう。
スポンサーサイト
今日はザンビアに向かう。


ジンバブエとザンビアはヴィクトリアの滝を挟んで国境を接している。

ジンバブエ側の国境の街はヴィクトリアフォールズ、ザンビア側の街はリヴィングストンといい、どちらもヴィクトリアの滝に因んだ名だ。

双方の街にはそれぞれ空港があるのだが、それらから出るフライトの値段は非常に高い。

安くても300ドル、通常は500ドルが必要だ。

これは高すぎるのでバスで大きな街に向かうことにする。

ヴィクトリアフォールズからはジンバブエを戻る方向にしかバスが出ないが、リヴィングストンからならナミビアの首都ウィントフックへの直行バスがある。

そのため今日はザンビアに渡ってヴィクトリアの滝を見て、明日ウィントフック行きのバスに乗ることにする。


ジンバブエとザンビアの国境まで歩いて向かう。
20161128215124506.jpg
20161128215127db4.jpg



国境地帯にはイノシシがいた。
20161128215128352.jpg



ザンベジ橋を渡る。
20161128215131f1e.jpg
2016112821513042e.jpg



橋の真ん中が国境だ。
20161128215154a35.jpg
201611282151562b7.jpg



ザンビア側に到着。
20161128215155b2b.jpg



50ドルでアライバルビザを取る。
20161128215158bb3.jpg



他の国のシール式のビザとは異なり、ザンビアはスタンプ式のビザだ。

50ドルも払ってこのビザだと損した気分になる。

やはり格好良いシール式のビザを貼ってほしいものだ。


ザンビアに到着。
2016112821515875f.jpg



ザンビアで57ヶ国目だ。


早速ヴィクトリアの滝に行く。
20161128215229def.jpg



ユネスコマーク発見。
20161128215228070.jpg



チケット売り場で荷物を預かってもらって中に入る。

リヴィングストンの像がある。
20161128215228f9d.jpg



水の量はとても少ない。
20161128215234780.jpg



この日は晴れたおかげで虹も見えるが、水が少ないため滝の一部がほんのりと虹色になっている程度だ。
20161128215232de6.jpg



橋を渡って進む。
201611282152534ec.jpg



こっちは底の方が少し虹色だ。
20161128215254232.jpg



ジンバブエ側の滝を見ると虹がはっきりと見えた。
20161128215255107.jpg



昨日は曇っていたので虹が見られなかったが、今日のように晴れていればジンバブエ側でも虹を見られたんだろうか。

遠くにザンベジ橋が見える。
201611282152572f8.jpg



ザンビア側は崖の下まで降りられるので行ってみる。
20161128215319d2d.jpg
20161128215258e98.jpg
2016112821532604d.jpg
20161128215322b22.jpg



橋の下まで到着。
20161128215327376.jpg



あとは滝の上にも行ける。
20161128215325db0.jpg



ここから先はガイドと一緒でなければ立ち入り禁止らしい。
20161128215355f7a.jpg



遠くに最大に滝の水しぶきが見えるが、あの辺りにデビルズプールがあるはずだ。


これでヴィクトリアの滝は一通り周った。

水の少ないこの時期だとジンバブエ側の方が断然おすすめだ。

水が多い時期だとジンバブエ側は水しぶきで何も見えないので、ザンビア側の方が良いと言う人もいるらしい。

世界遺産128号ヴィクトリアの滝終わり。


ヴィクトリアの滝からリヴィングストンまでは8kmあるのでタクシーで向かう。

目星を付けていた宿に到着。
20161128215358ee8.jpg
2016112821535709e.jpg



ドミトリー8ドルと久しぶりに1,000円を切った。


リヴィングストンには大した見所は無いが歩いてみる。
20161128215359c38.jpg



歩いていると土産物売りに声をかけられる。

こちらでもジンバブエドルを売っているが、ヴィクトリアフォールズよりも相場がずっと高い。

昨日3.5ドルで買った50兆ジンバブエドル紙幣の言い値が60ドルだった。


象のオブジェが見える。
201611282154015d3.jpg



近づくとゴミで作られていることが分かった。
2016112821541553f.jpg



リヴィングストン博物館があったが中には入らなかった。
201611282154177bd.jpg



このカフェでワニ肉が食べられるという情報があったので行ってみる。
201611282154203d4.jpg



聞いてみるとワニ肉は無いと言われた。

昨日もワニ肉が無かったが時期的なものでもあるんだろうか。

ヤギ肉のザンビア料理を注文した。
201611282154181c6.jpg



スーパーではクリスマスセールをやっているが、ジンバブエは夏なので違和感がある。
20161128215421fbb.jpg



宿に戻って今後の予定を立てる。

久しぶりにネットを自由に使えるのでここぞとばかりに情報を収集した。


夕食に出かけようとするが、昼に行ったカフェがリヴィングストンで一番の食堂だったらしい。

そのため夕食はテイクアウトにした。
201611282154389f4.jpg
20161128215437cc0.jpg



こちらも夜は蚊が多く、これでもかと言うほど刺された。


明日はナミビアのウィントフックに向かう。
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。