陸路と海路の世界一周 世界遺産巡り

世界遺産を巡りつつ世界一周するブログ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ←世界一周ブログランキングに登録してみたので気が向いたらクリックして下さい
にほんブログ村
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日もロンドンを周る。


最初に行ったのはこの横断歩道。
20161111181313a1f.jpg



ビートルズのアビーロードのジャケットで有名な場所だ。
2016111118323709b.jpg



近くにはビートルズがレコーディングに使用していたスタジオがある。
20161111181313a14.jpg



レーパーバーンといい、なぜかビートルズの聖地巡りをしている。

近くの地下鉄の売店ではビートルズグッズを売っている。
2016111118131694c.jpg



地下鉄で君の名は。のポスターを発見。
201611111813112cd.jpg



イギリスでも高評価らしい。

ラッシュアワーなので地下鉄はものすごい満員列車だ。
20161111181316313.jpg



アテネのスリを思い出したのでかなり警戒した。


次に世界遺産の街グリニッジに向かう。

グリニッジの一駅前で降りて地下道でテムズ川を渡る。
20161111181335217.jpg
20161111181333365.jpg
20161111181337fd9.jpg



グリニッジ到着。
2016111118133937f.jpg



周ってみる。
20161111181339bb3.jpg
201611111815006b1.jpg
201611111815019b5.jpg
20161111181502dbe.jpg
20161111181504a5c.jpg
20161111181505aac.jpg
20161111181554dec.jpg



ユネスコマーク発見。
201611111815565cc.jpg



丘の上にグリニッジ天文台がある。
20161111181556559.jpg
20161111181558952.jpg
20161111181600e04.jpg
20161111181714bba.jpg



写真手前の銀の線がグリニッジ子午線だ。
20161111181713a23.jpg



ここが経度0度で世界の時間の基準点となる。

実際にはほんの少しずれているらしいが。

世界遺産122号河港都市グリニッジ終わり。


ロンドン中心部に戻りビッグベンに行く。
20161111181745452.jpg



この角度の写真をよく見る。
201611111817488ec.jpg



同じ敷地内にウェストミンスター宮殿がある。
20161111181810d51.jpg
201611111818067e5.jpg
20161111181808e7a.jpg



道路を挟んで反対側には聖マーガレット教会とウェストミンスター大寺院がある。
2016111118171315e.jpg
20161111181811fe1.jpg



近くの広場にはたくさんの偉人の銅像があった。
2016111118181224e.jpg
20161111181828241.jpg
201611111818307d6.jpg



世界遺産123号ウェストミンスター宮殿、ウェストミンスター大寺院及び聖マーガレット教会終わり。


ここから遊歩道を歩いて行く。
20161111181831528.jpg



バッキンガム宮殿に到着。
20161111181833e4e.jpg
20161111181834a89.jpg



エリザベス女王や王族が住んでる場所だ。

思ったより地味だった。


トラファルガー広場に向かう。
201611111820043b8.jpg
2016111118200627f.jpg
201611111820066be.jpg



不思議な信号を見かける。

赤信号は普通。
2016111118200865e.jpg



青信号は♀♀というマークだ。
20161111182009d79.jpg



近くの他の信号は普通なのにここだけこれ。

レスビアン的な意味かと思って検索したけど分からなかった。


トラファルガー広場に到着。
20161111182041eda.jpg



無料なのでナショナルミュージアムに入る。
20161111182043ce5.jpg
2016111118204557a.jpg



ゴッホのひまわりがあった。
20161111182047662.jpg



他にも絵を見て周る。
201611111820478e2.jpg
201611111821549cb.jpg
20161111182156dd9.jpg
20161111182156b9a.jpg



さて、トラファルガー広場の郵便局に着いた。
20161111182213cc9.jpg
201611111822133d6.jpg



この旅行のヨーロッパのゴールにしようと決めていた場所だ。

深夜特急で沢木耕太郎は旅の最後にここから電報を打とうとする。

しかし、電報は電話から打つものだと教えられ、近くの電話ボックスから電報を打つ仕草をして、深夜特急は終わる。

自分も近くの電話ボックスに入る。
201611111823061f0.jpg



自分も電報を打つ仕草をする。
20161111182308998.jpg



「ワレ到着セズ」


深夜特急の真似をしてみたが、自分にとってもまだ旅は終わらないという気持ちを込めてこの文章を打ってみた。

ちなみに電報の文字の打ち方を知らないので、昔の文字の出るポケベル式に上の文を打った。


夜にSOHOという飲屋街に行く。
201611111823089e9.jpg
20161111182326be0.jpg
2016111118232757f.jpg



イギリスの伝統料理の店は不味くて高いらしいので、レバノン料理の店に入った。
20161111182311d38.jpg



当初イギリス料理の不味さを堪能しようかと思っていたが、フィッシュ&チップスも食べたし、ケバブですら美味しくないのを堪能できたので、もう充分だろうということでこのレストランを選んだ。

悪くないが肉に味が無い。
20161111182310e3f.jpg



ソースはただ辛いだけのものと、ニンニクを擦っただけのものなので、やはり自分で塩胡椒を振らないといけないのか。

サラダは酸味が効いてまあまあだった。


これで合計15ポンド(2,000円)は満足度が低い。

予約で一杯で20時までには出てほしいと言われるような人気店でこれだ。

イギリスは他国の料理すら美味しくないようにする、本当に可哀想な国だ。


これでロカ岬からチェルノブイリを目指して東に進み、そこからロンドンを目指して西に進んだヨーロッパ周遊編は終わりだ。

長くヨーロッパにいたせいでヨーロッパ文化には心底飽きてしまっているが、行きたい所はほとんど周れたし良い旅だったと思う。

第二部 ヨーロッパ周遊編 完


この後はアフリカ大陸を進む。

今後ネット環境が遅く不安定にもなるし、数日ネット環境が無い状況になることもあるので、今までのようにほぼ毎日更新するということは無いだろう。

数日更新しなくてもネット環境のせいのはずなので心配無用だ。
スポンサーサイト
今日はロンドンに向かう。


ケルン中央駅から列車に乗って空港へ。
20161110140706b98.jpg



時間はまだ5時過ぎだ。


到着したロンドンスタンステッド空港は街中から遠く、ロンドンの街中に着いたのはケルンの宿を出てから7時間後だった。
201611101407075bf.jpg



バスでケルンから向かってもほとんど同じだったような気がする。

52ヶ国目イギリスに到着だ。


宿に向かう途中で古そうな建物を見ると、ジャック・ザ・リッパーでもいそうに思える。
201611101407067b1.jpg



宿に荷物を置く。
20161110140710415.jpg



地下鉄に乗るが歴史的な趣がある。
20161110140732693.jpg
20161110140734bf8.jpg



駅から出るとシャーロックホームズの銅像があった。
201611101407358d9.jpg



駅の名前はベイカーストリート。

何かコナンで聞いたことがある気がする。

シャーロックホームズを読んだことは無いが、ベイカーストリートが舞台なんだろう。

思わず名所に巡り会えて嬉しかった。


ロンドンを歩く。
201611101407389ff.jpg
20161110140803b72.jpg
20161110140805870.jpg
20161110140807526.jpg
20161110140807697.jpg



フィッシュ&チップスの名店に行く。
2016111014074050a.jpg
201611101408065b1.jpg



それなりに美味しいけど、味の無い普通の白身魚のフライだ。

下味に塩胡椒くらい付ければ良いのに。

これでビールと合わせて16ポンド(2,100円)もするが値段に見合った味では無い。

イギリス料理はフィッシュ&チップスのみ美味しいという話を聞くので、他の料理はよっぽど酷いんだろう。


次に地下鉄で20分離れた駅の美容室に行く。
201611101408251c5.jpg



アフリカに入る前に髪を切っておきたかったが、街中の美容室は99ポンド(13,000円)という価格設定でとても行くわけにはいかない。

トルコ系の床屋は6ポンド(800円)らしいが酷い目に合うという話もあったので、少し遠いがネットで評判の良かった13ポンド(1,700円)の美容室にやって来た。

韓国系のレストランとカフェと美容室が融合した不思議な店だ。


次に世界遺産のロンドン塔へ。
20161110140827cae.jpg



入場料25ポンド(3,300円)という狂った価格設定だ。

この高さは中国の莫高窟以来だと思う。

今はポンドが暴落しているが、少し前なら1ポンドが200円を越えていたので入場料5,000円以上だったということだ。

今の値段でも入る気にはなれないので外観のみ眺める。
2016111014082853a.jpg
201611101408306ea.jpg
20161110140848297.jpg
201611101408520ff.jpg
20161110140847cdf.jpg



近くにはタワーブリッジもある。
20161110140831f4b.jpg
20161110140853456.jpg



世界遺産121号ロンドン塔終わり。


テムズ川沿いを歩く。
20161110140853555.jpg



これがロンドン橋だ。
20161110140906626.jpg
20161110140907c5c.jpg



童謡に出てくるあの橋のはずだが普通すぎる。

先を進む。
20161110140908c22.jpg
20161110140910c3c.jpg
201611101409113e7.jpg



ミレニアムブリッジは細い。
20161110140931c7b.jpg
20161110140935f1f.jpg



大聖堂に到着。
2016111014093528f.jpg
2016111014093845f.jpg



入場料18ポンド(2,300円)という教会にあるまじき銭ゲバっぷり。


大英博物館に入る。
20161110140937ad5.jpg



無料なのでね!


エジプトコーナーにはヒエログリフがあった。
201611101409569b7.jpg



その他エジプト的なものがたくさんあり、エジプトに行くのが楽しみになってくる。
20161110140955799.jpg
2016111014095876d.jpg
20161110141020fbf.jpg
2016111014102174a.jpg
20161110141021908.jpg



オーパーツとして有名な水晶ドクロがあった。
20161110141001f86.jpg



モアイはここで見たからイースター島には行かなくて良いな。
20161110140959fa0.jpg



日本コーナーでは仏像や浮世絵に混ざって鉄腕アトムが展示されていた。
2016111014101816e.jpg
201611101410177ed.jpg



夜にケバブを買う。
20161110141047dd7.jpg
2016111014104915a.jpg



このケバブが美味しくない!
20161110141050cad.jpg



味がほとんど無い。

ケバブだけは世界中どこで食べても美味しかったのに、イギリス料理的な味に侵食されているということか。

ケバブですら美味しく食べられないなんて、本当に可哀想な国だ。


明日もロンドンを周る。
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。