陸路と海路の世界一周 世界遺産巡り

世界遺産を巡りつつ世界一周するブログ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ←世界一周ブログランキングに登録してみたので気が向いたらクリックして下さい
にほんブログ村
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
次の目的地はカザフスタンのアクタウだ。

ヒヴァからアクタウへ直接行く方法は無い。

今回のルートは、乗り合いタクシーでヒヴァからウルゲンチ、寝台列車でウルゲンチからベイネウ(カザフスタン)、列車でベイネウからアクタウと移動する。

ウルゲンチからベイネウのチケットはタシケントで購入済みだ。

宿で会った人の話によるとヒヴァでも同じチケットを購入できたらしい。


ウルゲンチ駅に行く乗り合いタクシーは、イチャン・カラの北門にいる。
20160710120145ffd.jpeg



10分で客が集まり出発。

値段は5,000スム(80円)だった。

ウルゲンチのバザールで降ろされる。
201607101202029ef.jpeg



せっかくなのでバザールを見て周る。
201607101202034dd.jpeg



バザールで生きた鳥を売っているのは初めて見た。
201607101201592ba.jpeg



2km程離れたウルゲンチ駅に向かう。

ウルゲンチは綺麗な街だ。
2016071012015995f.jpeg



ウルゲンチ駅に到着。
20160710120250d14.jpeg



定刻より1時間遅れて列車が到着。
201607101203003dd.jpeg
2016071012025782a.jpeg



それでも出発時間までは1時間以上ある。

席は2段ベットの下側だった。
20160710120304e69.jpeg
2016071012034553a.jpeg



もらったシーツにウズベキスタン国鉄の表示があるのが妙に嬉しい。
201607101204031ff.jpeg



定刻通りに列車は出発。


同じ部屋は3人家族のウズベキスタン人でロシアまで行くらしい。
2016071012035617c.jpeg



食べ物を色々くれた。
20160710120354a77.jpeg
201607101204003d4.jpeg



お礼に折鶴を折るととても喜んでくれた。


夕方頃、クングラード駅に到着。
201607101204398ae.jpeg



この辺りはカラカルパクスタン共和国を名乗っているらしい。

駅の外から色んなものを売り込んでいた。
20160710120451150.jpeg



魚の干物か燻製のようなものを買ってみる。
20160710120446498.jpeg



5,000スム(80円)だった。


食べてみると相当塩辛い。

濃い味が好きな自分がそう思うので、多くの日本人は食べられないかもしれない。

完食したら非常に喉が渇く。

ペットボトルの水を一気に消費してしまう。


他の部屋から、ちょっとこっちに来いよと呼び出される。

部屋に行くと鶴を折って欲しいとのことだ。

鶴を折っていると他の部屋からからワラワラと人が集まってきた。

日本人が珍しいみたいで暇人たちが10人ほど集まる。
20160710120450c7e.jpeg
20160710120601cb6.jpeg



何故か何人かから電話番号を聞かれる。

アプリで取得したアメリカの番号でも教えておくか。

向こうからも電話番号を教えてくれる。

こいつらは本当に電話するつもりなんだろうか。

対面でも固有名詞とボディランゲージでコミュニケーションをしているのに、どうやって電話で会話するつもりなんだ。


外の景色は相変わらず似たような感じだ。
20160710120555f1e.jpeg



日付が変わって1時にウズベキスタン側の国境の駅、カラカルパクスタン駅に到着。

出国審査は荷物を開けられた程度で特に何も無かった。


翌朝5時20分に起こされる。

カザフスタン側の国境の駅、ベイネウ駅に到着したようだ。

予定では6時20分着だったので、早いじゃないか。

これなら6時50分発のアクタウ(マンギシュラク駅)行き列車に乗れそうだ。

入国審査が進む。

すると5時50分に隣に停車していた列車が出発した。

ここで気づいた。

どうやらカザフスタンの列車は全てアスタナ時間で運行しているようだ。

ベイネウ駅はアティラウ時間なので1時間早い。

つまりベイネウ駅到着は予定通りの時刻で、今出発した列車がアクタウ行きだ。

次のアクタウ行きの列車は4時間後なので、期待した反面がっかりが大きかった。


アティラウ時間6時半に入国審査が終わり、ベイネウ駅に降りる。
20160710120600d6e.jpeg



これで3回目のカザフスタンだ。


アクタウ近くのマンギシュラク駅行きの列車は10時発だ。

とりあえずトイレを探そうと歩いていると、アクタウ?という声が聞こえる。

なんとベイネウ駅前にアクタウ行きのシェアタクシーがいた。
20160710120910bdc.jpeg



値段は5,000テンゲ(1,500円)で、カザフスタン人価格と同じだった。

ベイネウは観光地でないため観光客慣れしておらず、ぼったくろうという考えを思いつかないのだろう。

8時過ぎに3人集まって出発した。


途中で野生?のラクダが道を塞いでた。
201607101209066d1.jpeg



中央アジアの街と街の間の広大な何も無い土地を見るのは今日で最後だ。
20160710120915d7e.jpeg



ウルゲンチからベイネウの夜行列車は出入国審査の時間が絶妙に睡眠を妨害してくれたため、アクタウへの道中はほとんど寝ていた。


15時前にアクタウ市街地に近づくが、途中で市街地と離れた方向に走り出す。

自分の行きたい場所はここだと市街地を示すと、15時過ぎに市街から少し離れたマンギシュラク駅で降ろされた。

列車で来る場合と同じ駅だ。

ここでタクシーを乗り換えろと言われる。

電車だと18時過ぎにマンギシュラク駅に着く予定だったので3時間得した。

乗り合いタクシーを乗り換え市街地に向かった。


スポンサーサイト
昨日の6人組は解散して朝旅立ったようだ。

今日は世界遺産、ヒヴァのイチャン・カラを周る。

ホテルから徒歩1分で西門に到着。
20160709121739d6b.jpeg



イチャン・カラ内部の建物の多くは共通チケットを購入することで入れるようになる。

共通チケットは写真を撮る場合は15ドルし、ウズベキスタンの物価から考えると非常に高い。

15ドル払って共通チケットを購入。
20160709123935015.jpeg



購入して少し歩いてからふと思いついた。

スムで払えば安くなるんじゃないだろうか。

観光地の入場料は闇レートではなく公式レートで計算されるため、サマルカンドでもスム払いの方が安かったのだ。

急いでチケット売り場に戻り、スム払いに変えてもらえないか聞いてみるとOKだった。

思った通りスム払いなら公式レートであえい、45,000スム(750円)とドル払いの半額だった。


イチャン・カラを歩く。

ムハンマド・アミン・ハーン・メドレセは神学校だが、現在ではホテルになっている。
20160709121745137.jpeg



値段が高そうだ。


カリタ・ミノルは建設が途中で終わってしまった塔だ。
201607091217455f8.jpeg



完成したらイチャン・カラで最も大きかったんだろう。


キョフナ・アルクへ。
20160709121750ea6.jpeg
20160709121811282.jpeg



城壁に登るには5,000スムの追加チケットが必要。
20160709121825633.jpeg



見張り台にも登れる。
2016070912181501a.jpeg
20160709121823484.jpeg



セイド・アラウッディーン廟。
20160709121826ed0.jpeg
201607091218572c8.jpeg



ジュマ・モスクとミナレット。
201607091219048ea.jpeg
20160709121901e90.jpeg



木材が多く使われているのが中央アジアでは珍しく感じる。
20160709121911b53.jpeg
20160709121911588.jpeg



謎の入口があったので入ってみる。
20160709121938fdd.jpeg



中は急な階段だ。
201607091219495f1.jpeg



モスクの隣のミナレットへの入口だった。

頂上まで行くのはしんどかった。
201607091219514ae.jpeg



次にパフラディン・マウムド廟。
20160709121946c44.jpeg
20160709121957ea2.jpeg



ここは追加チケット5,000スムが必要。

シャンデリアはものすごい高さの天井から吊られている。
2016070912202460a.jpeg
20160709122039d92.jpeg
201607091220392de.jpeg



イスラーム・ホジャ・マドラサ。
2016070912204072a.jpeg



内部は博物館だ。
201607091220387dd.jpeg



隣のミナレットに登る。

本当は追加で5,000スム必要だったらしいが、誰もおらず無料で入ってしまった。
20160709122119e23.jpeg
201607091221054af.jpeg
20160709122109d32.jpeg
2016070912211680b.jpeg
201607091221185a3.jpeg



クトルグ・ムラド・イナック・マドラサは中に入れなかった。
20160709122148077.jpeg



ムハンマド・アミーン・マドラサ。
201607091222028dc.jpeg
2016070912215380b.jpeg
20160709122159d37.jpeg



似たような建物が多い。


タシュ・ハウリ宮殿へ。
20160709122155509.jpeg
20160709122234546.jpeg



裏口から入ってしまう。
201607091222516c6.jpeg



表口から入る場所には繋がっていなかった。

表口へ。
2016070912224194d.jpeg
20160709122255ca4.jpeg
20160709122408642.jpeg



本来ここから裏口側に行けるはずだが、施錠されていた。
201607091222444e1.jpeg



東門から外に出る。
20160709122422908.jpeg



イチャン・カラの外にあるヌルッラバイ宮殿へ。
201607091224199f8.jpeg



豪華な作りだ。
20160709122424250.jpeg
2016070912241531c.jpeg



北門からイチャン・カラに入り城壁に登ってみる。
20160709122616d43.jpeg



アラクリ・ハーン・マドラサへ。
201607091226308a0.jpeg
20160709122628ac0.jpeg



これで有名どころは全て周った。

共通チケットを見ると16箇所行けるうちの7箇所しか行っていない。

45,000スムもした共通チケットの半分も使わないのはもったいないので、残り9箇所も行ってみることにした。


地図で調べたり受付で聞いたりして共通チケットの場所を周る。
2016070912263282c.jpeg
20160709122621e46.jpeg
20160709122735155.jpeg
20160709122742c6f.jpeg
20160709122746f5a.jpeg
20160709122738084.jpeg
20160709122744935.jpeg
20160709122838e83.jpeg
2016070912284565f.jpeg
2016070912285213d.jpeg
201607091228463f6.jpeg
20160709122852aae.jpeg
2016070912293049c.jpeg
2016070912294420d.jpeg



ほとんどが小さな展示場のような場所だ。

似たような場所が多く、もはやどこがどこなのか分からない。

一気に7箇所消化したので残りは2箇所だ。


残りの内1箇所はイチャン・カラの外にある。

バザールを通る。
20160709122937b96.jpeg
2016070912294859f.jpeg



あまりにも暑いからか尻を出して寝ているおっさんがいた。


イチャン・カラ北東500mにある廟へ。
201607091229451ca.jpeg
201607091230386b8.jpeg



ここは女の子が案内してくれた。
20160709123046b44.jpeg
20160709123051f86.jpeg



写真を見せて欲しいと言うのでiPhoneを渡すと、旅の始まりからの写真を何枚も見ててずっと離してくれない。

女の子は30分以上写真を見ていた。


イチャン・カラに戻り、最後の共通チケットで行ってない場所に。
201607091230498ae.jpeg
20160709123205ecf.jpeg



昔の偉大な写真家に関する展示らしい。

これでコンプリート。

6時間以上歩き周っていたのでフラフラだ。

世界遺産18号、ヒヴァのイチャン・カラ終わり。


帰りに昨日会った日本人カップルに会う。

夕食を一緒に食べる約束をしてホテルに戻る。

ホテルで別の日本人バックパッカーに会ったので夕食に誘う。


イチャン・カラ内部のレストランへ。
20160709123227434.jpeg



4人いるので、プロフ、ラグマン、マントゥイ、スープと色々頼めるのが嬉しい。
20160709123237fb1.jpeg



猫が来たのでパンを分けてあげた。
201607091232231a0.jpeg



食後は夕暮れのイチャン・カラを歩いた。
20160709123223508.jpeg
20160709123306b04.jpeg
20160709123318c9e.jpeg
201607091233114de.jpeg



一週間いたウズベキスタンもこれで最後だ。

観光地としては非常に良い国だったと思う。

明日は寝台列車でカザフスタンのベイネウに向かう。
今日はブハラからヒヴァへ向かう。

ヒヴァへはシェアタクシーで移動するのが一般的らしい。

シェアタクシーはホテルの親父が手配してくれ、20ドルだった。

迎えに来たタクシーに乗り、中心街から北東3kmの場所にあるバスターミナルへ。
20160706105100168.jpeg



ヒヴァ行きの客を待つ。

シェアタクシーは客が4人集まらないと出発しない。

自分を含めて3人集まった段階で、30ドル払えばこの人数で出発すると言ってきたのでその話に乗る。

ヒヴァまでは6時間程度かかるという情報があったため、後部座席に3人座るのは辛い。

エアコンは使わないので人が密集すると非常に暑い。

中央アジアに入ってからエアコンを使う車に乗ったことがない。

10ドルの追加で後部座席を2人で使えるなら安いものだ。

その時に、30ドルをそれぞれの客が払うようなことを言われたが、そんなに払うのは自分だけだろう。


9時過ぎにブハラを出発。

ものすごい悪路で車が飛び跳ねる。
20160706105102215.jpeg



一回目の給油。
20160706105106f41.jpeg



ガスだから正確には給油とは言わないか。

給油中は車から降りないといけないらしい。


途中から急に道が良くなる。
20160706105108d08.jpeg



これなら寝ることもできる。


12時頃昼食へ。
20160706105108152.jpeg



サモサしか売っていない。
20160706105332bff.jpeg



2回目の給油。
201607061051297c4.jpeg



ガスは給油に時間がかかるようで、10分位待ってたと思う。


ヒヴァのイチャン・カラの城壁が見えてきた。
201607061051324dc.jpeg



16時にホテルに到着。
201607061051305e9.jpeg
20160706105131971.jpeg
201607061053335da.jpeg



出発してから7時間かかった。


ホテルには日本人がたくさんいた。

ビールを飲みながら話を聞く。
201607061053340b2.jpeg



キルギスのビシュケクで知り合って、1ヶ月間6人で行動してヒヴァまで来たらしい。

そして明日ここで解散するようだ。

そのうちの一人がこのブログを知っていたのでびっくりした。

なんでも自分と同じルートでカザフスタンのアクタウまで行くらしく、検索していてタシケントで切符を買った時の記事を見つけたらしい。

世界は本当に狭い。


一緒に夕食に行く。
2016070610533559d.jpeg



料理はいつものメニューだが、人数が多いと料理の種類が多くなるのが嬉しい。


帰りに不味いという話を聞いたビールを買う。

一本2,000スム(30円)と安い。
20160706105337536.jpeg



自分はそんなに不味いと思わなかったが、他の人達には不評だった。


明日はヒヴァのイチャン・カラを周る。
今日はブハラの街を周る。

ブハラ歴史地区は世界遺産だ。

歴史的な風格のある街並みは、歩いているだけで楽しい。
2016070512433114e.jpeg
20160705124333cc1.jpeg
20160705124332c28.jpeg



チャハル・ミナールに到着。
2016070512433928c.jpeg
2016070512433883b.jpeg



4本の塔を持つ珍しい建物だ。


中は土産物屋になっているが、2,000スム(30円)で上まで登らせてもらえた。
201607051243598a3.jpeg
20160705124407022.jpeg
20160705124408703.jpeg
201607051244072db.jpeg



また街を歩く。

有名な見所以外にも色々面白い建物がある。
20160705124409481.jpeg
2016070512443533f.jpeg
20160705124438740.jpeg
201607051244409e7.jpeg



カラーン・モスクとカラーン・ミナレットに到着。
20160705124441f17.jpeg



真ん中の塔がカラーン・ミナレット、右がカラーン・モスク、左は現役で使っている学校らしい。


学校なのにこの風格。
201607051244414d6.jpeg



カラーン・ミナレットは登ってみたかった。
2016070512450023b.jpeg



カラーン・モスクに入る。
20160705124503c9f.jpeg
20160705124506684.jpeg
20160705124507a32.jpeg



この夫婦はチャハル・ミナールでも会ったな。
201607051245088be.jpeg



オーランドから来たと言っていたが、聞いたときはどこなのか分からなかった。

よく考えるとアメリカの都市か。


近くのバザールへ。
20160705124536a9d.jpeg



貴金属専門のようだ。


アルク城に到着。

入口の場所を間違えて、ぐるっと一周してしまった。

裏は城壁が崩れている箇所もある。
2016070512454367e.jpeg
20160705124541723.jpeg



入口に到着。
20160705124542ab9.jpeg



入ってみる。
20160705124545626.jpeg
20160705124608501.jpeg
20160705124613e59.jpeg
20160705124616fe0.jpeg
20160705124613c9f.jpeg



解放されている場所は極一部だった。

崩れていた場所の近辺を見たかったが。


イスマーイール・サマニ廟に到着。
20160705124806259.jpeg



中央アジア最古のイスラム建築らしい。

ユネスコマークがあった。
20160705125544eb4.jpeg



壁に細かく模様が彫られているのは他のモスクや廟ではあまり見られない気がする。
20160705124814495.jpeg
20160705124810b5b.jpeg



世界遺産17号ブハラ歴史地区終わり。


帰りに変な鳥を見つける。
20160705124810ca1.jpeg



動物園にしかいないような鳥が街中に普通にいるのがすごい。


夕食に、宿屋の親父に勧められたレストランに行く。
20160705125024501.jpeg
20160705125023eba.jpeg



後で知ったが、地球の歩き方にも載っているような店らしい。

右側のジズという肉の炒め物は、宿屋の親父に勧められたものだ。
20160705124946d3a.jpeg



そして久々にマントゥイも食べる。

シャシュリークを追加。
2016070512502329c.jpeg



当然ビールも進んでしまい、2杯目も飲んだ。


注文しすぎてかなり満腹だ。

値段は合計63,000スム(1,050円)と、中央アジア入ってから初の1,000円越えだ。

高級レストラン+注文した数が多い+酒が買えない街という相乗効果でようやく1,000円を越えた。

昨日の夕食は7,000スム(120円)だったというのに。


ホテルに戻ると、ホテルの親父がビール飲みに行こうと言ってくる。

既にビールを買ってあるからそれを飲みたいと言うと、じゃあそれをホテルで一緒に飲もうということになった。
20160705125044574.jpeg



ウズベキスタンでは乾杯をチン・チンと言うらしい。

チン・チンの日本語の意味を教えたら非常に喜んでいた。

この親父の英語レベルは自分と同程度なので、会話が成立しやすく話が弾む。

ペットボトルビールもすぐに空いてしまったので、追加でもう一本買いに行ってやった。

ビールはこちらのおごりだ。

街も良かったし、ホテルの親父とビールを飲むのも楽しかったので、なかなか良い一日だった。

明日はヒヴァに向かう。

今日は世界遺産の街、ブハラに向かう。

来た時と同じ73番のバスでサマルカンド駅に到着。
2016070318523745a.jpeg



タシケント駅の時とはことなり、荷物チェックはあっさり終わった。

サマルカンド駅の中は豪華な造りだ。
20160703185239225.jpeg



タシケントサマルカンド間とは違い、ローカルな趣のある列車が到着。
20160703185239699.jpeg
201607031852419bc.jpeg
20160703185244d06.jpeg



中央アジアに入ってから、街と街の間は似たような風景だ。
20160703185305bd0.jpeg



予定より1時間遅れてブハラ1駅に到着。
20160703185306394.jpeg
20160703185309f5e.jpeg



駅舎は改修中だ。


ブハラ1駅という名前だが、駅はブハラから15km離れた隣町カガンにある。

マップアプリによるとブハラ街中にブハラ2駅というのがあるが、そこまでは連れて行ってくれない。

まだ建設中だったりするのかもしれない。


ブハラ1駅からブハラまでは268番のマルシュルートカに乗る。
20160703185312646.jpeg
20160703185311dab.jpeg



ホテルから3km離れた場所で降ろされる。

ここまで来たらタクシーは使いたくないし、バスはどれに乗ればいいのか分からないので重い荷物を持って歩いて向かう。


変なオブジェがあった。
201607031853584c5.jpeg



マックシティバーガーは、どこかで見たことのあるロゴだ。
20160703185359997.jpeg



古都っぽい場所に出た。
20160703185400eba.jpeg



予約していたホテルに到着。
20160703185402360.jpeg



ホテルの親父にやっと来たか!と言って迎えられた。

親父は今すぐパーティに行かなければならないらしい。

今日の客は自分一人なので、首を長くして待っていたらしい。

あとは任せたと言って自分に部屋の鍵とホテル自体の鍵を預け、パーティに出かけてしまった。


部屋は綺麗だし、クーラーが効いてて良い感じだ。
20160703185417337.jpeg
20160703185404d17.jpeg



喉が渇いたので、とりあえずビールを買いに行く。

いくつか売店に行くがどこにもビールが売ってない。

声をかけてきた闇両替の爺さんにビールを買いたいと伝えると、近くの売店に連れて行ってくれて、店員に何やら話し始めた。

そうすると奥からビールを出してきた。

ここブハラではビールを売ってはいけないのだろうか。

しかも500ml一本で6,000スム(100円)と、サマルカンドの2倍の値段だった。

もったいないのでコスパの良い1.25lのペットボトルビールを10,000スムで購入。
201607031854174d2.jpeg



とりあえず飲みながら休憩。


夕食を食べにレストランに行くことにする。

レストランを探してホテルを出ると、1分後にはサモサ売りの親父に捕まる。
2016070318541883a.jpeg



ビーフサモサとチーズサモサを合計7,000(120円)スムで購入。

今日の夕食はこれでいいか。
201607031854214b2.jpeg



明日はブハラを周る。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。