陸路と海路の世界一周 世界遺産巡り

世界遺産を巡りつつ世界一周するブログ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ←世界一周ブログランキングに登録してみたので気が向いたらクリックして下さい
にほんブログ村
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日はサランダ近郊の世界遺産ブトリントに行く。

昨日インフォメーションで聞いたところによると、ブトリント行きのバスはジナゴーグ跡前から出発し、7時半から1時間ごとに出るらしい。

実際バスを探すとジナゴーグ跡から少し離れている場所にミニバスが止まっていた。

赤ピンがジナゴーグとバスがたくさん止まっている場所、青ピンが実際にバスが止まっていた場所だ。
201608091322147d2.png



40分でブトリント前に到着。
20160809132806987.jpeg



ミニバスはイカダに乗って向こう岸に行く。
201608091329562a0.jpeg
20160809132801e3b.jpeg
2016080913281005e.jpeg



ブトリントの入場料は外国人料金で700レク(550円)と高めだ。

ユネスコマーク発見。
201608091328091a1.jpeg



ブトリントには紀元前3世紀から6世紀の遺跡がある。

それだけ古い遺跡がここまで残っているのはすごいことなんだろう。

遺跡を歩く。
20160809132812791.jpeg
2016080913301395a.jpeg
20160809133004c45.jpeg
201608091330091ec.jpeg
20160809133012028.jpeg
20160809133045477.jpeg
2016080913305433f.jpeg
20160809133057bb5.jpeg



この建物はブトリント内にある博物館だが、妙にしっかりしているので最近建てられたものだろう。
2016080913310007f.jpeg
20160809133052491.jpeg



世界遺産35号ブトリント終わり。


サランダに戻る。

帰りのバスは大きなバスで、ブトリント折り返しだった。

イカダに乗ってやってくると思っていたので乗り過ごすところだった。


サランダに戻り、ドネルを食べる。
201608091331181ce.jpeg
20160809133128123.jpeg



ここのは薄い皮では無くパンで肉や野菜を挟んでいる。


ついでに明日のギリシャ行きのバスチケットを買う。

バスチケットはブトリント行きのバスに乗った場所の目の前のオフィスで買える。

バスは朝の6時45分発、ギリシャのイオアニナまでで1,400レク(1,200円)だった。
201608091331240de.jpeg



宿に戻って爆睡。

連日の移動で疲れが溜まっていたのか昼寝で5時間も寝てしまった。

どうせサランダですることも無いので別に問題無いが。


夕食にロンリープラネットに載っていたレストランに行く。
20160809133128146.jpeg
20160809133123d08.jpeg



イカを注文したが、これが非常に美味しかった。
20160809133142aa0.jpeg



ワタを上手く使ってコクを出している点がどことなく日本的な味で、やっぱり自分は和食的な味を欲してるのかもなと思った。


サランダの海岸を少しだけ歩いて宿に戻る。
20160809133146387.jpeg



明日はギリシャのカランバカに向かう。
スポンサーサイト
今日はアルバニアのリゾート地サランダに向かう。

と言っても自分はリゾートにはあまり興味が無く、行きたい場所への交通に便利という理由でサランダに滞在することにした。


今日の目的地はブルーアイ、現地語でシリカルタと呼ばれる場所だ。

シリカルタ、ネットスラングで尻かるたとか、尻軽とか呼ばれそうな名前だ。

もっとも、ネットスラングになるほどメジャーな場所では無いけれど。


ブルーアイはジロカストラとサランダの中間にある。

ブルーアイに行くためには、サランダ行きのバスに乗り、シリカルタ!と伝えれば良い。

ジロカストラからサランダ行きのバスはここで乗ることができる。
20160809132205076.png



料金はサランダ行きでもブルーアイ行きでも同じ300レク(250円)だった。

シリカルタ!と伝えると、青ピンの場所で降ろされる。
20160809132214db4.png
2016080913221737c.jpeg



帰りのバスもこの場所で待てば良い。

赤ピンの場所がブルーアイで、そこまでは歩いていく。

荷物はバスを降りた場所から500m弱離れた料金所で預かってもらえる。

入場料は50レクだ。
2016080913251518c.jpeg



料金所から1kmでブルーアイ入口に到着。

ブルーアイと書かれた看板には、マケドニアの国旗となぜかアメリカの国旗が付いていた。
20160809132216309.jpeg



川の水の透明度が高い。
2016080913224378a.jpeg



川が青くなってきた。
201608091322575a4.jpeg
20160809132258800.jpeg



ブルーアイに到着。
2016080913230090d.jpeg
20160809132249242.jpeg
20160809132406a35.jpeg



青く輝く湧き水の溢れる場所がブルーアイだ。


水はとても冷たく、足を入れると痛くなるほどだった。

水が澄んでいるので水中の藻がよく見える。
201608091324065bf.jpeg
20160809132411a32.jpeg



ブルーアイのカフェでビールを一本。
20160809132412412.jpeg



絶景を眺めながらのビールは良いものだ。
20160809132440373.jpeg
20160809132442d31.jpeg



ブルーアイはアルバニアの秘境と書かれていたが、観光客が非常に多くて全然秘境という感じは無かった。


バスを降りた場所に戻ってサランダ行きのバスを待つ。

ここで日本人に会って驚いた。

少し話をしたが、彼はジロカストラ行きのようだ。

10分程度でサランダ行きのバスが来た。

値段は150レクだった。


30分でサランダに到着。
20160809132518438.jpeg



今日の宿に到着。
2016080913252031e.jpeg



ここにも日本人がいた。

今まで東欧では全く日本人に会わなかったが、アルバニアでこんなに会うなんて、日本人に人気があるんだろうか。

宿のバルコニーは海を一望できる。
20160809132513762.jpeg



海に行ってみる。
20160809132600483.jpeg
201608091326031b0.jpeg



宿のスタッフに薦められたレストランに到着。
20160809132559a04.jpeg
20160809132602ca6.jpeg



久々に魚を食べる。
20160809132635a20.jpeg



魚を食べるのは1ヶ月前にカラカルパクスタン共和国の駅で買った謎の魚の干物以来だ。


ビーチにも行ってみる。
2016080913262612d.jpeg



ここの街も大規模な千の窓のようになっているな。

ベラトには歴史的な背景があるのかもしれないが、ベラトに行かなくともアルバニア中で千の窓のようなものは見られる。


ジナゴーグ跡が街の中心にある。
20160809132638b7c.jpeg



この周辺がバス乗り場になっている。


夕方にビーチに戻るとギリシャ領のコルト島から煙が出ていた。
20160809132632bea.jpeg
20160809132629065.jpeg



夕食にロンリープラネットでも紹介されていて、トリップアドバイザー1位のレストランに行く。
20160809132712b66.jpeg
201608091327088f3.jpeg



サービスのパンがすごく美味しかった。
20160809132706038.jpeg



評判のシーフードパスタを注文したが、こちらも本当に美味しかった。
20160809132712c81.jpeg



暗くなったビーチを歩く。
20160809132712c90.jpeg
20160809132738932.jpeg



コルト島の煙の元に大きな光が見えるが大丈夫なんだろうか。
20160809132729804.jpeg


宿にビールを買って帰る。

久しぶりにペットボトルビールを買うことができた。
20160809132733d9b.jpeg



夜景を見ながらビールを飲む。
20160809132735133.jpeg



明日はサランダ近郊の世界遺産ブトリントに行く。
今日はベラトから世界遺産の街ジロカストラに向かう。

世界遺産としてはベラトとジロカストラの歴史地区群として登録されている。

元々は博物館都市ジロカストラとして登録されていたところにベラトが追加登録されたらしい。

博物館都市の方が格好良いのに。


ベラトからジロカストラに行くためには、8時にベラトバスターミナルからサランダ行きのバスに乗れば良い。

バスターミナルはベラトに来た時に降ろされた場所の目の前の青ピンの場所だ。
2016080723595278a.jpeg



7時45分にバスターミナルに行ったらバスは既に満員で、追加のバスが用意された。
201608072348509c8.jpeg



この追加のバスがポンコツで、車が止まるとエンジンも止まっていた。

なのでその都度エンジンをかけ直さないといけなかった。

街中で渋滞にハマった時には少し動く都度エンジンをかけ直していた。

いつ動かなくなるかとヒヤヒヤしたが幸いにも順調に山道を進んで行った。
20160807234855aa0.jpeg



ベラトを出発してから3時間20分、バスが警察に呼び止められる。

どうやらスピード違反のようだ。

運転手は大きな体でダイナミックなジェスチャーで抗議をするため、その様子が妙に面白かった。
20160807234854dc0.jpeg



11時40分にジロカストラに到着。
20160807234901bf5.jpeg



山に沿って建つ家々はベラトの千の窓よりも遥かに規模が大きい。


ホテルに向かって山を登る。
20160807234910cea.jpeg



石畳なのでキャリーバックを運ぶのが大変だ。


ホテルに到着。
20160807234940c1c.jpeg
20160807235847d37.jpeg
201608072349394ba.jpeg



これで2,000レク(1,600円)はかなりのコストパフォーマンスの良さだ。


この街は石の屋根でできた建物が有名らしい。

泊まったホテルも石の屋根だ。
201608072349452c3.jpeg



街を歩く。
20160807234945f5b.jpeg
20160807234950da6.jpeg



道も塀も屋根も石でできている。
20160807235026496.jpeg
20160807235026d1f.jpeg



街を歩くのが非常に楽しい。

FF9に出てきそうな街だ。


トリップアドバイザーの観光ランキング上位の建物に到着。

昔の豪邸のようだ。
20160807235021260.jpeg
2016080723503281d.jpeg
201608072350286ce.jpeg
201608072351004ae.jpeg
201608072351090f3.jpeg
20160807235107425.jpeg
20160807235116612.jpeg



もう一つランキング上位の建物へ。

こちらも豪邸だ。
2016080723511678d.jpeg
20160807235148590.jpeg
201608072351468fd.jpeg
2016080723514527d.jpeg
2016080723521865c.jpeg
201608072351481cd.jpeg
20160807235250621.jpeg



3階にもトイレがあるが、便は壁の中を通って外に出る仕組みのようだ。
201608072352465e5.jpeg



この豪邸は山の上にあるので、ジロカストラの街並みが一望できる。
20160807235255668.jpeg



豪邸の下では簡単なカフェをやっているのでビールを一杯飲んで休憩。
20160807235353d01.jpeg
20160807235258eda.jpeg



手前に石の街、奥に近代的な街、一番奥には山が見えるのが素晴らしい。
2016080723535230f.jpeg



ジロカストラ要塞に向かう。
20160807235402d5f.jpeg



入口に到着。
20160807235358a43.jpeg
2016080723540558e.jpeg



中にユネスコマーク発見。
2016080723544434e.jpeg



戦争に関するものが展示されている。
20160807235455ff8.jpeg
20160807235446cd9.jpeg
201608072355140cc.jpeg
201608072354496e5.jpeg



要塞の中は本当にゲームの中の世界のようだ。
20160807235531d47.jpeg
20160807235535fbe.jpeg
2016080723553778f.jpeg
20160807235553bab.jpeg
2016080723553516c.jpeg
20160807235630825.jpeg
2016080723562905f.jpeg
20160807235638572.jpeg
201608072356413e6.jpeg
201608072357090e0.jpeg
2016080723572177a.jpeg
20160807235711c78.jpeg



要塞内の解説によると、屋根の石は加工したものではなく、屋根に使えそうな石を選んで使っているらしい。

多分、通路や塀も同じなんだろう。

石を運ぶだけでこんな街を作ってしまうなんてすごすぎる。


街に戻る。

この辺りは土産物屋で一杯だ。
20160807235724daa.jpeg
20160807235715219.jpeg



アルバニアの国旗が悪の組織のようで格好良いので、国旗入りのカラビナを買った。
20160807235957ba6.jpeg



街中には謎のトンネルがたくさんある。
2016080723581149f.jpeg



その一つが開いていたので入ってみる。
2016080723581347a.jpeg
20160807235805ef9.jpeg



山の反対側に出るだけだった。
20160807235814c56.jpeg



この家は壁も古いものらしい。
2016080723581043b.jpeg



レストランに寄る。
201608072358434c8.jpeg



ここでベラトからのバスで一緒になったオーストラリア人の夫婦と再会する。

勧められた、ライスボールと肉を頼んでみる。
20160807235843490.jpeg



肉はワインにも合いそうだったので追加注文。
20160807235850a9e.jpeg



そんなに美味しくなかった。


ホテルに帰ってビールを飲む。
201608072358468e3.jpeg



夜景が撮りたかったので少し休憩。


暗くなってから外に出るが灯りがほとんど無い。
20160807235929312.jpeg
20160807235921060.jpeg



ライトアップしたら良いのにと思って歩いていると、急に一斉に灯りがつき始めた。
20160807235928776.jpeg
20160807235924973.jpeg
20160807235929f98.jpeg
20160807235946550.jpeg
20160807235949b38.jpeg
2016080723595468b.jpeg



もっと強くライトアップされるのを想像していたが、街の雰囲気的にこれくらいの光量が良いのかもしれない。


追加で一本ビールを買ってホテルに帰る。

それにしてもジロカストラは本当に良かった。

ベラトとは格が違う感じがするが一緒に世界遺産登録されているので、ベラトだけ見て満足してしまう人もいるかもしれない。

ベラトとジロカストラのどっちかだけ見るなら絶対にジロカストラを薦める。

こんなに素晴らしいジロカストラだが、世界遺産に登録されたのは2005年らしい。

1990年代まで鎖国してたのが影響したのかと勝手に思う。

世界遺産34号、博物館都市ジロカストラ終わり。

ベラトとは100km以上離れているので別カウントで良いだろう。


明日はリゾート地サランダに向かう。
今日はオフリドからアルバニアのベラトに向かう。

アルバニアは、1990年代まで鎖国していた、国民の半分がねずみ講に入り経済が破綻した、宗教が禁じられていた、かつてはヨーロッパ最貧国だったと興味深いキーワードで一杯の国だ。

オフリドからアルバニアに行くためには、近郊の街ストゥルガからアルバニアの首都ティラナ行きのバスに乗れば良いらしい。

しかしティラナにはあまり見所がないようだ。

調べてみるとティラナ行きのバスを途中下車してバスを乗り換えてベラトに向かうというルートで移動している人が多くいた。

ベラトは世界遺産になっている街だ。

当然ティラナよりはベラトを見たいために自分もオフリドから直接ベラトに行くことにした。


まずはオフリドからストゥルガに行く。

15km離れているために歩いては行けない。

このスーパーの前から乗り合いタクシーが出ている。
201608061512018a2.jpeg



地図上の青ピンの場所だ。
20160806151222927.png



ストゥルガの街までなら50ディナール(100円)、バスターミナルまでは100ディナールと言われる。

街の中心からバスターミナルは1kmも離れていないため前者を選択。


ストゥルガの街に到着。
20160806151205d99.jpeg



徒歩10分でバスターミナルへ。
201608061512407cb.jpeg



赤ピンが降ろされた場所、青ピンがバスターミナルだ。
20160806151221a34.png



660ディナール(1,300円)でティラナ行きのチケットを購入。
201608061512551e9.jpeg



9時30分出発予定だったが、バスが来たのは10時10分と40分も遅れていた。
201608061512584d1.jpeg



荷物を載せるときにロゴジン!と運転手に伝える。

ロゴジンでバスを乗り換えるためだ。

バスはすぐに出発。

10時40分に国境到着。
20160806151258a24.jpeg



出入国の審査にそれぞれ20分ずつかかり、11時20分にアルバニア国境を出る。

審査はパスポートチェックのみだった。

なお、また出入国共にスタンプを押されなかったために、パスポート上はまだコソボにいることになっている。


アルバニアは山が多い。
20160806151332832.jpeg



地図を見るとエルバサンから北上してティラナに行けば良いように思えるが、なぜかロゴジンを通り過ぎてから北上するルートを取るらしい。


途中からmaps.meには載っていない街の南側の道を通り始め、ロゴジンの街中は通らなかった。

バスの乗り換えはロゴジンを少し通り過ぎた場所が便利らしいので、街中で降ろされたらどうしようかと思っていたが、その心配は無用だった。

13時50分に事前情報通り、この場所で降ろされる。
201608061513410e7.jpeg
20160806151216aaa.png



ロゴジン!と伝えるとここで降ろされるようになっているらしい。

降りた場所と向かいのガソリンスタンドにいればとてもたくさんのベラト行きのバスが通るよとバスの乗務員が教えてくれた。
201608061513452bc.jpeg



ガソリンスタンド前で待って5分でベラト行きのミニバスに乗る。

値段は300レク(250円)だった。

なお、アルバニアに入国してからベラトに着くまでにATMが使える機会は無かった。

そう思ってオフリドで500レク(400円)だけ両替しておいて本当に良かった。

アルバニア入国してからの休憩所の売店でユーロで支払うとレクでお釣りがもらえるようだがレートが悪いらしい。

自分は20ユーロ札しか持っていなかったので、その方法だとものすごく損するところだった。


街のいたる所でトーチカというコンクリート製の防空壕が見える。
20160806151343d90.jpeg



ソ連との戦争に備えて作ったらしい。


15時にはベラトのバスターミナルに到着した。

バスターミナルから街中までは5km程離れている。

どうせ明日には同じバスターミナルに来ることになるので荷物を持って移動したくなかったため、バスターミナル近くのHotel Kaceliに泊まることにした。
20160806151340c4f.jpeg
20160806151403680.jpeg



ツインで3,450レク(2,800円)と少々予算オーバーだが、今回の旅の中で一番レベルの高い部屋だったように感じる。

ホテル代の予算オーバーとは言え、当初予算は1日1万円と考えていたのが中央アジア以来2,3日で1万円しか使っていないのでかなり余裕がある。

それでも他のバックパッカーと比べると相当お金に余裕のある生活をしているようだが。


ベラトには一泊しかしないため、早速世界遺産になっている街中に向かう。

歩いて山を登る。
20160806151422943.jpeg
2016080615141107b.jpeg
2016080615141778b.jpeg
20160806151420850.jpeg



城壁に到着。
20160806151458b6e.jpeg



城壁内に入るには100レク(80円)が必要だ。

最初1,000レク札で払おうとしたら、釣りが無いから100レク持って戻って来いと言われる。

20分も山を登ったのにまた戻って来るなんてと思い絶望を感じるが、財布を見るとバスのお釣りが100レク残っていたので助かった。

チケットにユネスコマーク発見。
20160806151510911.jpeg



しかし、今考えるとこれは何のチケットだったんだろうかと思う。

他の場所から入ればチケットは不要だし、城壁内で生活している人もいる。


とりあえず城壁内を歩く。
20160806151500439.jpeg
20160806151504993.jpeg
2016080615150579d.jpeg
201608061515365f3.jpeg



ユネスコマーク発見。
20160806151551a1d.jpeg



ここは教会を博物館にした場所だ。
2016080615154117f.jpeg
201608061515438d1.jpeg



この家は13世紀に建てられたもので中にフラスコ画が残っているようだが、中には入れなかった。
20160806151547eff.jpeg
20160806151618f47.jpeg



でかい顔もあるが、新しそうなのでこれは13世紀では無いだろう。
2016080615163438b.jpeg



この教会にワビサビを感じる。
20160806151626f25.jpeg
201608061516272c0.jpeg
2016080615163389e.jpeg



頂上に半地下の建物がある。
2016080615172148b.jpeg



中には水が溜まっていて、キィキィと声が聞こえきたのでコウモリの巣になっているようだ。
2016080615172522f.jpeg



山を降りて登った場所とは反対側へ。
201608061517189dd.jpeg
20160806151722b54.jpeg
201608061517275e0.jpeg
2016080615174992d.jpeg
201608061518069d2.jpeg
20160806151844f7b.jpeg



こちら側から山を見ると千の窓が見えるということで有名だ。
2016080615175871a.jpeg
20160806151800c1c.jpeg



朝から菓子パン一個しか食べていないのに山を登り下りしたのでカロリーが足りていない。

適当にレストランに入ったらアルバニア料理は無いと言われる。

カロリー補給のためにパスタを注文した。
2016080615180555d.jpeg



バスに乗ってホテルに帰る。

バスから千の窓を眺める。
20160806151851488.jpeg



中心街からバスターミナルまで乗ったが、固定料金で30レクだった。


ホテル周辺には売店が無いので、中心街でビールを買っておいた。
20160806151849d69.jpeg



これで世界遺産33号ベラト終わり。

明日は世界遺産の街ジロカストラに向かう。


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。